|

金融に同性カップル向けサービス続々登場|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

金融に同性カップル向けサービス続々登場

同性カップルを異性の夫婦と同じように認める商品やサービスが広がっています。

 

性的少数者LGBTへの社会や企業の意識が高まっていることが背景にあります。

 

因みに、今、日本ではLGBTの方の割合はどのくらいなのでしょうか。

カミングアウトしていない方の方が多と言われていますから算出するのは難しいかもしれませんが、2015年に調査されたデータでは、日本の人口の7.6%と算出しています。この7.6%という数字を日本の総人口は2018年8月1日現在で、1億2649万人ですので、この率を乗じると961万人という数値になります。この数値を別の指標と比べると、左利きの人の数と血液型がAB型の人の数と同じくらいになります。

これだけの数の方がいらっしゃれば、企業側にとっては、新たな需要が見込めますので、新しい商品やサービス拡充する意図は理解できますね。

 

損害保険ジャパン日本興亜社では、同性のパートナーを配偶者として扱う自動車保険の販売を今年1月から始めたところ、問い合わせが相次いでいると言います。従来の保険商品では、同性のパートナーは「家族」と見なされず、補償の対象に含まれていませんでした。これが、社会的な意識が変わってきたことから、運転者を「本人・配偶者」に限定すると保険料が割引になる商品などで、同性のパートナーも補償の対象に加えたものです。

同性カップルが申し込む場合は、住民票など同居の事実が確認できる公的書類や同姓カップルであるという同意書を提出すればよいとのことです。

同社のコメントとして、他社から保険を切り替えて加入する同性カップルもあり、需要はかなりあると見込んでいると紹介されていました。加えて自治体の動きが影響しており、渋谷区が先鞭をつけて同性カップルに「パートナーシップ証明書」を発行する条例を制定して以来、札幌市や大阪市、福岡市など大都市圏で積極的展開が実施されており、見過ごしできないマーケットになっているのだと思います。

 

金融では、楽天銀行とリクルート住まいカンパニー社が提携し、同性カップル向けに新しい住宅ローンの仕組みを作りました。同社が運営する全国の店舗「スーモカウンター」で共働きの同性カップルが新築マンションを購入する際、渋谷区が発行するような証明書がなくても、2人の収入を合算して住宅ローンを組めるというものです。

 

日本生命などでも、死亡保険金の受取人に同性パートナーを指定できるなど、金融に同性カップル向けサービスは拡大しています。

LGBTの総数は約1000万人で、市場規模は6兆円といわれています。

「家族」の在り方も時代によって変化するもの。「家族」の概念が変われば、特に保険商品そのものも変化せざるを得ないと思います。

 

つまらない偏見は捨てて、企業はもっと商品やサービスの充実に注力すべきだと思いますね。

 

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.