|

保険代理店顧客の会員化|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

保険代理店顧客の会員化

改正保険業法の中で顧客へのコンタクトを保険期間中しっかり取る必要性が生じています。生命保険の場合、契約したらその後一切連絡もしないという代理店も多いと思いますが、それではダメですね。一部代理店では定期的に「機関誌」を作成して送るとかされていますが、コストを考えると出来る代理店は少ないと考えます。

 

だったら、いっそ一歩進んで、より強く顧客管理をするために、保険契約の顧客を「保険代理店の会員」にすることをお勧めしています。保険の申込書とは別に保険代理店独自の入会申込書を作成し、保険周りの色々な勉強会、セミナーのご案内、イベントのご案内、健康情報、金融情報等々を顧客に案内し易くするために会員化する訳です。これだったらメルアドを登録して一斉配信したり、関心のあるアイテムだけを顧客に送ることも可能ですので、コストの負担感も少ないかと思います。

 

でも一体どんな情報提供したら良いのか、顧客に喜んでいただるサービスとは何か分かりませんよね。

 

そのな中、会員化のメリットで参考になりそうな新聞記事が掲載されていましたので、ご紹介しましょう。

①「歩数に応じて靴を寄付」
マニュライフ生命保険はスマホ向けウォーキングアプリ「マニュライフウォーク」の提供を始めました。男性は13万歩、女性は12万歩歩くと、利用者の代わりにマニュライフ生命がカンボジアの子ども達に靴を送るという企画です。Dr.ウエノだと10日間あれば達成できる歩数ですが、なかなか面白いですね。

位置情報機能を使えばコースの道のりや距離を記録出来、東京駅周辺の歴史的建造物を巡るコースなど、お勧めのコースも用意されています。

 

②「歩けばボーナス2万円」

半導体大手のマイクロンメモリジャパンは約4000人の全従業員に歩数計を支給して歩いた距離に応じて家電や金券を支給する健康支援プログラムを始めました。

社員の運動を促し健康を維持して貰うのが狙い。1日あたり1万歩ほど歩くと年間の支給上限にあたる200ドル分のポイントが溜まり、ポイントは家電の他、旅行券やギフト券といった金券に交換できます。

国内だけでなく、親会社の米マイクロン・テクノロジーグループ全体で世界に3万人以上いる社員が参加する予定で、国やチームごとに期間を区切って競うことも出来るそうです。

如何ですか。これって保険代理店の会員化に使えると思いませんか。

アプリを作ったりしなくても「毎月一回は保険代理店においで下さい」で良いと思います。スマホにアプリが入ってますので、これを活用して何歩歩いたかをチェックできますよね。

 

1日1万歩歩くというアイテムを気軽に「楽しんで実行」してもらうことで、健康増進に繋がり、保険代理店とのシナジー効果は高いと考えます。

 

アイデア一つで保険代理店が顧客を自らの会員にしていくことも可能です。

色々とトライして行きましょうー!!

 

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.