|

近未来のマーケティング「スモールマス市場」|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

近未来のマーケティング「スモールマス市場」

「スモールマス市場」をご存知でしょうか。

マスではないものの一定の規模の市場が見込める消費者の層や集団に対し、SNSの普及やビックデータ解析の技術進展で、消費者の年齢層や性別、所得水準などによって多岐にわたる好みや嗜好に合わせた商品を提供できるマーケットになります。

 

背景には「生活者行動の変化」があると言われています。

マス・マーケティングでは比較的、良い機能を持った商品が提唱する価値といったものに生活者の方が自分を当てはめていましたが、今ではスマホやSNSの普及より、簡単に情報を得たり、「誰でもが発信者になる」ことができるようになり、自分のスタイルに合わせたものを自ら選び、更に自分の情報として発信することが出来る時代に変化しました。つまり「この商品は自分と親和性が高いから当てはめて使う」時代から「自分はこうだから、この商品を使う」という変化が起きたのです。

 

本当に良い商品と思ってもらうためには、本当に必要な人に向けて発信していく必要があります。

そのため、ターゲットをしっかり絞る(=スモール化する)必要があります。本当に良いと考える層がある程度獲得できた時には、その方々がしっかりと商品の魅力を発信してくれる発信者となり、ボリューム化(マス化)していく施策の検討をつなげることができますので、スモールマスの考え方はデジタルやSNSとの相性が良く活用できると考えます。

 

もう一つの背景には「ブランドや市場の成熟化」と言われています。

ある一定のレベルを超えて市場が成熟すると、どの商品もある程度の質は担保され機能も充実していきます。こうした市場の中では、画一的な機能訴求力ではなく、より「この商品はあなた向きです」と発信していくことが重要です。

 

保険もまた「スモールマス」に焦点を当てる必要があります。昨今は保険会社が少額短期保険業者を有するケースも顕著で、スモールマス市場を探そうとする意図を感じています。

スモールマスを構築するには来店型保険ショップが適していると思います。実際に来店される不特定多数のお客様と接することで、消費者動向を把握することが出来るからです。とは言え、保険ショップにわざわざ来店する客層は限られます。そこで、誰でもが来る場所として今、調剤薬局内への保険代理店「サテライトショップ」に注目が集まっています。調剤薬局は毎月必ず行かなければならないという方が圧倒的にいらっしゃいます。しかも、殿業界も接したいと考えている「一番お金を持っていて数も一番多いシニア層」と会うことが出来る唯一無二の場所だと思います。こうしたシニアと色々な話をすることで、シニア独特のマーケットを把握し、保険商品開発や全く新しい保険募集スキームを構築できる可能性があると考えています。

 

調剤薬局はこの考え方に同感いただけるところが多く、最近は「調剤薬局が保険代理店事業をやりたい」とのお話を良く聴くようになりました。調剤薬局が保険代理店事業展開すれば一挙に巨大保険募集チャネルとして台頭する可能性があるとも思います。

 

スモールマスを構築するのにコンビニよりも店舗数が多い調剤薬局が動けば、半径5km圏内という超スモールマス商圏を押さえられると思いますね。

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (469)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.