|

日本には創業100年を超す企業が33000社以上もあることをご存知ですか |ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

日本には創業100年を超す企業が33000社以上もあることをご存知ですか 

今や人生100年時代。長くなったとは言え人間は生き続けることには限界があります。

一方、企業は経営を間違いなければ、何十年、何百年でも生き続ける、つまり存続させることが来ます。

 

日本ではこうした何百年も生き続けている企業が多くあることをご存知ですか。
東京商工リサーチが2016年12月に発表した「全国老舗企業調査」によると創業100年以上の老舗企業は全国で何と33,069社もあるそうです。業種別では「清酒製造業」が最多だそうです。確かに全国各地に地元の造り酒屋がありますよね。造り酒屋では損保代理店をされているところも多く、昔損保会社勤務の際に損保代理店として100年という企業を担当させていただき古い看板等を拝見したこともあります。また、従業員の数で見ると、33,069社の三分の一は従業員4名以下の中小零細企業となっています。

 

では世界ではどうかとなると世界の創業200年の長寿企業を調査した結果、日本が全体の43%を占め、次いでドイツの22%、フランスの5%と続くそうです。

 

日本に長寿企業が多い要因として次の3つが言われています。

一つは「先義後利」。

目先の利益追求でなく、まずはお客様、地域、社会を考える経営者を増やすことこそが企業と地域の繁栄をもたらすという考え方です。大丸の家訓としても有名ですよね。

 

二つ目は「不易流行」。

変化を続けることこそが変わらない不変の真理だという意味です。

危機に遭遇しては形体を変え、今も生き続けている企業は数多くあると思います。ママや子ども達や若い女性に圧倒的にファンの多い「マスティングテープ」は元々「ハエ取りテープ」の企業が作ったもので形体を変えた企業の一つと言えると思います。

 

三つ目は「人材育成」。

長寿企業は後継者育成と社員教育が常に両輪となって進められています。

戦国時代の武田信玄は「人は石垣、人は堀」と言っているように全て人が基本・基軸であり、存続できるかどうかは人の成長にかかっていると言えると思います。

 

どれも保険代理店にとって必要な事ばかりですよね。

地域に支えていただいている保険代理店にとって地域社会への貢献は必須となります。我々も知的障がい者の支援、シングルマザーの積極的雇用促進、高齢者見守り支援、児童虐待ネットワーク等々といった活動に取組んでいますが、地域社会に恩返し出来ることを常に念頭において取り組みをしています。

 

また、保険ショップは「サービス業であるという考え方」から、日々少しずつでも変化し続けることで10年以上存続出来ていますし、今では商業施設から調剤薬局に出店先を変化させています。

 

人の教育も外部講師を使った研修を積極的に取り入れて、常に最新情報、仕組み、仕掛けを学び、色々な取り組みを人にさせることで人を育てることをしていると思います。

 

保険代理店も創業200年とかという所が出るよう、もう一度、上記3つの要因を検証されては如何でしょうか。

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.