|

久しぶりに日本経済新聞に保険ショップの記事が出ましたね。|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

久しぶりに日本経済新聞に保険ショップの記事が出ましたね。

久しぶりに5月16日の日本経済新聞朝刊に保険ショップの記事が掲載されましたね。5月29日の改正保険業法施行を直前に一石を投じる目的でしょうか。

 

内容は以下の通り。(日本経済新聞の記事を転載)

『ショッピングセンターや商店街で見かけることが増えた保険ショップ。今では保険契約の約10%を占める。ただ手数料が高い保険を薦めるとの批判も目立ち、金融庁は29日に規制を強めた改正保険業法を施行する。保険ショップが営業職員と並ぶ保険販売の担い手に育つには顧客の信用を得る努力が欠かせない。

保険販売は職場などをこまめに回る保険会社の営業職員が担ってきた。だが最近は保安面から職場への立ち入り制限が厳しくなったうえ、共働き世帯の増加で自宅訪問もままならない。

代わりに台頭したのが保険ショップだ。複数の保険商品を扱う乗り合い代理店で、各社の商品を比較したい需要を捉えて店舗数を急拡大。現在は全国に2000店以上あるとみられる。顧客の半数は20~30代だ。

保険ショップは保険会社から受け取る販売手数料が収益源。例えば医療保険の場合、保険料の払込期間や契約者の年齢で初年度が30~60%程度、翌年度以降は10%弱の基本手数料を得られる。解約が少ないと受け取れる手数料もあり、保険会社は手数料で自社商品の販売を奨励してきた。

今回、金融庁が規制強化に乗り出す背景には、手数料への顧客の不信感がある。中立を装いながらも高い手数料を得ようと、顧客の意向を軽視した販売が広がっているのではないかとの疑念だ。実際、関係者からは「販売額が目標を上回ると、手数料も跳ね上がる」といった声が漏れる。

保険会社にとっても保険ショップの信用が落ちれば、保険自体への不信感を招きかねない。特に長期の顧客になる若年層の取り込みで苦戦する生命保険会社にとって保険ショップは無視できない存在で、直接囲い込みに動き出している。

住友保険は全国で約70店の「ほけん百花」を展開する。2006年にいち早く三井住友銀行などと共同出資会社を設立し、09年に完全子会社化した。日本生命保険は15年に中堅のライフサロンを買収。第一生命保険も14年に保険ショップ向けの商品開発を担う子会社を立ち上げた。

若年人口の減少が進むなかで、保険ショップを保険販売の新たな担い手として取り込みたい保険会社。法改正を機に、保険ショップが消費者に受け入れられる存在になれるかは、保険業界の先行きを占う大きな課題にもなる。

 

これまで法整備化になかった保険代理店事業が漸く法の整備下に置かれることで、ドコモや地銀等が積極的に保険代理店事業に進出し始めています。良いことではありますが、このままだと大手企業に保険代理店事業は飲みつくされてしまいます。

 

まずは襟を正して改正保険業法に真摯に取り組み、地域の代理店であれば地域住民や地域に何が出来るかをしっかり考え、地域に貢献できるような保険代理店・保険ショップに変化させていく必要があると思います。

また確実に代理店手数料は今後下がっていきます。3割程度の減収を予想した代理店運営を考えて行きましょう。落ちた3割分を保険料以外の収益で上げれていくことを真剣に考えて行く時です。

 

まさに保険代理店が生き残るか否かの正念場がやって来ます。

本当に分かっていますか??

 

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.