|

シニア市場を考えた店舗作り|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

シニア市場を考えた店舗作り

 

65歳以上の高齢者が人口の4分の1に迫ってきました。

こりまで、20~30代を対象として店舗作りをしていた保険ショップも変態の時を迎えようとしています。

 

では、何に気をつけるか??

そのためには「団塊シニア層」を研究することから始める必要があると思います。

まず、「団塊シニア層」には、「まだまだ自分は元気と自負」している方が多い!

とは言え、40代、50代と比べ「確実に体力・気力は衰えている」。

でも「年寄り扱いはされたくない」。。。 こんな感じでしょうか?

従って、店舗作りはシニアを完全に意識した作りにするのではなく、原形のものに一寸だけスパイスを利かせるという感じで良いかと考えます。

 

まずは、『目の衰えへの対応』!

パンフレットやPOPは「ハッキリ」と「黒々」として「大きな」字で表記することが必要です。蛍光色はまぶしいと感じるので使わない方が良いですね。さらに、シニアは若い人よりも身長が低い場合が多いので、POPは目の高さより下になるよう低めの位置に展開した方が見やすくなると考えます。

また、店舗で「老眼鏡」を置いてある所も見かけますが、無料で使えるサービスは良いと思います。

新聞チラシも「シニア層は必ず新聞を購読しているので効果的」ですので、「折込チラシ」は大きめの字で印象を深く与えるものにしていく必要があると考えます。

 

続いて、『脚力の衰えへの対応』です!

従って、ブース以外にも入口付近に「ソファー」を設置しましょう。商業施設でも商店街でも意外と腰かけて休む場所がありません。保険ショップ入口は一寸疲れた際に休憩できる「ソファー」を置くことで集客に繋がります。

この休憩時間は商品を効果的に伝える機会でもあります。休憩中のお客様に了解を得た上で、アンケート方式で保険商品の説明をするとか、相続や介護、信託、資産運用のDVDを見て貰うとかすれば今後の集客に繋がると考えます。シニア層に保険のフルコンサルは必要がないと考えますし休憩時間を使っての話しとなると無理ですので、ここは商品説明をすべきだと考えます。

 

そして『聴力の衰えへの対応』も必要です。

スタッフは、お客様ときちんと向き合って明瞭な発音で分かりやすく対応することを心がけなくてはなりませんね。

また、話すだけでなく、分かりやすい目で見える資料もあれば効果的だと考えます。

併せて、BGMの選択も考えるべきだと思います。

「一寸懐かしいグループサウンズ」や「ジャズ」とか「耳を傾けたくなるBGM」を適当なボリュームで流すと「聴こう」という姿勢に繋がり、スタッフの言っていることも耳に入り易いと考えます。

 

如何ですか?

今の保険ショップを少しだけ「手を加えれば出来ることばかり」ですよね。

シニア市場を意識した保険ショップ作りを今日から取り組んでみませんか?

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.