|

ハイブリット型の保険募集|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

ハイブリット型の保険募集

 

ハイブリット型の保険募集を目指すと言う話を色々な代理店で耳にする機会が増えてきました。

要するに一つの力でなく複数の力を活用してエンジンを動かして行こうと言うもの。複数の力があればある程、エンジンは継続的なパワーを発揮出来ますよね。

 

保険募集におけるハイブリッド型というのは、人がモノを購入する導線それぞれに保険ニーズ喚起をして、保険に加入したいと言うお客様の掘り起こしをしようというものです。

 

それでは、人がモノを購入する切っ掛けとして何があるかを考えていってみましょう。

一つ目は、「ポスティングや新聞折込されたチラシ」だと思います。宅配ピザや宅配寿司はチラシから注文していますよね。保険の10年前にはポスティングが主流でしたが、現在は反応が悪くポスティングチラシだけでは収益に結びつかなくなったため、実際に行っているのは店舗を持った保険ショップだけだと思います。保険ショップスタッフ自らがチラシをポスティングしているんですよ。一ショップ毎月2000枚とか毎月のポスティング予算を持って取り組み、チラシを見て保険ショップに来店されるという導線を作っています。

 

二つ目は、「電話がかかってくる」でしょうか。

カタログ通販でモノを購入すると電話がかかってきて保険に関心ないかと電話がかかってきます。カタログ通販でモノを購入される方には例えば足が悪くて出かけることも出来ない高齢者の方もいらっしゃると思います。また夫婦共働きで時間が無いと言う方もいらっしゃると思います。こうした方々が保険に加入したいと思っても導線がありませんよね。こうした際に電話がかかってきて保険の資料が送られてくると利便性がありますよね。

 

三つ目は、「テレビで観た」でしょうか。

保険会社各社のテレビCMを観た、保険代理店のテレビCMを観て、保険を考えると言う導線は当然ありますよね。テレビCMを放映できるだけの資力がある保険代理店だとアピールしている訳ですから、安心感がありますよね。

テレビCMを観たということで毎月1万人以上の方が保険相談予約をされているという現実がありますから、保険を相談したいと言うお客様は周りに沢山いらっしゃる訳ですね。

 

四つめは、WEBからの検索でしょうか。

モノを買う時、今では必ずWEB検索して内容をチェックして、その後リアルなショップでモノを買うという導線は完全に定着し、保険も同様の導線となっています。

保険、医療保険、女性保険、シニア保険等々のワードを打ち込むと沢山の資料が簡単に入手できますよね。ライフネット生命社は、そのままWEBで保険加入出来るというテレビCMを流して、WEBに導いています。

 

これらは、お客様がモノを購入するという導線に沿って「ハイブリッド」で保険募集している形です。

当然ですが、商店街や商業施設に行ったら、たまたま保険ショップがあったのでふらっと入ったという導線もあります。

その意味では、保険ショップはハイブリッド型保険募集のガソリンとして不可欠だと思います。

 

保険ショップは今やあらゆる業種・業態の企業が進出をしようとしています。

その前に、保険ショップを作って地盤を押さえることが保険代理店には求められていると思います。

今年は動く年です!!

まずは動きだしてみましょうーー!!

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.