|

麻薬は危険? (2/2)|診査と査定の現場から|牧野 安博

診査と査定の現場から|牧野 安博

診査と査定の現場から

Check

麻薬は危険?

米国カリフォルニア大学のNuclolsらがこの事項について詳しく検討しています。結果の一部を以下に示します。

オピオイドを投与される患者数とその処方回数は顕著に増加していますが、その理由は、がん以外の慢性疼痛をオピオイド系薬剤で治療することが、「通常は禁忌から標準的治療法」へと変化してきたからです。

一般にオピオイドの投与は、不正ドラッグよりも乱用に耐え得ると考えらえています。オピオイドの投与に関連する米国内の年間死亡者数は、1999年の4,000件から2006年には14,000件へと急増し、この数は今も増え続けています。

死亡に至った過剰服用事例の半数で、催眠鎮静剤(特にベンゾジアゼピン)も投与されていました。2種類のガイドライン評価基準 により、いくつかのオピオイド投与のガイドラインを見直してみると、13件のうち10件が「悪いから普通」の評価結果となりました。

ノルウェーのデータベース調査によると、これらの薬剤を投与された患者のうち17%が長期使用者でした。「長期」とは、少なくとも5年以上継続して使用している場合に相当します。またこの患者の34%では、1~5年の間に用量が倍増しました。

 「問題のある」使用(すなわち、乱用)の予測指標は、使用開始時に60歳未満であり、1年ほど少量のオピオイド投与を受けた後、より強い薬効へと「増強」されていることです。

16歳以上のデンマーク人13,281名を対象に行われた調査では、がんのない状態での長期オピオイド使用の指標に注目しました。

確認された指標は以下のとおりです。
・ 本数には関わらず、日常的な喫煙
・ 離婚者または未亡人
・ 過去1年以内に大麻を愛用
・ 禁酒/断酒中
・ 長期的にベンゾジアゼピンを使用
・ 長期的に他の催眠鎮静剤を使用
さらに、2つ以上の依存行動があり、ここでは禁酒ではなく大酒が含まれている場合、長期的オピオイド使用の可能性が大幅に拡大しました。

11,719人の肥満症治療手術患者のグループでは、77%が手術前から慢性的にオピオイドを使用しており、術後も大量のオピオイド摂取を継続し、その量は術後に増えていました。

オピオイド慢性使用者には、顕著な特徴があります。
・ 喫煙者の割合が有意に高いこと。
・ 鬱病や不安神経症の有病率が高く、薬物使用障害の既往があること。
・ 抗鬱薬、抗痙攣剤、筋弛緩剤および精神安定剤を使用している可能性が高いこと。
ただし、術後1年の平均BMIには大差が見られませんでした。

Jenaらが、120万人のメディケア患者を対象としたデータを分析しました。その結果、同じ患者にオピオイドを処方した医師の数と、オピオイドに関連する理由で入院する可能性とに有意な相関関係が見られました。

1年間に4人の異なる医師からオピオイドを処方された患者は、それが原因で入院する可能性が3.2倍にもなりました。歯科手技などのごく短期間の使用に限っては唯一の例外と考えられます。
 

これらの結果に基づき、罹患率および死亡率に影響を及ぼす長期的オピオイド使用事案は新契約引受査定を慎重に検討する必要があります。つまり慢性疼痛に関連する疾患患者では、オピオイドを使用しているかもしれません。

 

査定医 “ドクター牧野” がんの話 査定医 “ドクター牧野” がんの話
価格:¥ 1,260(税込)
発売日:2013-04-08
1 2
関連キーワード:
生命保険  
医療保険  
access
とれまがマネー
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (457)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2024 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.