|

第41回結心会定例会を開催しました|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

第41回結心会定例会を開催しました

2月5日~6日の二日間にわたって、第41回結心会定例会を開催しました。

 

初日のスタートは今回、開催場所をご提供いただいたFWD富士生命保険株式会社 代表取締役社長兼CEO 友野紀夫 氏によるご挨拶をいただき、結心会と提携した取組案を提案いただきました。保険会社と保険代理店団体で提携し共同戦線を張ることは過去も複数の保険会社と実証実験をしてきましたが、今回の提携はFWD富士生命代理店会を一緒に運営するという提案で、保険業界に一石を投じるものになると考えています。これから詳細を詰めていきますが、楽しみにしておいていただければと思います。

 

続いて、『教育格差を終わらせる』というテーマで特定非営利法人 Learning for All 李 代表理事から講演をいただきました。日本の貧困層は6人に1人が実態であり、貧困層の子ども達に教育の場を提供しているNPO法人を支援できないかと提案させていただきました。保険代理店の事務所をお借りして地元大学生ボランティアと一緒に地域の子ども達を集めて無料学習塾を開いたり、子ども食堂を開いたりと協力できることは多岐にわたりあると考えています。とにかく、やってみることが大切です。場を提供しても良いという全国各地の保険代理店の方がいらっしゃいましたら結心会まで一報ください。

 

更に、『貧困者を救うマイクロファイナンス グラミン日本の現状と今後の展開について』というテーマで、一般社団法人グラミン日本 百野理事にお話いただきました。グラミン日本さんは既に結心会で菅理事長に講演いただきましたが、今回は実務的な展開に入るため百野理事にお越しいただきました。貧困層の半分を占めると言われる「シングルマザー」の保険代理店への就労支援を具体的に進めたいと考えています。

 

そして、結心会として取組んでいる「健康経営」に関するものとして、大日本印刷株式会社から『健康経営についての市場調査報告と健康経営の攻め方について』、株式会社LAW務総研から『産業医紹介サービスについて』、一般社団法人日本免疫研究会より『健康経営資格について』お話いただきました。

 

そして、もう「一石を投じる」目的で『モーターチャネルとの提携について』というテーマで株式会社アマギ 代表取締役 小川一弘 氏に講演いただきました。損害保険代理店の51%を占めるのは「モーターチャネル」ということをご存知でしょうか。ここに莫大な個人情報が眠っています。モーターチャネルも自動車業界の展望が見えない中、今後の経営を模索されています。そこで、モーターチャネルと生保代理店が提携し、個人情報に厚みを増すという展開を共同戦線で展開しようという企画です。これが実現できれば、相互に顧客紹介でき、「相互共生」出来ると考えています。

 

そして、最後に『ユニコーン企業への投資について』というテーマでHiJoJo Partners 株式会社 Founder/代表取締役 スピリドン・メンザス 氏に講演いただきました。日本での資産形成の最大のネックは「円で保有すること」です。であれば米ドルを持つことは必然ですが、これを米ユニコーン企業に出資できるというスキームを提案いただきました。顧客満足度の上がる提案をいただきました。

 

二日目は、株式会社おいしたく『マンダラエンディングノート活用』、株式会社ジュエリーアセットマネジャーズ 『ジュエリー終活』、株式会社FP-MYS 『相続・贈与プラットフォーム レタプラ』、一般社団法人シニアライフサポート協会『リアル店舗で相続相談』、株式会社アールイー経営 『事業承継の可視化ノウハウセミナー』についてお話いただきました。

二日目は「終活・相続・事業承継」絡みで半日じっくり勉強しました。

 

次回結心会定例会は4月下旬を予定しています。

4月は「今の金融最新情報」というテーマで開催予定です。

お楽しみに!

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.