|

金融庁保険審議会ワーキング・グループからの報告書案について1|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

金融庁保険審議会ワーキング・グループからの報告書案について1

15回と回を重ねて検討が繰り広げられました金融庁保険審議会ワーキング・グループですが「報告書案」が出ましたね。

 

一度、整理してみましょうね。

保険代理店に直接降りかかる内容としては、大きく分けると次の3点となります。

Ⅰ.「保険募集の基本ルール」の創設

Ⅱ.「保険募集人を保険会社と並ぶ募集ルール遵守主体」として位置づけ

Ⅲ.「募集規定の適用範囲の明確化」

 

まずは、Ⅰ「保険募集の基本ルール」を詳しく見て行きましょう。

  1. 保険募集における募集人の「顧客意向把握義務」の導入
    • 募集人は顧客の意向把握に基づき商品の提案・説明を行うべきであるとする『一般的義務規定の導入(保険業法に規定)』
    • 意向把握の具体的手法は商品・募集の形態に応じた保険会社・募集人の創意・工夫に一任
    • 全募集形態を通じて満たすべき水準
      1. 個別プラン説明前の顧客意向把握の場合

アンケート利用法などで対応

  1. 個別プラン提案前の顧客意向推定とその説明の場合

設計書等への記載などで対応

 

  1. 保険募集に際しての情報提供義務規定の導入
    • 募集に際しての商品情報等の提供義務を保険業法に規定
    • 情報提供の際の標準的手法としての契約概要・注意喚起情報の位置付け

 

  1. 募集プロセス全体における募集文書の簡素化
    • 募集文書(契約概要・注意喚起情報)の簡素化・平明化(文字数の3~5割削減)
    • 協会作成自主ガイドラインを踏まえた保険会社ごとの実施
    • 現在の意向確認書面と申込書の一体化

 

というものが骨子ですが、分かりますか?

 

簡単にまとめると、「乗合保険代理店は自社に都合がイイ、要するに手数料のイイ商品ばかりを提案している」というご批判を受けて、「お客様のお話しを良くお聴きして」「お客様のご意向を把握して」「お客様にはこの保険商品が最適だと思って提案する」という流れの根拠を明確にして、これをきちんとペーパー等を持ってご案内することを今後は「募集人の義務」とされ、そのやり方については「募集代理店に一任する」という結論になった訳です。

注意喚起のご案内文書等も文書だらけで分かり辛いので現在の3~5割の文字数を削減するという具体的指示も入っていますね。

 

要するに、保険会社に頼るのではなく『保険代理店が自主的に考えて対応しなさい』と下駄を投げられた訳です。

投げられた以上、則行動しないと、保険業法が変わりますので、「義務」を果たせない代理店は不必要と切り捨てられてしまいますね。

 

まあ当たり前のことですが、対応できる代理店は現在の何割あるでしょうかね。

このコラムを読んで分からないと言う保険代理店の皆さんが今直ぐやることは「M&A」で買い取ってくれる保険代理店を探すことだと思います。

「M&A」はお客様を守る為には必要な手法です!

真剣に考えてみる時代となりましたね。

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.