|

逓増定期保険の名義変更(契約者変更)プランについて〜その1〜|企業保険ワンポイントアドバイス|奥田雅也

企業保険ワンポイントアドバイス|奥田雅也

企業保険ワンポイントアドバイス

Check

逓増定期保険の名義変更(契約者変更)プランについて〜その1〜

そもそも名義変更プラン(以下、MHP)とは何か?という事から解説を行います。

生命保険契約の契約者を変更する形態として考えられるのは、
「個人→個人」
「個人→法人」
「法人→個人」
「法人→法人」
という4つのパターンです。

 最近、特に注目をされているMHPは「法人→個人」の形態であります。

他の形態についても注目すべき点は数多くありますが、今回は割愛をさせて頂きます。

法人契約の生命保険を個人へ名義変更をするメリットは以下の通りです。


■ 法人で支払う保険料を損金計上する事が出来る
→法人で支払う保険料のうち、保険種類や契約形態・保険期間によって損金計上のルールは詳細に定められています。これに則った形で契約をすれば支払保険料は損金計上する事が出来ます。個人で契約した場合には生命保険料控除の枠内でしか所得から控除が出来ません。

■ 名義変更後、個人が保険料を負担する場合には、契約した当時の保険料のまま契約が継続するために保険料が上がらない
→個人で保障が必要な場合、その時点で新契約を締結するとその時点の年齢で保険料は計算されますが、以前に法人で契約していたものであれば、保険料は当時の年齢のまま個人で掛ける事が出来ます。

■ 法人で契約した後、被保険者が罹患し、新たに保険契約が出来ない場合などは、名義変更時は診査を行わないので個人へ保障を移転する事が出来る
→個人で保障が必要になっても、病気を発症した後であれば保険加入が出来ないケースがあり得ます。この場合、個人に保障が必要であれば法人契約の契約者を変更すれば個人で保障を確保する事が出来ます。

■ 名義変更時における保険契約の評価は、解約返戻金相当額で行うので、資産計上されている契約については名義変更に伴う損失が計上出来る。
→そもそも名義変更時における保険契約の評価を、解約返戻金相当額で行うのが一般的なので、その場合には資産計上額より解約返戻金が少ない場合においては、名義変更に伴う雑損失が計上出来ます。ただし名義変更時の評価を資産計上額(簿価額)で行う考え方もあります。※詳細は割愛します。

■ 法人で保険金を受取った場合、益金計上をするケースでも個人で受取った場合には非課税となるケースがある。
【所得税施行令30条1項(非課税とされる保険金、損害賠償金等)】
損害保険契約(省略)に基づく保険金、生命保険契約(省略)又は旧簡易生命保険契約(省略)に基づく給付金及び損害保険契約又は生命保険契約に類する共済に係る契約に基づく共済金で、身体の傷害に基因して支払を受けるもの並びに心身に加えられた損害につき支払を受ける慰謝料その他の損害賠償金(その損害に基因して勤務又は業務に従事することができなかつたことによる給与又は収益の補償として受けるものを含む。)

【所得税基本通達9-21】
疾病により重度障害の状態になったことなどにより、生命保険契約又は損害保険契約に基づき支払を受けるいわゆる高度障害保険金、高度障害給付金、入院費給付金等(一時金として受け取るもののほか、年金として受け取るものを含む。)は、令第30条第1号に掲げる「身体の傷害に基因して支払を受けるもの」に該当するものとする。
→ただしこの場合、法人で支払った保険料相当額が給与として課税対象とみなされるケースもありますので十分注意が必要です。

■ 解約返戻金が低い時に低評価で法人から個人へ名義変更し、個人で保険契約を継続すれば保障を確保する事が出来る。
→終身保険や終身医療保険などを短期払にて法人で契約し、保険料払込が満了した時点で個人へ名義変更すれば、個人は低負担で一生涯の保障を確保する事が可能になります。

■ 解約返戻金が低い時に低評価で法人から個人へ名義変更し、個人で保険料を支払って高額な解約返戻金を受取る事で資産移転が出来る。
→これがいわゆるMHPの主目的です。逓増定期保険などで一定期間解約返戻金が抑制されているタイプを活用し、解約返戻金が少ない時点で法人から個人へ名義変更し、その後個人で保険料支払を行い、解約返戻率がピークに達した時点で解約すれば、個人は多額な解約返戻金を受取る事が出来ます。
※ 個人受取時の一時所得課税については平成23年の税制改正でルール化されました。

この最後のケースである「逓増定期保険の名義変更(契約者変更)プラン」について次回から詳細に検討して参ります。


逓増定期保険の名義変更プランを正しく学びたい方は
利益繰延でなく課税されないヒミツの生命保険活用法~最終章~

をチェックしてみて下さい。



週刊 保険情報にて毎月一回、「法人保険営業のケーススタディー」というテーマで連載をしております。法人保険営業のスキルアップを目指したい方は、是非ともご確認下さい。

関連キーワード:
生命保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.