|

企業における地震リスク対策|企業保険ワンポイントアドバイス|奥田雅也

企業保険ワンポイントアドバイス|奥田雅也

企業保険ワンポイントアドバイス

Check

企業における地震リスク対策

東日本大震災より1年が経過しました。震災で犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。


2011年3月11日は東京で勤務しており、地震の揺れとその後の余震・そして福島第一原発の事故と非常に緊張した日々を送っていた事を今でも鮮明に思い出します。


今もなお、東北・関東では余震が続き、被災地では厳しい状況が続いています。復興についての問題点などはいろいろと報道されていますが、進まない現状に文句を言うのではなくまずは私自身が出来る事を確実に行う事で微力ながら復興のお役に立てればと思います。


さて、震災について保険が果たした役割は非常に大きな効果があったと思います。


震災後、地震リスクに関する保険の引受は各保険会社ともに非常にネガティブになりましたが、それでも企業経営において保険によるリスクヘッジは非常に効果的な手法の1つだと思います。


そこで今回は、企業分野における地震リスクを補償する主な保険商品をご紹介します。


■地震拡張担保特約

個人住宅や併用住宅の地震保険は火災保険の特約として付帯しますが、企業分野における地震補償も同じく火災保険の特約として付帯します。

住宅分野の地震保険は、国民の財産を守るという観点から政府が再保険を引き受けている為に希望すればどんな物件でも加入する事が出来ます。ただ構造等により保険料率の違いがありますが、火災保険金額の30%から50%までの間で保険を掛ける事が出来ます。

これに対して企業分野の地震拡張担保特約は、各損害保険会社の独自判断により引受を行うため、各社判断により引受をするか否かを決める事が出来ます。

東日本大震災以降、タイの洪水等により保険会社各社の支払がかなり増えてしまった為に、保険会社によっては企業分野の地震保険の新規引受を一切行わない会社もあります。

あとは補償内容も各社独自で決める為に、保険金額に対する割合や事故発生時の免責金額など、各社条件が違います。もちろん保険料も大幅に違ってきますので、実際に検討される際は、少しでも多くの保険会社から情報を集めた方が良いです。


■天災危険担保特約

企業が従業員に対して、政府労災以外に就業中のケガに対する補償を傷害保険などで付けているケースがあります。

この天災危険担保特約は、傷害保険に付帯する特約です。傷害保険は、地震・津波・噴火によるケガは補償されませんが、この特約を付帯していると補償されます。

実際に東日本大震災は3月11日金曜日の14時46分という時間帯で、多くの人は就業中でありました。

実際に地震はいつ発生するか分かりませんから、保険料は割高にはなりますが、万が一の際の補償という観点から見ても労災上乗せ補償について天災危険担保特約は付帯しておいた方が良いのかもしれません。


■地震デリバティブ

保険商品ではありませんが、地震に対するリスクヘッジとしては有効な金融商品の1つになります。

地震デリバティブは、あらかじめ観測地点と対象震度を設定しておきます。設定した観測地点の震度が対象震度以上になった場合に、損害の有無に関わらず自動的に補償金が支払われます。

自動的に支払われる為に、損害調査が不要となり素早く補償金が支払われるという特徴があります。ただ通常の保険商品でない為に、補償料(オプション料)は契約満了時に初めて全額が損金として計上する事が出来ます。
※詳細な経理処理は税理士・公認会計士等にご確認下さい



まだまだ地震に関する補償商品はあります。面白い商品としては、地震発生時に利益を補償する保険商品などもあります。


自社の地震リスクに対してどのような商品が効果的なのかを、震災から1年が過ぎた今、改めて見直してみてはいかがでしょうか?
 

関連キーワード:
損害保険  
火災保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.