|

逆養老の税務に関する最高裁判決について|企業保険ワンポイントアドバイス|奥田雅也

企業保険ワンポイントアドバイス|奥田雅也

企業保険ワンポイントアドバイス

Check

逆養老の税務に関する最高裁判決について

1月13日と1月16日に養老保険の税務取扱に関して、最高裁判所の判決が出ました。

その内容は「逆養老(逆ハーフタックス)」と呼ばれる特殊な養老保険の契約形態に関する税務についてです。

逆養老(又は逆ハーフタックス・養老リバース)ってそもそも何?という事からまずは確認をします。

事業主が養老保険を福利厚生目的で従業員に付保をした場合、下記の契約形態であれば支払保険料の半分を福利厚生費として損金計上する事が出来ます。

契約者=法人
被保険者=全従業員
死亡保険金受取人=従業員の遺族
満期保険金受取人=法人

残り半分は保険積立金として資産計上です。これが養老保険を活用したノーマルな「ハーフタックスプラン」です。

それに対して逆養老は、死亡保険金受取人と満期保険金受取人が逆になります。

契約者=法人
被保険者=役員
死亡保険金受取人=法人
満期保険金受取人=役員

こうする事により、半分を福利厚生費として計上していたものを、保険利益が法人になる為に、支払保険料として半額を損金計上します。

残り半分は、満期時に役員が受け取る為に「給与」として処理します。半分が支払保険料で、残り半分が給与であれば法人が負担した保険料は全額が損金計上出来た事になります。

この逆養老のスキームにおいて、満期保険金を受け取った際の税務については、以前は明確にされていませんでした。

その為に満期保険金を受け取った際の税務処理について、争ったのが今回の裁判です。

税務当局は、受け取った満期保険金から給与扱いになっている半分相当額については、一時所得課税の計算時に控除しても良いが、法人が負担した保険料分を控除出来ないという事で、満期保険金受取人に対して、一時所得課税での申告を課しました。

ただ、この一時所得課税については明文化されたものがなかった為に、納税者側はこの税務当局の見解を不服として、裁判に持ち込みました。

そんな中、平成23年度の税制改正において以下の文言が記載されました。

居住者が支払を受けた生命保険契約等に基づく一時金に係る一時所得の金額の計算上、その支払を受けた金額から控除することができる事業主が負担した保険料等は、給与所得に係る収入金額に算入された金額に限る旨を法令に規定します。

(注)上記の改正は、平成 23 年4月1日以後に支払われるべき生命保険契約等に基づく一時金について適用します。

逆養老の満期保険金を個人が受け取った際のルールが明文化されたのです。

この流れを踏まえて1月13日と1月16日に出ました最高裁判決は、税務当局の指摘と平成23年税制改正のルール通りに申告すべきであるとし、納税者側の訴えを退けた内容となりました。

従来は、税務ルールがないスキームでしたので、私個人は一切提案をしませんでした。

ところが今回の判例&税制改正によりまして、ルールが明確になりましたので、これからはお客様のニーズによっては提案する方向で考えたいと思います。

今後は逆養老のスキームが人気になるかもしれません・・・・。

access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.