|

モーターチャネル保険代理店さんと最近良くお会いしています|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

モーターチャネル保険代理店さんと最近良くお会いしています

損害保険代理店数は損害保険協会によると2017年度で186,733店あります。このうちの51.7%は自動車関連業となります。業界では自動車関連業の兼業代理店を「モーターチャネル」と称しています。モーターチャネルには多くの個人情報があり、この情報を活かせば保険も取れると思われがちですが実態は違います。

ということで、意図的に最近、モーターチャネル保険代理店さんとお会いしています。

 

某大手整備工場さんでは昨年から自動車保険を販売しました。どうして今更と思いましたが、「整備工場で自動車保険は売れない」と断言されました。車のディーラーだと新車を購入されると自動車保険の「車両入替」の話題を振れるので、ここから自動車保険に持ってこれますが、整備で納車したお客様に自動車保険を勧めると基本、嫌な顔をされるということで従来取組んでませんでした。

しかし、自動車整備業界も収益が厳しいので、一番、シナジーが高そうな自動車保険取得に舵を切られました。そのために何をされたか。コンサル会社と契約をして、何と整備工員が自動車保険を提案できる「トークスクリプト」を作ってもらって、何度も何度も「ロープレ」を実施して、漸くお客様に提案できるようにしたところ、毎月三桁の新規契約が取れるようになりました。多くの顧客の個人情報を活かして、フィービジネスを高めていくことが唯一の生き残る手段ということで、現在、生命保険の成約に繋げられないか模索しています。

 

板金工場さんは、もっと厳しく、修理の市場は5年間で465億円、台数で86万台も減少しています。これは緊急停止機能が付いた自動車の普及も大きく影響しています。

板金工場の連合体の会長さんとお話しましたら実に興味深いお話が聞けました。

基本、板金はお客様が「運転操作を誤ってぶつけた」といったことがないと必要とされません。「お客様の不幸」を仕事にしているのが板金工場だと言われ、この際に自動車保険を提案するなど絶対に無理と言われました。

しかも、板金工場と保険会社の査定はいつも「対峙」する、つまり板金工場が板金塗装した修理代を保険会社の査定が高すぎるとかクレームを言ってもめる対象であり、板金工場代理店で自動車保険を取っていると、この狭間で動きが取れなくなるので、いつでも保険会社と対峙できるように自動車保険は扱わないところも多いと聞きました。

 

ネクタイ派手夫自身、長い間、保険会社に勤務し、多くのモーターチャネル代理店と接して来ましたが、こんな話を聞いたのは初めてでした。

とは言うもののモーターチャネルの「本業収益」が間違いなく減少し続ける中、収益をカバーし、お客様との接点を増やすには、「生命保険の取組」がベストかと考えています。しかも、本当にお客様に寄り添う生保代理店との協業で推進し、お客様の悩み事、困り事をお聞きして、それぞれの解決策を提案することでのフィーも取れるようにしたいと考えています。

 

こうした意図をもって最近はモーターチャネル代理店さんと会っていますが、何とか今年の大きな潮流にできるよう動きたいと考えています。関心のあるモーターチャネル代理店さん、是非、結心会かインステック総合研究所のホームページから問い合わせ下さい。お待ちしています。

 

 

 

 

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.