|

大型家電量販店で保険相談に繋がる訳|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

大型家電量販店で保険相談に繋がる訳

携帯電話ショップの「ドコモ」が、多くの「店舗というインフラ」の「箱」を有する利点を生かして保険ショップ事業をスタートさせて数年経過しましたが、その後、どうなのでしょうか。

 

携帯電話の機種変更等で携帯電話ショップに行って「超長い待ち時間」を使って「若い客層」に保険販売するというモデルだったと記憶しておりますが、そもそも「顧客に対するサービス感覚が全く無い」携帯電話ショップで保険を相談するという気が起こる訳はないですよね。行って嫌な思いをするのは面倒なので、携帯電話を買う際は、最近は家電量販店に行っています。1階入ると大抵3キャリアの携帯電話ショップが互いにしのぎを削っていて、コスプレ衣装を着たお嬢さんが誘客しています。

 

「わざわざ敷居の高くサービスの悪いドコモショップ」に行かずに「キャリアごとに選べて嫌だったらさっとと立ち去ることが出来る家電量販店」に生活必需品の携帯電話を買いに行く導線は既にできているのです。

 

ということで、最近は家電量販店で保険相談誘客が好調と聞いています。

 

家電も生活必需品で、家電を買いに来られるということは「ライフサイクル」に変化があった証拠でもあります。子どもが大学進学して東京で一人暮らしするようになったので家電を買いに来た、単身赴任になったので家電を買いに来た、結婚する或いは家を新築するので家電を買いに来た等々、生活必需品である家電とライフサイクルは同一線を描きます。こうしたタイミングで保険の話があると保険相談したいという流れに自然となりますよね。

 

また、ライフサイクルは通常8年で変化すると言われています。保険の見直しも8年周期で行われるケースが多いと思います。因みに皆様は大型家電と言われる冷蔵庫、洗濯機、テレビ、クーラーはどのくらいの周期で変えられますか。「壊れるまで使って、壊れたら変える」というお声が一番多いと思いますが、大型家電を一度に変えるとなると大きな出費となりますので、それぞれ10年周期とは言え、気が付けば4つの大型家電を2年半ごとに変えている感じになっていると思います。2年半ごとの周期で家電量販店に行くたびに「保険相談しませんか」のお声掛けが出来れば、保険相談に繋がる確率は高いと思われませんか。

 

「わざわざ保険ショップに保険相談に行く」という客層は限られていると思います。

「たまたま家電を買いに来て保険相談の声掛けを受けて、あっそうだと思って保険相談される」客層は決して少なくないと思いますが、如何お考えでしょうか。

 

「お客様と出会う」ために商業施設に保険ショップが出店し始めて14年。

「もっと気軽にお客様と出会う」ための場所は、まだまだ他にもあるなと考えさせられる事案かと思います。

 

「保険ショップは常に変化するサービス業」です。

「日々、変化することでしか生き残ることは出来ません」。

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.