|

第16回結心会「定例会」が開催されました!|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

第16回結心会「定例会」が開催されました!

 

11月6日~7日の二日間、第16回目となりました一般社団法人保険健全化推進機構結心会「定例会」が開催されましたので、6日のオープンセミナーの模様をご報告したいと思います。

 

最初に、三井不動産株式会社 商業施設営業部の黒谷総括から「ショッピングセンターから見た保険代理店の考察」というテーマでご講演をいただきました。

あらゆる商業施設の中に保険ショップが進出している現在、新たに進出するには「差別化」が必要!!「ほけん○○」と何が違うかを明確に表現できないといけませんよね。

従って、「経営者が目指すものは何か」あたりは明確に表現できないとダメです。

終活カウンセラー資格、住宅ローン診断士補資格、介護コーディネーター資格といった「資格」をスタッフ全体の何%が取得しているといったことも十分アピールになります。

また、チラシや新聞折込を独自にして商業施設に頼らず集客しているとか、ホームページの検索で上位にランクするとか、コールセンターが充実しているとかといったことも他との差別化に使えますよね。

更に進出したい商業施設の「テーマ」を十分理解して「テーマ」に沿ったターゲット層に絞った保険ショップ展開するというのも新しいですよね。

こうした「商業施設のリーシングの方に刺さる」ポイントをご教授いただきました。

 

続いて、「こうして繁盛店を作れ!!」というテーマで来店型保険ショップの内装を数多く請け負っているダイワラクダ工業の城本氏が、実際のショップ写真を見せながら、ショップ内装から保険ショップのコンセプトをお客様や商業施設のリーシング担当に伝える極意をお話しいただきました。

 

更に、株式会社G-Smart梅村会長から「最新デジタルサイネージ」のご紹介をいただき、保険ショップもこうしたデジタルサイネージがあれば近い将来「無人保険ショップ」も可能ではないかと考えさせられる切っ掛けを頂戴しました。

 

今回の定例会では、「保険ショップそのもの」に焦点を当て、何が欠けているかを考えて貰う一助にとの考えで関係する方々のご講演を頂戴しました。

実務者レベルの問題に焦点を当てて取り組む結心会らしい内容だったと思います。

 

保険ショップスタッフに必要な資格として結心会が作り上げた「介護コーディネーター資格」スタートを記念して、テキストを作成いただいた株式会社Prо・visiоnの山中氏に「もう公的介護では足りない!」というテーマでのご講演をいただきました。

最初に公的介護保険についてどれくらい知っているのかのテストを全員が行い、90分の熱いご講演でした。流石に年間60回以上もこうした講演をされているということで素晴らしい流れで分かり易いお話しでした。

 

こんな内容で、6日午後1時~6時までの5時間の定例会を終え、懇親会を実施し全国から集いし保険代理店が終日熱い保険談を語りあいました。

 

次回定例会は1月下旬或いは2月上旬を予定しています。

ご関心ある方は、それまでに結心会にアクセスしてみて下さい。

結心会のコンセプト「楽しい!」を実体験いただければと思います!!

 

 

次の記事

お客様の声

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.