|

「人生100年時代」を見据えた保険販売|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

「人生100年時代」を見据えた保険販売

超長寿化が進む日本。

実際、100歳まで生きることも決して珍しくなく、1963年はわずか153人しかいなかった100歳以上は、2017年には約6万8000人に達しています。

国立社会保障・人口問題研究所の推計では2050年には50万人を超えるとされていますし、英経済学者リンダ・グラットン氏は著書「ライフ・シフト」の中で、日本で2014年に生まれた子どもの半数は109歳まで生きるとの推計を紹介しています。

 

だんだんと現実味を帯びてきた「人生100年時代」を見据え、美容、金融、教育、住宅等で消費者ニーズを探る動きが出てきています。

超長寿が当たり前になれば、人々が求める商品やサービスも大きく変わるはず。

そんな変化をにらんだ「事業シフト」の模索が始まりつつあります。

 

まずは「美容」。

神戸市にある美容外科診療科の患者は31%が60歳以上、70歳以上も14%を占めています。若い女性がほとんどと思っていましたが、三分の一は60歳以上という実態です。「歳をとっても元気に活躍できる社会をつくる一助になれば」と当診療科もアンチエージング美容に注力しようとしています。ここは間違いない需要だと思いますね。

 

「保険」でも、日本生命が2016年に発売した終身年金「グランエイジ」は、死亡時の保険金や解約時の返戻金は少ないものの、生きている間は多めの年金をもらえる「長生きリスク」に備える保険で、発売後1年余りで契約は4万5千件を突破しました。生きるリスクは保険の柱となり、且つ健康に関係した保険商品がドンドン出てくると想定されますね。

 

「教育」でも、超長寿に備えて学び直したい人に向けた取り組みも出たため、早稲田大学では今年10月から会員制ラウンジを開設し、最先端のビジネス動向を学び、他分野のリーダーと交流できる拠点としようとしています。早稲田大学では「人生が長くなり、仕事をしながら学び直す需要が高まっている」としていて現役世代を中心に会員増大を図ろうとしています。日本人は学ぶことが好きなので、この需要も間違いなく来ると思いますね。

 

そして「住宅」。寿命が延びれば「住む場所」の確保も不安になります。

マンション管理を手掛ける伊藤忠アーバンコミュニティ(東京)は施工業者らと「100年マンション研究会」を開催し、修繕セミナーなどを開き、高齢化への対応を探ると同時に「安心して長く暮らせる物件をつくりたい」としています。

政府は簡単に「人生100年時代突入」としていますが、100歳まで生きるとなると、子どもは70歳くらい、孫は40歳くらい、曽孫が10歳くらいで、今とは全く異なるライフプランが必要となります。住宅については4世代住宅が登場したり、学校には行くことはなくテレビ会議で色々な勉強が出来、再生医療で若返りが当たり前になれば、保険が一番大きく変化するのではないでしょうか。

 

秋の夜長、こうしたことをツラツラ考えてみるのも一興かと思いますが。

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.