|

赤いお鼻のトナカイさん?|診査と査定の現場から|牧野 安博

診査と査定の現場から|牧野 安博

診査と査定の現場から

Check

赤いお鼻のトナカイさん?

イメージ画像です

街にクリスマスソングが流れる季節となりました。子どもたちは、赤鼻のトナカイが引くソリに乗ったサンタクロースを心待ちしていることでしょう。
このトナカイの赤い鼻は、闇夜を照らすことでサンタクロースの役に立っているようです。という歌詞がありましたね。

さて、今回は鼻が赤くなる酒さの話です。酒さは、30歳から60歳代の中年以降に生じる顔面の慢性炎症性皮膚疾患で、紅斑性酒さや酒さ性ざ瘡があります。原因は不明です。酒さの症状を悪化させる因子として、精神的緊張、紫外線、温熱、寒気、飲酒、香辛料などがあります。女性では片頭痛の合併が多いことから、血管運動神経の異常が考えられています。

酒さの症状は、鼻、眉間、頬、あごなど顔面の中央部に、ほてり感を伴う潮紅つまり紅斑や毛細血管の拡張がみられます。いわゆる中高年の赤ら顔が特徴です。これに灼熱感、チクチク感、乾燥、浮腫、眼症状、鼻瘤などの症状が伴うこともあります。女性の酒さでは、敏感肌つまり化粧品に対して易刺激性になっていることが多いです。化粧品をつけるとチクチク、ピリピリと痛かゆさを訴え、化粧品かぶれと診断されてしまうことも多いようです。このような場合でも皮膚のパッチテストは陰性で、化粧品を中止しても症状は改善しません。この時は酒さを疑う必要性があります。

酒さの顔に発赤がみられるのは、もともと顔面の血流量がほかの部位より多く、また血管の走行がより浅くて太いためです。これが皮膚温度を上げ、微生物やニキビダニなどの反応や動態を変化させている可能性も考えられます。

酒さの重症度に応じて次のⅠ度からⅢ度に分類されます。

第Ⅰ度酒さ・・・紅斑性酒さ
第Ⅱ度酒さ・・・酒さ性痤瘡
第Ⅲ度酒さ・・・鼻瘤

近年、皮膚の自然免疫機構が解明されつつあります。酒さの患者さんの皮膚を生検して調べたところ、抗菌ペプチドのカセリサイディン(cathelicidin)という物質が大量に発現していることがわかりました。この物質は正常皮膚ではほとんど検出されませんが、外傷や感染が起こると発現されます。しかも酒さの患者さんのカセリサイディンは、抗菌物質として機能していないか、抗菌作用以外の機構で酒さの病態に関与していることが示唆されています。というのも酒さ患者さんの病変部からは、アクネ桿菌や表皮ブドウ球菌などの菌体が容易に検出されるからです。

さらにセリン・プロテアーゼの一つであるカリクレイン5という蛋白分解酵素と細菌などの微生物の認識にかかわる受容体の発現量も増加していることが報告されています。すなわち酒さの原因は、自然免疫応答の異常であることが分かってきました。

酒さの強い症状があるときは、テトラサイクリン系抗生剤のミノマイシンやビブラマイシンなどの内服が有効です。ステロイド剤の使用は、酒さ様皮膚炎を起こすため、良くありません。

生命保険や医療保険の加入については、特に問題はないと思います。

寒い日が続き、お酒の機会も増えていますが、24日には赤ら顔のトナカイとしてプレゼントを持って早く帰宅したいものです。
 

 

関連キーワード:
生命保険  
医療保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.