|

ちょっとした工夫 |ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

ちょっとした工夫 

商業施設のフードコートは皆さん良く使われていると思いますが、テレビでフードコートに出店していて売上げを伸ばしている飲食店の紹介をしていました。

 

鳥の唐揚げをメインとした飲食店の工夫の一つが「メニュー表」でした。

フードコートには多くの飲食店が隣接していて、何を食べようかと何となく一通り見て回ると思いますが、その中から如何に選んでもらえるかが鍵になります。通常、メニュー表は「写真」と「メニューの名称」が大きく店舗正面の壁面上部に掲示されています(と言うより、ここ以外に掲示しようがありません)が、ここの店舗ではメニューの名称を「縦書き」にしていました。確かに多くの飲食店ではメニューが「横書き」されていますが、これを「縦書き」にすることで売上が上がったと紹介されていました。

飲食店を見て回る際には店舗の上に大きく掲示されたメニューを見ながら回りますが、一店舗だけ縦書きになっていると目立つと思います。チョットした変化でお客様の関心を勝ち取るという戦術は着眼点が良いと思いました。

更に、ここの鳥の唐揚げは、とんかつ屋さんでも使っている金属の網を皿の上に置いたうえで盛り付けしてあるので、ピラミッドみたいに高く見えます。お客様は買った鳥の唐揚げを自分の席まで持って行く必要がありますので、フードコート内を歩きます。この際にこの高く積まれた鳥の唐揚げを見た別のお客様が目にして、注文するという導線としても使っているとのことでした。

 

また、タピオカドリンクで有名な飲食店は、行列を作らせることで行列を呼ぶというスキームを構築していました。一つ一つのタピオカドリンクを作るのに数分かかるようにマニュアルが出来ているので、普通に行列が出来る訳です。行列を見ると並ぶ人も多いですよね。実際、原宿のパンケーキ屋さんは行列して90分くらいは普通にかかるということでテレビ等に紹介されていましたが、聞くところによると行列に並ぶためのアルバイトを雇っていて「わざと」行列を作らせていたらしいです。

更に、このタピオカドリンクは「インスタ映え」することにも意識していました。

 

保険ショップでも造作や正面スペースを、昔は上手く活用していました。

保険ショップ創業時は何処の店舗に行っても入口にアフラックダックの大きなぬいぐるみが置いてありました。しかも、正月には晴れ着を着せたり、子どもの日にはカブトを着せたりしていました。で、このダックと一緒にお子様の写真をスタッフが撮って「写真プリントアウトして出来上がりましたら一報しますので、再来店下さい。写真代は無料ですから」と言って個人情報等の入手と再来店アポを取り付けていました。

或いは、「誕生日おめでとう」の帽子を置いて「誕生日の方は、バースデー・ハットを被って写真プレゼントしています」というキャッチで集客していました。

 

造作で言えば、保険テラスという保険ショップは店舗の一部を「港にベンチがある風景」をわざわざ作っていました。神戸本社ということと「テラス」でゆっくり休んで下さいというコンセプトを伝えるための造作ですが、当時は写真撮りたいという若いカップルが来店していました。

 

今は「インスタ映え」で人が集まりますので、2週間に一度は保険ショップ入口の一部をインスタ映えできるスペースとして活用されたら良いかと思います。毎回、季節感を出しつつ、来店いただきたい方をターゲットにした工夫をされては如何でしょうか。

 

また、ある保険代理店では保険相談後に資料を持ち帰っていただくための「紙袋」を作っていますが、某ブランドショップの紙袋と同じようなカラーを使っています。この紙袋が欲しくて保険相談に来店されるお客様も実際にいらっしゃるので、ちょっとした工夫は不可欠だと思いますね。

 

是非、このちょっとした工夫を考えてみて下さい。

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.