|

資本主義の大転換期|ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命|ネクタイ派手夫

ネクタイ派手夫の保険流通革命

Check

資本主義の大転換期

NHKスペシャルで「マネーワールド」という番組をやっていましたが、ご覧になりましたか。

 

2週にわたって3回のスペシャルで、第一回目の主旨としては、オールドエコノミーからニューエコノミーに資本主義の大転換期に入ったというものでした。

 

日本人のタンス預金は47兆円、日本企業の内部留保は446兆円もあります。

個人は使うモノがない、使うコトがないということでお金が動かず、法人は投資先がないということでお金が動きません。お金は使わないと経済が動きません。

 

どうすればお金が動くか。

スウェーデンでは、現金お断りの店舗ばかり。現金を無くせば「心理的なハードルが下がり使うようになる」、更にスマホのQR決済等だと使えない人もいるので「体内にICチップを挿入することでお金がより使いやすくする」という政策をとっていることが紹介されていました。

 

ドイツでは、経済学者ゲゼルの考えた「スタンプ貨幣」の導入を紹介していました。地方通貨、キームガウアーは、1ユーロと1対1で交換できる地方通貨。何とお金に「使用期限」があり、使わないと年6%目減りするという通貨になります。こんな通貨を何故使うのか。それは、毎年3%加算され、教会への寄付とかで使えて社会貢献ができる仕組みがあるからです。多くの方は地元子どもサッカーチームや教会等に寄付が自身のお金でなく地方通貨の上乗せ分で支払うことが出来、商店街としては使用期限があるので一定期間で必ず消費して貰えるということで成り立っている仕組みです。

 

そもそも貨幣の信用は何かというと「国家」にあります。逆を言えば、国家の信用がなくなると貨幣の価値はなくなるということです。日本でも第二次世界大戦後スーパーインフレが起こりました。南米ベネズエラでは年間1,000,000%という想像を絶するハイパーインフレが今現実に起こっていて、コーラ1本が400万ボリバルで、通貨が足りずに何も買えない非常事態に陥っていることが紹介されていました。

 

これに対し、仮想通貨の信用は何かというと「テクノロジー」であり「数学的プログラム」であると紹介されていました。国家を信用するのか数学を信用するのかで、国の概念が大きく変わる、そして資本主義自体が大きく転換すると論じられていました。

現在の保険業界も資本主義の上に成り立っています。資本主義そのものが大転換する中、保険自体も大きく転換すると想定されます。それが何なのかわかりませんが、トヨタとソフトバンクの提携を代表に、如何にフレキシブルにトップが動けるかが鍵になってくることは明白かと思います。

 

残念ながら、今の保険会社では、このフレキシブルな対応はまず出来ないと思います。出来ないのであれば、こうした考え方が出来る人財を如何に集めるかがポイントだと思いますね。今、人財が集まれば、数年で業界地図が変わると思いますよ。

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.