|

がんの粒子線治療 関連話題|イーカルボナリコラム|人見 輝也

イーカルボナリコラム|人見 輝也

イーカルボナリコラム

Check

がんの粒子線治療 関連話題

今日は12月15日。
 楽しみがある。私の生まれ育った東京世田谷で「ボロ市」が開催される。
 そこで中学時代の友人と待ち合わせ、一杯やる。これが最近の行事だ。

 この友人とは、3年前に40年程の時を経て再会した。
 彼が前立腺がんに罹り、ネットで治療法を探していて、たまたま私を見つけた。
 昨年の夏、重粒子線治療を終え、今日の飲み会の付き合いに至っている。
 嬉しくって楽しみな酒だ。

 最近の重粒子線治療に関する情報を2つ、お届けする。
 がん治療のひとつの選択肢として、検討の参考になれば幸いである。

 1.東京の赤坂見附に、受け入れ窓口的な役割を果たす施設ができていた。
   「粒子線がん相談クリニック(http://ryushisen.com/index.html)」だ。
   これで、わざわざ千葉や群馬まで初期の診察を受けに行かなくても済む。
   そこでは、放医研の辻井先生、群馬大学の中野教授等、重粒子線治療の
   最高の権威者の診察が受けられる。

 2.古くからの友人の、あるフェイスブックの数日前の投稿をご紹介する。
   彼は、もう一人の体験者であり、保険屋人生33年の私の同期のライフ
   プランナーだ。
   患者として、保険屋としての、生の声だ。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

 重粒子線の照射全12回終了しました!
 約1か月かかりましたが、治療しているという実感はまるでありませんでした。
 照射中もまったく痛み無し、実感無し。といった感じ。
 術後のQOLは間違いなくVERY GOODです!

 前立腺という部位だからそうなのか?これが肝臓とか肺だとかというと
 また違ってくるのか?これは実体験の方に聞いてみないとわからないですね。

 ただ、驚いたというかスッキリしないというか、最後の照射の後の担当の先生
 との面談で(先生は「日本の名医本」にも紹介されている方です)

 私、
  「これでガンがすっかり消えたということなんですよね?」

 先生
  「ん~~、~~、わからないというのが正直なところです」

 私
  「え!!!!、重粒子線治療という先進医療は、ピンポイントでがん細胞を
   消していく技術じゃないんですか?」

 先生
  「照射が終わってすぐの今は、患部は少なくともがん細胞も普通の細胞も
   焼けちゃっている状態だからグチャグチャでしょう、まぁやけど状態の
   ようなものだから。これが癒えてもがん細胞が無くなったかどうかは
   よくわからないです。がん細胞は見分けがつきにくいですから。」

 私
  「ではこれからは?」

 先生
  「ホルモンの注射を約2年~3年打って定期的にPSA(前立腺がんの腫瘍
   マーカー)を追っかけていき、ホルモン注射をやめた時にどのくらいPSA
   が上がるか?上がらなければ、まぁ安心な状態と言える。という感じで
   しょうか」

 私
  「((((;゚Д゚))))」

 今まで重粒子線で治った後の写真を見て、
   重粒子線をやりました⇒ハイ!すっかりきれいに消えました。
 と、まぁこんな感じに思っていたんですが、ちょっとガックリきました。
 でも先生の言うように、がん細胞かどうかを判断するのはかなり難しいと
 思いました。

 治療って体験しないとわからないことばかりです!!

 あ!一応付け足しときますが、
 先生はとても丁寧に説明してくれましたし、今後の方針についてもこの内容の
 何倍も説明してくれましたから(^-^;
 治療には大変満足しています。

 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.