|

新型うつ病|診査と査定の現場から|牧野 安博

診査と査定の現場から|牧野 安博

診査と査定の現場から

Check

新型うつ病

イメージ画像です

近年、20歳~30歳代の若年者に新しいうつ病(現代型抑うつ症候群)が増えているようです。この新型うつ病では「会社には行けないけど、遊びには行ける」という発言をよく聞きますが、これは本当に病気なのでしょうか。新型うつ病の特徴は、日常生活や仕事、対人関係などがうまくいかなくて自分を責めるという従来型のうつ病と違って、責任を周りの環境や他人のせいにする他罰化傾向が強いです。特に会社に対しては「会社が悪い」「上司が悪い」などの言葉が口癖のようになるみたいです。職場である会社を離れると気分が回復し、趣味や旅行など自分が好きなことには活動的になります。うつ病になった原因は自分ではなく、職場にいる他人にあると考える自己中心的な性格がよく見られます。

 従来型のうつ病と比較して新型うつ病の症状をまとめてみると次表のようになります。

 

 

新型うつ病

従来型のうつ病

症状の特徴

他罰的傾向

自責の念が強い

気分

浮き沈みが激しい

継続して沈む

日内変動

夕方が辛い

朝方が辛い

悪化する場所

会社

関係なし

休日の気分

元気になる

関係なし

食欲

過食傾向

低下

睡眠

過眠傾向

不眠(入眠困難・早朝覚醒)

予後

慢性化することが多い

軽快しやすい

 

 

 新型うつ病の原因は、人格形成が未熟なためにアイデンティティーが確立されていないことによると考えられています。これは幼児期の緊密な親子関係から起こる良い子症候群なのかもしれません。子供に失敗させないように先回りする親の過保護から、コミュニケーション能力も低いままです。さらに社会秩序重視から個人関係重視への社会の変化(価値観の多様化)やネット社会による対人関係経験の少なさも原因でしょう。

 従来型うつ病では自責の念が強いため無理しても会社に行こうとする傾向がありますが、新型うつ病では休職することにあまり抵抗がありません。したがって休職手当や社会保険制度のことを細かくよく調べて、傷病手当金などを上手に利用する傾向があります。

 さらに職場である会社を離れると気分が回復することから、新型うつ病は一見、怠けや性格の問題と捉えられることも多いようです。

 新型うつ病の治療では、従来の抗うつ薬が効きにくいとされていることから、対応が難しいのが現状です。根治的な治療をするには長時間にわたるカウンセリングが必要なようです。精神科医療の現場でも、新型うつ病患者は急増しており、日本うつ病学会でも対応策を模索し始めています。新型うつ病は、現代型うつ病・ディスチミア親和型うつ病・未熟型うつ病ともよばれます。

 以上のことから、新型うつ病では生命保険などの加入は可能のように思われます。自殺リスクは少ないかもしれませんが、新型うつ病では自傷行為が多いことから、医療保険については難しいかもしれませんね。

 

関連キーワード:
生命保険  
医療保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.