|

不動産DXのSpeee、「ケアスル 介護」が掲載施設数5万軒、提携施設数9,500軒を突破。|保険ニュース

不動産DXのSpeee、「ケアスル 介護」が掲載施設数5万軒、提携施設数9,500軒を突破。

株式会社Speee(本社:東京都港区、代表取締役:大塚英樹、東証スタンダード市場:4499、以下「Speee」)の運営する「ケアスル 介護」は、掲載施設数(※1)は50,000軒、提携施設数(※2)は9,500軒を突破いたしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/14788/126/resize/d14788-126-032da5e6af66b5ad98b6-0.png ]

■サービス概要
サービス名:介護施設のマッチングプラットフォーム「ケアスル 介護」
URL   :https://caresul-kaigo.jp/
「ケアスル 介護」は、理想の介護施設をお探しのユーザーと介護施設のマッチングプラットフォームです。2020年12月にサービスを開始し、2周年を迎えることができました。

■サービスの特徴
「ケアスル 介護」の一番の特徴は、ユーザーに寄り添うサービスとしてユーザーの詳細状況をケアアドバイザーが直接ヒアリングすることです。そのなかでお客様のお身体の状況や予算に合った介護施設・有料老人ホームを紹介するサービスを提供してまいりました。意思決定前段階の施設情報収集や、施設の見学設定なども行っております。

Web上の情報のみでは不安を抱いているユーザーとケアアドバイザーが直接お話させていただくことで、入居されるお客様だけではなく、ご家族にも安心・安全をお届けすることが可能です。

介護に関するコンテンツの拡充
Webサイトにおいても、5万軒にも及ぶ掲載施設があるだけでなく、介護施設の情報をわかりやすく整頓してサービスを提供しております。
例えば、スタッフが現地に足を運んで撮影した施設周辺のパノラマ写真や、利用した方の口コミなど、リアルな情報をご提供し、ユーザーの情報収集時間の短縮を図っております。
[画像2: https://prtimes.jp/i/14788/126/resize/d14788-126-e5d03746db3228c9c9be-1.jpg ]


専門家監修のコラム記事など、介護について理解を深めるコンテンツも充実しております。コラム記事内にある質問事項に回答いただくことで、後日ケアアドバイザーによる無料相談も行なっています。

また、介護施設・有料老人ホームに対しては、「ケアスル 介護」に加盟いただくことで、集客支援を行っております。業界を代表する企業様にも多く利用していただいております。(以下企業名を順不同で掲載)
[画像3: https://prtimes.jp/i/14788/126/resize/d14788-126-089567c36b56c29b9dfe-2.png ]

※1 掲載施設数:各都道府県の施設掲載数については、都道府県のインデックスページに記載されている検索結果数について、実際の掲載数との整合性を確認の上、当該結果数の数値を採用しています。
※2 提携施設数:ケアアドバイザーによるご案内および見学予約が可能な施設を指します。

■今後について
実際に施設に入居されるお客様だけではなく、その家族全員に対して安心・安全が届けられるよう、今後もより良いサービスの提供を行ってまいります。

また、介護・福祉領域においてもよりよいマッチングプラットフォームをご提供できるよう目指しながら、「DX Democracy」実現のため、さらなる事業拡大・投資を進めてまいります。

【DX Democracyとは】
Speeeの目指すリアル産業のDXを表現したブランドステートメント。

デジタル化による恩恵を受けづらい領域に対して価値提供を行い、エンドユーザーから事業者まで誰もがデジタル化の恩恵を受けられる、「DXの民主化」が実現された世の中を目指して策定いたしました。(参考:https://speee.jp/news/1841/
[画像4: https://prtimes.jp/i/14788/126/resize/d14788-126-e4483f101119a36fc4b4-3.jpg ]



■株式会社Speeeについて
Speeeは、「解き尽くす。未来を引きよせる。」というコーポレートミッションのもと、データドリブンな事業開発の連鎖でデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業です。
不動産DX事業、マーケティングDX事業。その他事業など幅広い領域に展開しています。

【提供サービス】
・事業成長につながるデータ活用支援コンサルティングサービス「PAAM」( https://paam.speee.jp/
・ビジネスのDX変革を支援するコンサルティングサービス「SPEC&COMPANY」(https://spec.speee.jp/
・不動産売却・査定サービス「イエウール」(https://ieul.jp/
・土地活用・不動産投資プラン比較サイト「イエウール土地活用」( https://ieul.jp/land/
・優良不動産会社に特化した不動産査定サービス「すまいステップ」( https://sumai-step.com/
・不動産会社評判サービス「おうちの語り部(かたりべ)」( https://ouchi-ktrb.jp/
・完全会員制の家探しサービス「Housii(ハウシー)」(https://ieul.jp/buy/
・リフォームのマッチングプラットフォーム「ヌリカエ」(https://www.nuri-kae.jp/
・介護施設のマッチングプラットフォーム「ケアスル 介護」( https://caresul-kaigo.jp/
・ブロックチェーン事業「Datachain」(https://datachain.jp
・バックオフィス特化型タスク管理システム「WorQ」(https://worq.jp/

【会社概要】
社名   :株式会社Speee
事業概要 :不動産DX事業、マーケティングDX事業、その他事業
設立   :2007年11月
所在地  :東京都港区六本木四丁目1番4号
代表者  :代表取締役 大塚 英樹
証券コード:4499(東証スタンダード市場)
URL   :https://speee.jp/
※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

とれまがマネー

人気記事ランキング

保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (457)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2023 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.