|

365日年中無休の小児科クリニック「キャップスクリニックまるひろ南浦和店」を2022年10月1日(土)に開院予定|保険ニュース

365日年中無休の小児科クリニック「キャップスクリニックまるひろ南浦和店」を2022年10月1日(土)に開院予定

首都圏で365日年中無休の「キャップスクリニック」を展開する医療法人社団ナイズ(東京都渋谷区、グループ代表:白岡亮平)は、365日年中無休の小児科クリニック「キャップスクリニックまるひろ南浦和店」を、2022年10月1日(土)に開院予定です。
 JR武蔵野線・京浜東北線:南浦和駅西口から徒歩3分の「丸広百貨店 南浦和店」5階で、朝9時から夜21時まで、土日祝日も毎日診療を行います。新型コロナワクチンの接種にも対応予定です。
[画像1: https://prtimes.jp/i/81625/21/resize/d81625-21-ab44744db86cbea8202b-0.jpg ]

  ▲クリニックアクセスマップ

[画像2: https://prtimes.jp/i/81625/21/resize/d81625-21-c9f08eb6eb5faeec88f0-1.jpg ]

   ▲クリニック院内イメージ

【施設概要】
名称:キャップスクリニックまるひろ南浦和店
所在地:埼玉県さいたま市南区南本町1-7-4 丸広百貨店 南浦和店 5階
最寄駅:JR武蔵野線・京浜東北線:南浦和駅西口から徒歩3分
診療科:小児科
診察時間 9:00-13:00 / 15:00-21:00
※施設点検日・休館日等は、休診または開院時間を変更する場合がございます

キャップスクリニックまるひろ南浦和店ホームページ
https://caps-clinic.jp/minamiurawa/

◆365日年中無休の『キャップスクリニック』
日本の医療現場において、いつでも診療を受けられる、地域に根差した利便性の高いかかりつけ医療機関(プライマリケア・クリニック)の重要性が増しています。
当法人は、2012年の創業から一貫してプライマリケア・クリニックの普及に取り組み、東京都内を中心に、千葉県、神奈川県、埼玉県に「365日年中無休、夜間も診療」を基本方針とする『キャップスクリニック』を展開してきました。
今回開院する「キャップスクリニックまるひろ南浦和店」は、当法人の17拠点目のクリニックとなります。

◆多様化する生活スタイルに対応した、新しい“かかりつけクリニック”
キャップスクリニック各拠点では、多様化する子育て世代の生活スタイルに合わせて、利便性の高い診療を提供できるよう、様々な取り組みを行っています。

〇365日年中無休で診療
大切なお子さまの“かかりつけクリニック”として、いつでも安心して専門的な医師による診療を受診できるよう、「365日年中無休、夜間も診療」を基本方針とした診療体制を整備しています。

〇土日祝日も予防接種・健康診断が可能(※要予約)
健康を維持し、病気を予防するためには、予防接種や健康診断が重要です。平日の受診が難しい方にもお応えできるよう、土日祝日の予防接種・健康診断にも対応しています。

〇ITを活用したスムーズな診療
インターネット予約に加え、インターネット問診も行っています。スマートフォンやPCから来院前に問診を行うことで、来院してから紙の問診票に記入する必要がなく、スムーズな受診を受けられます。
また、キャップスクリニック各拠点の電子カルテはクラウド上で統合されており、全てのキャップスクリニックで、過去の診療履歴に基づく質の高い診療を受けることができます。

〇楽しく安心できる予防医療拠点
キャップスクリニックは、世界に先駆けて小児医療機関向け教育プログラム「セサミストリートクリニックメンバープログラム」に加盟しています。セサミストリートの世界観を反映した明るく楽しい院内とすることで、クリニックを「怖い、痛い」場所から、「楽しく、安心できる」場所としています。
また、ご来院された方に毎月ヘルスケアコンテンツを提供したり、LINEによる医療情報の配信を行うなど、予防医療情報の発信にも努めています。

〇感染症対策の取り組み
キャップスクリニック各拠点では、ご来院された皆さまの安心安全をお守りするため、院内の消毒・換気、受付シートの設置やサージカルマスクの着用、スタッフの健康管理など、様々な感染症対策の取り組みを行っております。
また、予防接種・健康診断の方が安心してお待ちいただけるよう「特別待合室」を用意しているほか、来院することなく診療から処方まで受けることができる「オンライン診療」も行っております。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大阻止に社会全体が取り組む一方で、過度な受診控えにより必要な予防接種や診療まで控えてしまうことがないよう、新型コロナウイルス感染症疑いの患者さまにもできる限り対応していくことで、地域医療に貢献してまいります。なお、新型コロナワクチンの接種にも対応予定です。

【法人概要】
医療法人社団ナイズは、365日年中無休のプライマリケア・クリニック「キャップスクリニック」を多拠点展開しております。地域に根差したプライマリケアの拠点を拡大することで、地域に暮らす全ての皆さまの健康的で豊かな生活を実現し、世界中の幸せの総量を最大化することを目標としています。

法 人 名:医療法人社団ナイズ
所 在 地:〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-5 代官山蔦屋書店1号館3階
設  立:2012年7月(2012年4月創業)
事業内容:キャップスクリニックの運営
自治体・企業向けワクチン集団接種運営(新型コロナワクチン、インフルエンザワ     クチンなど)
URL : https://www.mnys.jp/

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

とれまがマネー
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (457)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.