|

病院と保険薬局の情報連携サービスにおける株式会社イーエムシステムズとの協業|保険ニュース

病院と保険薬局の情報連携サービスにおける株式会社イーエムシステムズとの協業

株式会社CEホールディングス(東証一部)で、電子カルテシステムの開発・販売を行う株式会社シーエスアイ(本社:札幌市白石区、代表取締役社長:齋藤 直和)は、株式会社イーエムシステムズ(東証一部、本社:大阪市淀川区、代表取締役 会長 兼CEO:國光 浩三、以下 EMシステムズ)と、患者の安心・安全を一層高め、病院・保険薬局の業務効率化に資する新たなサービス創出を目的として、2018年11月から協業を開始します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/170530/LL_img_170530_1.jpg
概要図

【背景】
超高齢社会を迎えた我が国において、医療機関、保険薬局における薬剤の適正使用は一段と重要さを増していきます。国民医療費における薬剤料(2016年保険薬局薬剤料)は5.6兆円にのぼり、国民医療費においても大きなウェイトを占めています。また、今後は患者の体質や特性に応じた薬剤の効果的な使用が一層求められてきます。一方で、医療現場における長時間労働への対応も切実な問題となっており、これらを同時に解決していくことが大きな社会的な課題となっています。

医師が作成する処方箋の多くは有効成分の一般的名称が記載されていますが、医薬分業が進んだ現在、その処方箋に基づいて保険薬局が具体的にどの製品を調剤したのか医師が把握しにくいケースが多く、また、保険薬局からの問い合わせ(疑義照会)による変更内容について簡便に電子カルテに反映する仕組みも普及しておりません(注1)。この度シーエスアイとEMシステムズは、これらの課題を解決するために新たな病薬連携サービスを共同開発し、患者へのより一層の安全性向上と業務効率化を支援致します。両社は医療現場の目的に応じた密度の高い連携を行うことで、更なる社会価値を創出する協業を進めて参ります。


【協業内容】
EMシステムズとシーエスアイのデータセンターを接続する事により、以下の内容を実現します。
● 病院・保険薬局向け病薬連携サービス内容
1. 病院
(1)調剤実施情報の参照(一般名から製品名や先発薬品からジェネリック医薬品に変更された情報など含む)
(2)診察時に前回の疑義照会情報表示

2. 保険薬局
(1)処方箋情報の照会
(2)患者情報の照会


● 病院・保険薬局向け病薬連携サービスによるメリット
1.病院
(1)実際にその患者へ調剤された薬剤の把握による診療の質向上
(2)前回変更情報を踏まえた処方を行う事による保険薬局からの疑義照会の減少

2.保険薬局
(1)前回変更薬剤を踏まえた処方箋による医師への疑義照会の減少
(2)医師の判断に基づく患者情報共有による服薬指導の質向上

※ このサービスは施設間の情報共有に対して患者の同意が取得済であることを前提としております。また、特定の保険薬局に患者を誘導することのないように配慮しております。


注1:参考資料「処方内容の未修正による再処方時の誤り」
https://jcqhc.or.jp/wp-content/uploads/2018/10/anzen_20181015.pdf

公益財団法人日本医療機能評価機構HPより
http://www.jcqhc.or.jp/


【株式会社シーエスアイ 会社概要】
所在地 : 〒003-0029 札幌市白石区平和通15丁目北1番21号
代表 : 代表取締役社長 齋藤 直和
事業内容 : 電子カルテシステムの開発・販売
Webサイト: http://www.csiinc.co.jp
電子カルテ/オーダリングシステム導入状況(2018年9月30日現在):784件


【株式会社EMシステムズ 会社概要】
所在地 : 〒532-0003 大阪市淀川区宮原1丁目6番1号 新大阪ブリックビル
代表者 : 代表取締役会長兼CEO 國光 浩三
事業内容 : 医療業務処理用コンピューターソフトウェアの開発・販売・保守
調剤業務処理用コンピューターソフトウェアの開発・販売・保守
介護事業者向けコンピューターソフトウェアの開発・販売・保守
医療情報処理サービスおよび情報通信サービスの提供
Webサイト: https://emsystems.co.jp
調剤システム導入状況(2018年3月31日現在):15,879件


【本製品に関するお問い合わせ先】
株式会社シーエスアイ 事業企画推進本部
TEL : (03)5439-5550
Eメール: seihin_info@csiinc.co.jp

株式会社EMシステムズ 経営企画本部
TEL : (06)6397-1888
Eメール: ir_press@emsystems.co.jp


詳細はこちら

記事提供: PR NEWS

保険

人気記事ランキング

保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.