|

少子高齢化・人口減少社会の課題解決をめざす 隠れ介護者1,000万人超え?!「団塊ジュニア大量介護離職」時代に備える『そろそろはじめる親のこと』9月20日(木)出版 ~株式会社オヤノコトネット 代表取締役:大澤 尚宏~|保険ニュース

少子高齢化・人口減少社会の課題解決をめざす 隠れ介護者1,000万人超え?!「団塊ジュニア大量介護離職」時代に備える『そろそろはじめる親のこと』9月20日(木)出版 ~株式会社オヤノコトネット 代表取締役:大澤 尚宏~

高齢期を迎えた親を持つ40~50代の「オヤノコト(R)」世代とその親世代を対象に『歳を重ねることを不安に感じない社会を創る』を目指し、快適な生活を送るための「親子コミュニケーション」や「老いへの備え」の情報提供、ならびに関連商品・サービスのマーケティング支援事業といった、親孝行文化啓蒙事業を時代的なムーブメントに先駆けて10年前より立ち上げている、株式会社オヤノコトネット(代表取締役:大澤 尚宏)は2018年9月20日(木)に、団塊ジュニアの大量介護離職のリスクに備えるため、『そろそろはじめる親のこと』を自由国民社から出版致します。
本書では、親の介護を会社に言い出せないまま勤め続ける「隠れ介護」が1,000万人を超え、今後も増え続けるといわれる中、具体的な対応策や親の介護についての心構え等について伝授致します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/166503/LL_img_166503_1.png
ロゴ

〈本書の目次〉
第1章 親をめぐる世の中の動き
-「大量介護離職時代」対策、「オトナ親子」リスク対策 等
第2章 親をめぐる制度
-使いづらい「介護休暇」、「介護保険の落とし穴」 等
第3章 親の健康
-親が環境に適用できるうちに生活環境の改善を 等
第4章 親の暮らし
-親が元気なうちに暮らし方シフト、自立型老人ホームの選び方 等
第5章 お金のこと
-「人生100年時代」向け資金作り、時代に合わない保険の見直し 等
第6章 いいモノ
-親がひとりになったとき頼りになるサービスの紹介 等
第7章 つながる
-親が元気なうちに「親孝行旅行(R)」、終活の正しい情報収集 等


【“退職勧告”を恐れ、利用しづらい介護休暇制度 企業の対策迫られる】
■企業も対策必須「大量介護離職」50代の5割が“親の介護を会社に知らせるつもりはない”
総務省の調査によると、働きながら介護している人は291万人で、そのうち3人に1人は「働きながらの介護は厳しい」と回答しています。経済的な余裕がないため、親を高齢者施設に入れることもままならず、きょうだいの誰かが介護を担うことになり、一人で抱え込む、というケースも多いです。親の介護を職場に相談し、いざ介護休暇制度を使って親を介護していたものの、後日重要なプロジェクトから外され、退職勧告を受け、最終的には介護離職に追い込まれるというケースも少なくありません。50代前後となれば、管理職の方も多く、なおかつこの世代は労働生産人口的にもボリュームが多い層のため、このまま介護離職が増加することは企業にとっても大きな痛手となります。


〈著者プロフィール〉
大澤 尚宏(おおさわ・たかひろ)
大学卒業後、株式会社リクルートを経て広告会社を設立し、1995年に身障者を対象にした我が国内初の本格的情報誌『WE'LL』(ウィル)を創刊。2001年同誌編集長を退き、子どものためのバリアフリー情報誌『アイムファイン』を創刊。この間、国土交通省や経済産業省、宮城国体などの委員等を歴任、東京モーターショーのプロデュースなども手掛ける。
2008年、高齢化の急速な進展による社会課題解決事業として、「そろそろ親のこと(R)…」をキーワードに、高齢の親とその子ども世代(「オヤノコト」(R)世代)を対象にした 「オヤノコト.エキスポ」(後援:経産省、厚労省ほか)を立ち上げ。
2009年に株式会社オヤノコトネット設立、「歳を重ねることを不安に感じない社会を創りたい」というミッションのもと、「オヤノコト.マガジン」の企画・発行や自社WEBサイト「オヤノコト.net」( https://www.oyanokoto.net/ )の運営、「オヤノコト」世代の交流サロン「オヤノコト.ステーション」の運営、介護離職問題解決のためのコンサルティングや研修をはじめ、企業のマーケティング支援を中心に多角的に活動している。2015年3月「オヤノコト.サミット」(前・オヤノコト.エキスポ)を開催。2018年9月20日『そろそろはじめる親のこと』(自由国民社)を上梓。


※「そろそろ親のこと・・・」「オヤノコト」「家族のコト」「オトナ親子」は、株式会社オヤノコトネットの登録商標です。


〈『そろそろはじめる親のこと』書籍概要〉
発売予定日: 2018年9月20日
著者 : 大澤 尚宏
定価 : 1,300円+税
出版社 : 自由国民社
販売 : 全国の書店、Amazonなどで販売


〈株式会社オヤノコトネット概要〉
会社名 : 株式会社オヤノコトネット
代表者 : 代表取締役 大澤 尚宏
事業概要: オヤノコト.netの運営
オヤノコト.マガジンの発行
オヤノコト.ステーション(各種セミナー、個別相談)の運営
マーケティングコンサルティング業 etc.


詳細はこちら

記事提供: PR NEWS

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.