|

[開催報告]出産&育児の不安を解消「企業主導型 両親学級」|保険ニュース

[開催報告]出産&育児の不安を解消「企業主導型 両親学級」

一般社団法人ボディセンス・インスティテュートは、妊娠出産に不安を抱える妊産婦とその家族向けに、マタニティ&産後ケアサービス『企業主導型 両親学級』を開催しました。

11月12日(日)は、トヨタモビリティ富山高岡にて第15回の講座「赤ちゃんを迎えるパパの役割」をテーマに開催しました。一般社団法人ボディセンス・インスティテュート 代表理事 高橋 由紀が、赤ちゃんの抱き方や妊娠中、産後の養生法について紹介。後半には、産婦人科医 津田 竜広先生より妊娠&出産で女性に起こる心身の変化と、パパの役割について講義していただきました。

11月15日(水)は、Roots of Life TOYAMAにて、第16回の講座「妊婦のための温活講座」をテーマに開催しました。前半には、Roots of Life TOYAMA専属インストラクター 曳田 彩加が、赤ちゃんの抱き方や妊娠中、産後の養生法について紹介。後半には、鍼灸師 辻 克奈子先生より妊婦さんの不調を解消する温活&セルフ灸の講義をしていただきました。



出産&育児の不安を解消

初めての妊娠&出産は、出産に対する恐怖心や赤ちゃんをしっかりお世話ができるのかと不安に抱えている方も多いでしょう。
妊娠中のマイナートラブルや出産にむけた準備など、調べればすぐに情報を手に入れる事ができますが、相談しながら学ぶ事が不安の解消になると思います。誰でも経験をしていない事は、不安に感じるものです。例えば、試験を解くときに、事前に学習し準備ができていると安心してのぞむ事ができます。同じように、妊娠中にも準備が必要ですが、育児アイテムをそろえる事だけでは、準備には繋がりません。
ママは、妊娠中から産後に大きく変化する身体の状態を理解し、出産のための身体の準備をしておくことが大切です。
また赤ちゃんの抱っこの仕方を学んでおくことで育児への不安が減ります。抱っこはなんとなくできると思いがちですが、緊張したり不安に感じながらでは、赤ちゃんにその気持ちが手から伝わり「抱っこしても泣き止まない」といった悩みの原因にもなります。
出産前の何もわからない状態の時に、学ぶきっかけがある事で、そこから疑問も生まれます。その繰り返しを行い、安心して出産と育児に向き合ってもらいたいと思います。

赤ちゃんを迎えるパパの役割

11月12日(日)に開催したテーマ「赤ちゃんを迎えるパパの役割」について、産婦人科医 津田 竜広先生に講義していただきました。
妊娠中から出産に身体に起こる心身の変化は、ママ自身も理解できていません。しっかりと自分の身体を理解し、向き合う事で産後うつ病の発症のリスクを減らし、良好な産後の回復に繋がります。また、パパがママの身体に起こっている状態を知る事で、サポートの仕方も変わってきます。
ママにはできて、パパにはできないことは「出産と授乳」です。それ以外は、パパにできる事が沢山あります。出産前後のママをサポートするのなら、家事は全部してあげると良いですし、赤ちゃんのお世話では授乳以外、全てできます。
ママがする家事の負担が減れば、身体を休める事もできて、赤ちゃんのお世話も無理なくできます。
パパができる家事を増やすことも立派な子育てになります。

妊婦のための温活講座

11月15日(水)に開催したテーマ「妊婦のための温活講座」について、鍼灸師 辻 克奈子先生に講義していただきました。
妊娠中にお灸をすることで、子宮の血流がよくなり、胎児の成長を促します。実際にお灸を体験しながら、身体を温めていきました。
妊娠中のマイナートラブルに耐えて過ごすよりも、セルフケアができる方法を知っておけば、妊娠期間を楽しく過ごせます。
また、逆子をなおすのにはお灸をすることも効果的です。逆子になっている参加者の方に実際に「逆子灸」を体験してもらいました。



参加者アンケート「企業主導型両親学級」を友人に薦めたい理由を教えてください

・出産に対してプラスのイメージが大きくなる。

・市町村主催の両親学級が激減しているため。

・学ぶことが多いため、他の人も参加した方が良いと思う。

・近い妊娠周期の方ともお話しができるため。

・分かりやすく聞くことができた。知らない事が多くあったので、他の人にも知ってもらいたいと感じた。


参加者アンケート「感想・メッセージ」

・「赤ちゃんが幸せなら、ママも幸せ」そのためにパパが頑張る。という言葉が印象的でした。

・パパ主体の育児参加について深く知る事ができてよかった。

・夫にすすめられて参加しました。子どもを授かる幸せを実感しました。

・息抜きにもなって楽しかったです。

・抱っこの仕方で負担にならない方法がためになった。





開催概要

[日 時]2023年 11月12日(日)11:00~12:30
[会 場]トヨタモビリティ富山 高岡(高岡市美幸町1丁目1番72号)
[対 象]妊娠4ヶ月~10ヶ月までの妊婦さんとご家族、生後2ヶ月~1歳くらいまでの赤ちゃんと保護者
[参加費]無料
[内 容]

前半:「妊娠中・産後の養生法、赤ちゃんの抱き方とセルフケア」
講師:一般社団法人ボディセンス・インスティテュート 代表理事 高橋由紀

後半:「赤ちゃんを迎えるパパの役割」
講師:産婦人科医 津田竜広

[日 時]2023年 11月15日(水)11:00~12:30
[会 場]Roots of Life TOYAMA(富山市黒瀬北町2-1-2 D-BASE 2階)
[対 象]妊娠4ヶ月~10ヶ月までの妊婦さん
[参加費]無料
[内 容]

前半:「妊娠中・産後の養生法、赤ちゃんの抱き方とセルフケア」
講師:Roots of Life TOYAMA専属講師 曳田彩加

後半:「妊婦のための温活講座」
講師:鍼灸師 辻克奈子


次回開催について

[日 時]2023年 12月10日(日)11:00~12:30
[会 場]富山明治安田生命ホール(富山市宝町1-3-10明治安田生命保険相互会社富山支社B1階)
[対 象]妊娠4ヶ月~10ヶ月までの妊婦さんとご家族、生後2ヶ月~1歳くらいまでの赤ちゃんと保護者
[参加費]無料
[内 容]

前半:「妊娠中・産後の養生法、赤ちゃんの抱き方とセルフケア」
講師:一般社団法人ボディセンス・インスティテュート 代表理事 高橋由紀

後半:「パパも育児を楽しもう」
講師:プロサッカー選手 椎名伸志

詳しくはこちら:https://mielca.com/bodysence/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=343


開催の背景・目的

一般社団法人ボディセンス・インスティテュートは、これまで産前産後マタニティヨガやベビーヨガ、赤ちゃんのやわらか抱き方講座、ベビーヨガセラピーなどのプログラムを通して、妊娠中から産後のママと赤ちゃんの心と身体のケアに携わって参りました。

そんな中、コロナウイルス感染拡大に伴い、子育て支援センターの閉鎖や、行政施設・病院でのパパママセミナーやマタニティクラスの中止が増えました。ただでさえ初めての妊娠・出産はわからないことだらけで不安や負担が大きく、産後鬱病になる確率は約10%と言われ、社会問題となっています。

産後鬱や孤独な子育てを防ぐため、産前教育を広く行き渡らせること、産後の負担を軽減させる知識の提供、パパにも積極的に参加していただき育児への参加を促すこと、相談できる交友関係やアドバイスをもらえる専門家との出会いを創出するなど、地域の子育てを応援するべく、民間主体となって誰でも参加できる無料のイベントを行うことといたしました。各家庭や行政だけではなく、地域全体で子どもを育てていくという風土の醸成のため地域の企業を巻き込み活動を広げていきます。


本プロジェクトの協賛企業・後援

特別協賛(プラチナサポーター):
トヨタモビリティ富山株式会社・明治安田生命保険相互会社

協賛(ゴールドサポーター):
北酸株式会社・株式会社源・株式会社ライフパートナーズ

協賛(シルバーサポーター):
株式会社SALVA・株式会社ヨシケイ富山

協賛(寄付サポーター):
8ablish Toyama・有限会社引網香月堂・Lepola

後援:
富山県・富山市・高岡市・魚津市・黒部市
はっぴーママ富山版・ママスキー・北日本新聞社

(敬称略・社名カナ順)

会社概要

会社名:一般社団法人ボディセンス・インスティテュート
代表者:代表理事 高橋由紀
所在地:富山県富山市永楽町 2-7

URL:https://bodysence.jp
E-Mail:mail@bodysence.jp
事業内容:子育て支援者研修及びボディワーカー・ヨガインストラクター育成事業/講師派遣

本件に関するお問い合わせ

会社名:一般社団法人ボディセンス・インスティテュート
代表者:代表理事 高橋由紀
店名:Roots of Life(ルーツオブライフ)
所在地:富山県富山市黒瀬北町 2-1-2 D-BASE2 階
TEL:050-5358-5837



配信元企業:一般社団法人ボディセンス・インスティテュート
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供: DreamNews

とれまがマネー
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (457)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2024 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.