|

年金・相続・介護…… 定年後の生活には知らないと損をすることがいっぱい。しっかりと備えるための方法がこれだ!|保険ニュース

年金・相続・介護…… 定年後の生活には知らないと損をすることがいっぱい。しっかりと備えるための方法がこれだ!


人生100年時代といわれるなか、定年後に続く日々の長さに不安を覚える人もいるのではないでしょうか。年金や相続のように、60歳を過ぎて初めて経験することはたくさんあります。そうした事態に直面した時は誰でも慌ててしまうもの。冷静に対処するには正しい知識が不可欠です。


[画像1: https://prtimes.jp/i/26633/837/resize/d26633-837-ce4a2a18608cf4f1147f-0.jpg ]


1月14日(金)に発売のムック『定年前後のお金と手続き 2022年版』(扶桑社刊)では

・退職金
・年金
・保険
・住まい
・介護
・相続

などの定年後に直面する出来事を網羅。どのように準備や手続きをすればよいのか解説しています。これがあれば、いざというときに慌てず、困ることなく対応できます。

とくに年金については2022年4月に改正があるため、気になっている人も多いのではないでしょうか。今回は本書の中から

・定年後も働くと年金支給額が減る?

という疑問にかんして、その答えを抜粋して紹介します。


定年後も働くと年金支給額が減る?



[画像2: https://prtimes.jp/i/26633/837/resize/d26633-837-b9af9546c25d0f88d20c-1.jpg ]


最近では60歳で定年を迎えたあとも、再雇用や再就職で働き続ける人が増えています。年金をもらいながら働くと、もらえる年金が減ってしまうという気になる情報もあります。

これは「在職老齢年金」を指します。定年後も再雇用や再就職で働く場合、70歳までは厚生年金に加入し続けることになります。その一方で、性別と生年月日によって60~64歳に「特別支給の老齢厚生年金」を受け取り、65歳から老齢基礎年金と老齢厚生年金の受給がスタートします。

つまり、定年後も働き続ける場合、厚生年金に加入し、年金保険料を支払いながら、老齢厚生年金を受給するという状況になるわけです。そのため、給与やボーナスの金額によっては年金の一部あるいは全部の支給が停止する可能性があります。


年金と給与の合計が月額47万円を超えると年金が減額される!

在職老齢年金には「65歳未満」と「65歳以上」の2種類があります。いずれも毎月の老齢厚生年金の金額と1か月分の給与(ボーナスを含む年収を12で割った総報酬月額相当額)の合計額が一定額以下であれば、年金は減額されません。

その限度額が、65歳未満は28万円、65歳以上は47万円。ただし、2022年4月からは、65歳未満も限度額が47万円まで引き上げられます。この改正によって、60歳以降、年金を減額されることなく働ける人が大幅に増えると予想されます。

そもそも老齢厚生年金が減額される対象は、60歳以降も老齢厚生年金に加入して働いている人です。60歳以降、自営業やフリーランスで働く場合は厚生年金に加入しないため、いくら稼いでも年金は減額されません。

また、定年後、パートやアルバイトで少しゆとりをもって働きたい人もいるでしょう。その場合、一般社員の4分の3未満の労働時間で働くなどの条件を満たせば、厚生年金の適用事業所で働いていても、被保険者にはなりません。

ただ、厚生年金に入って働けば、将来受け取れる年金を増やせるメリットがあります。60歳から支払った年金保険料は、退職後、加入期間と支払った保険料を再計算してあらためて増額されます。よく考えて判断しましょう。


本書では、ほかにも定年後に起こるさまざまな事態についてケースごとに解説しています。落ち着いて対処するためにも、ぜひ本書を活用してください。


【目次】
■巻頭特集
・2022年4月スタート! なにが変わるの? 年金大改正のポイント解説
・強い老後をつくるための家計管理の基礎知識
・間に合わない! と思ったときにすぐできる老後の備え
・人生で初めて見る大金!? 退職金で「してはいけないこと」
■第1章 「退職金」と「年金」にまつわる準備と手続きが知りたい
■第2章 定年後の「保険」と「住まい」について知りたい
■第3章 「介護」にまつわる準備と手続きが知りたい
■第4章「相続」にまつわる準備と手続きが知りたい



監修者プロフィール

横山光昭(よこやま・みつあき)
家計再生コンサルタント、株式会社マイエフピー代表。お金の使い方そのものを改善する独自の家計再生プログラムで、家計の確実な再生を目指し、個別の相談・指導に高い評価を受けている。これまでの相談件数は24,000件を突破。
書籍・雑誌への執筆、講演も多数。90万部を超える『はじめての人のための3000円投資生活』(アスコム刊)や『年収200万円からの貯金生活宣言』(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)を代表作とし、著書は154冊、累計352万部となる


書誌情報

タイトル:『いざというときにあわてない! 定年前後のお金と手続き 2022年版』
監修者:横山光昭
発売:2022年1月14日(金)
定価:794円(本体720円+税)
判型:A4変型判
ISBN:978-4-594-61808-7
発売元:株式会社 扶桑社


購入リンク

Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4594618081

楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/17018226/

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

とれまがマネー
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (457)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.