|

レジェリティのFastPostが大手保険会社の新財務報告および開示プロセスの自動化を支援|保険ニュース

レジェリティのFastPostが大手保険会社の新財務報告および開示プロセスの自動化を支援

ロンドン

(ビジネスワイヤ)-- 貯蓄・保険・投資サービス大手のエイゴンUKは、新国際財務報告基準(IFRS第17号)への移行の一助としてレジェリティ・リミテッドのFastPost IFRS 17ソリューションを採用することを決定しました。新基準は2022年1月から発効し、保険業界の会計基準において長年で最も大幅な見直しの1つとなります。

レジェリティは、エイゴンUKの全体的なIFRS 17会計・報告プロセスの欠くことのできない構成要素として導入するために、第3世代のFastPost会計規則および副元帳ソリューションを提供します。

エイゴンUKのIFRS 17プログラム・ディレクターのデビッド・ウィルソンは、次のように述べています。「IFRS 17は、保険数理、財務、ITを含むさまざまなステークホルダーに影響を及ぼす複雑な基準です。IFRS 17には汎用ソリューションが存在しないため、当社のエンド・ツー・エンドの財務報告ソリューションにシームレスな形で統合できる最高水準のテクノロジーを選択することが重要でした。詳細にわたる市場および商品の評価プロセスを経て、当社はレジェリティのFastPostを選択しました。レジェリティのチームならびに同社のPastPost会計規則・副元帳技術には、深い感銘を受けました。」

他の地域のエイゴンも、エイゴン・グループのIFRS 17グローバル・プログラムの一環としてレジェリティのFastPostを導入することを決定しています。

レジェリティの最高経営責任者(CEO)で創業者のジェレミー・ウッドは、次のように述べています。「エイゴンの今後の財務報告のための主要なソリューション・プロバイダーとして、この契約を締結できたことを大変うれしく思います。エイゴンは、市場の革新とデジタルの未来に取り組む先見の明のある企業です。エイゴンが当社を選択したことは、当社の技術、チーム、実績に対する大きな証左です。」

編集者への注記

エイゴンについて

•英国ではエイゴンは300万人を大きく超えるお客さまに年金、職場での貯蓄および保険に関するソリューションを提供しており、およそ3450名の従業員を擁しています。詳細情報:www.aegon.co.uk

• オランダのハーグに本社を置く国際的な生命保険・年金・資産管理会社として、エイゴンは米州、欧州、アジアの25市場以上で事業を展開しています。エイゴンのグループ企業の総従業員数は世界で2万8000人を超え、数百万人のお客さまを有しています。詳細情報:www.aegon.com

レジェリティについて

レジェリティは、複雑な会計方式の変更をお手伝いします。レジェリティのFastPost会計規則プラットフォームは、新IFRS 9、15、16、17の各会計基準に迅速かつスムーズな形で対応できる第3世代のソリューションです。

IFRS 17は、コンプライアンス以外の分野にも目を向ける機会となります。企業内データの標準化により、レジェリティのFastPostは、現実的なメリット、すなわちプロセスの簡素化、報告の向上、迅速な会計の締め、コスト削減、時代遅れにならないスケーラビリティーをもたらします。

完全マネージド・クラウド・サービスとしてSaaSベースで提供されるFastPostは、スケーラビリティーの高いオンデマンドのパフォーマンスを提供できるため、企業はIFRS会計データを必要に応じていつでも利用できるとの確信を持つことができます。

詳細情報については、www.legerityfinancials.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Jeremy Wood
CEO – Legerity Limited
Jeremy.wood@legerityfinancials.com
Tel: +44 (0)203 871 2944
Mob: +44 (0)7775 681478

記事提供: ビジネスワイヤ

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.