|

「Eye“247”(アイ・トゥエンティフォー/セブン)」サイバーセキュリティ保険自動付帯パック提供開始のご案内|保険ニュース

「Eye“247”(アイ・トゥエンティフォー/セブン)」サイバーセキュリティ保険自動付帯パック提供開始のご案内


                                           2019年6月17日
                                       株式会社フーバーブレイン
                                 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

 株式会社フーバーブレイン(代表取締役社長:輿水 英行、本社:東京都千代田区、以下「当社」)は、2019年7月上旬に販売開始を予定しております新製品「Eye“247”(アイ・トゥエンティフォー/セブン)」について、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(代表取締役社長:金杉 恭三、本社:東京都渋谷区、以下「あいおいニッセイ同和損保」)の「サイバーセキュリティ保険」(以下「サイバー保険」)を自動付帯した「Eye“247”(アイ・トゥエンティフォー/セブン)セキュリティワイドパック」(以下「Eye“247”セキュリティワイドパック」)を提供することになりましたので、お知らせいたします。

[画像: https://prtimes.jp/i/18682/19/resize/d18682-19-889183-0.png ]

1.背景
 昨今では人材不足が深刻化し、大規模事業者から中小規模事業者に至るまで、多くの企業が優秀な人材の獲得と継続して働いてもらうために、「働き方改革」を迫られております。この流れを後押しする形で、第4次産業革命と呼ばれるICT技術発展の加速によって、「定められた環境での就業」から、「場所や時間にとらわれない働き方」として、テレワーク等の働き方の多様化に取り組む企業が増加しております。
 しかしながら、働き方の多様化の取り組みの過程で、多くの企業が情報漏えい対策等の情報管理と労働生産性の向上に向けての情報活用の両立という課題に直面しております。
 当社は、「Eye“247”(アイ・トゥエンティフォー/セブン)」の販売開始に合わせ、多くの企業が抱える課題解決へのさらなる貢献を目指し、世界5億台の利用者を有するマルウェア対策エンジンと当社創業当時から蓄積したノウハウによる独自マルウェア対策エンジンを融合した「EX AnitMalware v7」と、当社専門スタッフによる「駆けつけ対応サービス」を加えたプラン「Eye“247”セキュリティワイドパック」をご用意いたしました。
 また、万が一の事態に対するさらなる安心を提供するため、あいおいニッセイ同和損保が提供する「サイバー保険」を当該プランに自動付帯することといたしました。
 一方、あいおいニッセイ同和損保は、サイバー攻撃の増加、サイバーリスクに対する関心・ニーズの高まりを踏まえ、「サイバー保険」を積極的に展開しており、2017年9月には商品部門内に「サイバー保険室」を新設するなど、サイバーリスクへの体制強化に努めております。
 そこでこのたび、当社が提供する「Eye“247”セキュリティワイドパック」がより企業の総合的なセキュリティ対策に資するよう、本プラン導入企業全体に対して、保険カバーを提供することといたしました。

2.プラン概要
■名称
「Eye“247”(アイ・トゥエンティフォー/セブン)セキュリティワイドパック」

■内容

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/18682/table/19_1.jpg ]



1. 「Eye“247”(アイ・トゥエンティフォー/セブン)」
 就業場所にとらわれずに情報機器の操作情報の収集を可能とし、働き方分析、内部不正対策及びIT資産管理が行えます。

2. 「EX AntiMalware v7」
 当社独自のマルウェア対策エンジンと、世界5億台の利用者を有するマルウェア対策エンジンを融合したプロテクションを提供しております。
 マネージャー機能により、全社の検知状況を可視化し、社内のセキュリティレベルを向上させます。

3. 「駆けつけ対応サービス」
 エンドユーザー先の情報機器において、マルウェア感染が疑われる場合、当社専門スタッフが、リモートにて即時に駆除するとともに、現場に駆けつけます。
 現場の状況から想定される事象を整理したうえで、被害の拡大防止措置に関するアドバイスを行います。

4. 「サイバー保険」
 「Eye“247”(アイ・トゥエンティフォー/セブン)」及び「EX AntiMalware v7」を導入した情報機器におけるマルウェア感染による個人情報(電子情報に限ります)の漏えいが発生し、当該事由を起因として、日本国内での損害賠償請求がなされたことによる損害を補填します。

■価格(予定)
1CL 800円/月(50CL~)

■販売開始日(予定)
2019年7月上旬(「Eye“247”(アイ・トゥエンティフォー/セブン)」単体販売開始日と同日)

参考1:本プランに自動付帯されるサイバー保険の補償内容
[表2: https://prtimes.jp/data/corp/18682/table/19_2.jpg ]


※利用者の使用人等が故意にマルウェア感染を生じさせた場合、使用人等の不誠実行為に起因する場合は補償対象外となります。
※一部業種では、本プランをご利用いただけない場合がございます。

各社概要
株式会社フーバーブレイン
(1)代表者:代表取締役社長 輿水 英行
(2)所在地:東京都千代田区紀尾井町4番1号 ニューオータニガーデンコート22階
(3)設立日:2001年5月8日
(4)主な事業内容:
   ・コンピュータセキュリティのコンサルティング・コンピュータソフトウェアの開発、販売
   ・コンピュータのユーザーサポート・ソフトメーカーの業務代行サービス
(5)URL:https://www.fuva-brain.co.jp/

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
(1)代表者:代表取締役社長 金杉 恭三
(2)所在地:東京都渋谷区恵比寿一丁目28番1号
(3)設立日:1918年6月30日
(4)主な事業内容:損害保険事業
(5)URL:https://www.aioinissaydowa.co.jp/

                                                 以上

本件に関するお問い合わせ先
株式会社フーバーブレイン 社長室
TEL:03-5210-3061
受付時間 10:00~18:00(土日祝日を除く)

※記載の会社名及び製品などの名称、イメージ並びにWebサイトのURLは、本リリース発表現在のものです。
※記載の会社名及び商品名は、それぞれ各社・各団体の商標または登録商標です。


発行: 株式会社フーバーブレイン
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート 22F
https://www.fuva-brain.co.jp/
Copyright 2019 Fuva Brain Limited All Rights Reserved.

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.