|

弁護士保険初!クレディセゾンと弁護士セミナーを共催 遺産・相続にまつわる悩みを弁護士が解決 遺産相談を中心に「弁護士の有用性」 とは2月20日(水) 19:00~|保険ニュース

弁護士保険初!クレディセゾンと弁護士セミナーを共催 遺産・相続にまつわる悩みを弁護士が解決 遺産相談を中心に「弁護士の有用性」 とは2月20日(水) 19:00~

プリベント少額短期保険株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:花岡 裕之)が提供する弁護士保険『Mikata』は、日常生活のなかにある様々なトラブルの解決を弁護士に相談・依頼をした際に発生する法律相談料や着手金、報酬金などの費用を補償する保険商品です。

●弁護士保険初!クレディセゾンとセミナーを共催
この度プリベント少額短期保険株式会社は、クレディセゾンが開催するマネースクールで、弁護士セミナーを開催します。セゾンカード会員を対象に必要とされる知識を身につけて頂くよう講師がわかりやすく説明します。クレディセゾンとの共催セミナーは弁護士保険業界初の試みになります。
今回は身近に潜む法律トラブルに備えることを目的に、谷井 秀夫弁護士(所属:第一東京弁護士会)を講師として招き、遺産の分割や相続税の申告・納税など、さまざまな手続きについて分かりやすく説明します。



●相続の仕組みが大きく変わるなか、しっかりと遺産・相続に向き合う必要
2018年7月に相続法が約40年ぶりに大きく改正され、今年1月13日より改正相続法が順次施行されます。現在日本では少子高齢化が進展し、配偶者を亡くした高齢者を取り巻く生活環境に変化がおとずれ、その対応が急がれています。相続は人生において何度もあることではありませんが、争族とも言われるほど血を分け合う間でも争いの元になることがあります。そのため今、未然にトラブルを防止するために、遺言書の活用の必要性が高まっています。しかしせっかく作成した遺言書でも民法に沿ったものでなければ無効になるなど、テクニカルな事柄も多く相続人だけで手続きや解決をすることが困難で、専門家の知識が必要になるケースがあります。
弁護士保険『Mikata』では、問題発生前の抑止手段として、日本弁護士連合会と提携している、無料※1で弁護士に直接初期相談できる「弁護士直通ダイヤル」や、当社代理店が運営している、チャットアプリ「弁護士トーク」などで、様々な立場の方をサポートしています。
※1通話料はお客様ご負担となります。

●争う遺産は5千万円以下が多い
裁判所公開の司法統計データによると、争いが最も多いのは遺産価格が5千万円以下で全体の43.0%、次いで相続税がかからない1千万円以下でも32%となっています。内容別には「現金等」や「土地・建物」が多くなっていて、相続争いはお金持ちの富裕層だけではなく、一般家庭にも起こりうる話だということがわかります。




●審理に要する期間は1年以内が大半だが 長引くケースも
調停など決着するまでの審理に要する期間は、最も多いのが
「1年以下」の33%、次いで「6ヶ月以内」が24%となります。しかし長期では3年を超える場合もあり、その精神的疲労が予測されます。また審理回数は、4回以下が半数を占めますが、長引くと21回以上になるケースも数%あります。




●遺産相続は、3人で争うのが一番多い
遺産分割を争った相続人の数は3人が最も多く28%です。4人以下で争っているのが約70%となり、複雑な家族関係や大規模な親族内で起こるよりも、身近な身内で揉め事が起きていると考えられます。
現代を取り巻く環境は、法的知識を予め得ることが大切だとわかります。弁護士セミナー活用で相続の基礎知識や、相続税の計算方法を知る・学ぶことにより、自分がやるべきことも見えてきます。




●セミナー情報
タイトル:『弁護士の有用性について』~遺産相続を中心に~
講師  :谷井 秀夫弁護士(所属:第一東京弁護士会、弁護士法人 トラスト&サービス東京事務所)
日時  :2019年2月20日(水)19:00(受付18:30)
会場  :TKP東京駅セントラルカンファレンスセンター10F
     東京都中央区八重洲1-8-16
参加費 :無料
<お問合せ・お申込み>
プリベント少額短期保険株式会社
TEL:03-6684-9978
Mail:news@preventsi.co.jp

【商品について】
商品名称   :弁護士保険「Mikata」
月額保険料  :2,980円
補償内容   :法律相談料保険金(限度額)、1事案:2.2万円、年間:10万円
        弁護士費用等保険金(限度額)、特定偶発事故:300万円、一般事件:100万円
年間支払限度額:500万円
通算支払限度額:1,000万円
付帯サービス :弁護士直通ダイヤル、弁護士紹介サービス、なんでも悩みごと相談ダイヤル
        総合カスタマーセンター:0120-741-066

●会社情報
社名  :プリベント少額短期保険株式会社「関東財務局長(少額短期保険)第79号」
所在  :東京都中央区日本橋人形町3-3-13 ユニゾ人形町フォレストビル6F
代表  :代表取締役社長 花岡 裕之
設立  :2013年5月29日
資本金 :17億8,610万円(資本準備金3億5,805万円含む)
事業内容:少額短期保険業及びこれに付随する業務
HP   :https://preventsi.co.jp/
商品詳細:http://m01.preventsi.co.jp/index.php?dcd=efgm5BIP&acd=ctv45GIO

<お客様からのお問合せ先>
プリベント少額短期保険株式会社
TEL:0120-741-066
受付時間:月~金、10時~17時
(土日祝日、年末年始を除く)



記事提供: DreamNews

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.