|

国際化が進む新たな介護サービスでよりよい地域社会へ 「外国人から見た日本の介護」を考えるパネルディスカッションを 2月23日(土)「第17回 聖隷福祉学会」内にて開催!〈入場無料〉|保険ニュース

国際化が進む新たな介護サービスでよりよい地域社会へ 「外国人から見た日本の介護」を考えるパネルディスカッションを 2月23日(土)「第17回 聖隷福祉学会」内にて開催!〈入場無料〉




 全国1都8県152拠点で、医療・保健・介護・保育・障がい者施設など福祉事業を展開する聖隷福祉事業団(法人本部:静岡県浜松市/理事長:山本敏博/以下、聖隷)は、「第17回 聖隷福祉学会」を、2月23日(土)9時50分~、アクトシティ浜松(静岡県浜松市中区)コングレスセンター4・5Fにて開催します。


 今回で17回目を迎える聖隷福祉学会は、初めての試みとして、コーディネーターを含む登壇者全てが外国人職員による「パネルディスカッション」を開催します。
 日本国内では、労働人口の減少が叫ばれており、中でも介護業界は人手不足が目立つと言われています。外国人労働者の受け入れの拡大が加速する中、受け入れる事業者の制度や職場環境は、まだまだ整備されていない状況です。
 「働き方改革」が叫ばれ、人手不足と相まってより効率的な仕事が求められる中、外国人介護士の意見を通して、今後の新たな介護サービスを築き上げていくヒントにし、参加者と共によりよい地域社会の進むべき道を考える機会になればと思っています。

 コーディネーターには、フィリピンの大学で看護を学び、EPA介護福祉士候補者として来日、介護福祉士・介護支援専門員の資格取得後、2018年10月に、EPA“初” の係長に就任した和合愛光園の職員を迎え、パネリストには、ベトナム、フィリピン、オーストラリア出身の介護福祉士・介護員が登壇します。
 外国人から見た日本の介護の紹介や意見交換を通して、国際化が進む新たな介護サービスについて、また誰もが働きやすい職場について見つめ直す機会とします。

福祉現場の最新課題と対策・実践を知り、共に考えるよい機会として、広く一般の皆様からのご来場をお待ちしております。「第17回 聖隷福祉学会」の開催概要は以下の通りです。


◆ 第17回 聖隷福祉学会 開催概要 ◆

■日時  2019年2月23日(土)9時50分~17時00分(開場9時20分)
■場所  アクトシティ浜松 コングレスセンター4・5F
■入場  無料 / 申込不要 / 途中退出可
■問合せ TEL:053-413-3294(月~金曜日9:00~17:00)
■URL  http://www.seirei.or.jp/hq/
■主催  社会福祉法人 聖隷福祉事業団 / 聖隷福祉学会実行委員会
■共催  公益財団法人 ニッセイ聖隷健康福祉財団
     一般財団法人 日本老人福祉財団
     社会福祉法人 さくま

【スケジュール】
9:50~   礼拝    …聖隷三方原病院 チャプレン 佐藤志伸
       開会宣言  …第17回聖隷福祉学会 実行委員長 彦坂浩史
       開会の挨拶 …聖隷福祉事業団 理事長 山本敏博
       オリエンテーション
10:20~  午前の部 研究発表(第1~3会場)
12:00~  昼食
13:20~  午後の部 研究発表(第1~3会場)
14:30~  パネルディスカッション「外国人から見た日本の介護」(第1会場)
       コーディネーター 和合愛光園 パラデロ モン アンジェロ ドゥラプ
16:10~  結果発表・表彰式・閉会式

● パネル展…海外の福祉事情はどんなだろう~各国の高齢者ケアサービスの概況~
● 販売コーナー…パン販売(聖隷チャレンジ工房磐田 CHOU CHOU)
         クッキー・コーヒー販売(聖隷厚生園ナルド工房)
         パスケース・人形 等販売(聖隷厚生園讃栄寮)



社会福祉法人 聖隷福祉事業団  http://www.seirei.or.jp/hq/index.html

【代 表 者】 理事長 山本 敏博(やまもと としひろ)
【本部所在地】 静岡県浜松市中区元城町218-26  
【事業内容】   1. 医療事業  2. 保健事業  3. 福祉事業  4. 介護サービス事業
【基本理念】  キリスト教精神に基づく「隣人愛」 
【事業規模】  施設・事業数…152施設・349事業(2019年1月現在)
        職員数…15,252名(2018年11月現在)
        サービス活動収益…約1,136億円(2017年度)
【創   立】 1930年5月
1930年、聖隷福祉事業団の事業は、結核に苦しむ貧しい人々のお世話を原点に始まりました。
その後、時代、地域の要請に応え、保健・医療・福祉・介護サービスの4つの領域を総合的に提供する社会福祉法人へと成長し、2020年で90周年を迎えます。









記事提供: DreamNews

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.