|

育児ストレスを3000円分で買い取るキャンペーンをキッズラインが開始|保険ニュース

育児ストレスを3000円分で買い取るキャンペーンをキッズラインが開始


[画像1: https://prtimes.jp/i/11508/104/resize/d11508-104-810480-0.png ]


24時間スマホで呼べるベビーシッター・家事代行サービス「キッズライン」を運営する株式会社キッズライン(本社:港区六本木/代表取締役社長:経沢香保子)は、育児ストレスを3000円※で買い取るキャンペーンを本日より開始する。普段声を大にして言えない育児ストレスや夫婦間で交わされた不満が溜まった会話エピソードを応募(匿名でも可)すると先着300名様全員に、キッズラインのベビーシッターや家事代行の初回無料体験 3000ポイントをプレゼントする。それにより、シッターを呼んで育児から解放される時間を持ってもらったり、家政婦サービスを使って部屋が綺麗になる体験をしてもらい、育児のストレスから解放されて欲しいというのが「育児ストレス買い取り企画」の狙いだ。

◼︎なんと9割以上の親が育児ストレスで悩んでいる
キッズライン総研の調査(https://kidsline.me/magazine/article/97)によると91.7%の親が、現在育児についてストレスを感じると回答。

[画像2: https://prtimes.jp/i/11508/104/resize/d11508-104-271405-1.png ]

ストレスの原因は様々あるが、とりわけ育児ストレスの発散は難しいと言われている。なぜなら、育児ストレス発生の原因が、ままならない子育てや非協力的なパートナーであったりするからだ。そのため「自分でなんとかしなければならない」と必要以上に責任感を感じたり、溜め込んでしまうなど、孤独化・長期化しやすいのが現状だ。日本では、共働き世代が増加し、過半数を超えたと言われるものの、周囲への協力を得ることに対する罪悪感はまだまだ根強い。

◼︎そこで、キッズラインが「あなたの育児ストレスを3000円分で買い取ります!」
そこで、私たちキッズラインは、その育児ストレスエピソードを応募してくださった方先着300名様全員に、3000円分使えるキッズラインポイントを即時発行する。そして、ベビーシッターや家事代行を無料体験していただくことで、逃げ場のない育児をプロのシッターさんに代わってもらったり、家に帰ってきたら部屋が綺麗になっていたり、料理ができていたりと心が軽くなる体験をしてもらうことで、育児ストレスからリフレッシュしてもらうことを狙いとしている。

▶︎応募・キャンペーン詳細はこちら
https://kidsline.me/information/stress2018

■なぜキッズラインなのか?

[画像3: https://prtimes.jp/i/11508/104/resize/d11508-104-172551-2.png ]


「キッズライン」は、24時間いつでも、どこからでもスマホがあれば、ベビーシッターや家政婦を入会金や年会費無料で1時間1000円~気軽に呼べるサービス(iOS版・Android版アプリも利用可能)で、全国47都道府県で展開している。現在2720名(2018年12月現在)の保育士や幼稚園教諭、子育て経験のあるママや東大生など弊社で面接および研修に合格したベビーシッターや整理収納アドバイザーや栄養士など家事や料理のプロが登録している。利用する親は事前に詳細なプロフィールや利用者の口コミが見られ、予約手配から決済完了まで全部スマホで完了するので、忙しい親でも安心して気軽に手配する事ができるとして、サービス開始から年々ユーザー数は増加、今では30万件近い利用実績を誇る。

そんなキッズラインだからこそ、思い立った時にスマホでシッターを呼んで育児から解放される時間を気軽に持つことができたり、家政婦サービスを使って部屋が綺麗になる体験をしてもらうことができ、育児のストレスからすぐに解放される時間が提供できる。


■報道関係者の皆様へ、取材のお願い
本企画で集まった育児ストレスエピソードは、キッズライン公式SNSで「#育児ストレス買い取り」と共に発信していきますが、紹介しきれなかったエピソードを含め、報道関係者の皆様だけにご紹介が可能です。モヤモヤがたまった夫婦の会話が盛り込まれたキャプチャなど、現代のママが抱える育児ストレスを発散する本企画をぜひご紹介いただき、一人でも多くのママパパが前向きに育児に向き合えるよう、取材にご協力いただければ幸いです。

▶︎当記事に関するお問い合わせ先
メディア掲載・取材に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
株式会社キッズライン 広報担当
取材依頼フォーム:https://kidsline.me/corp/coverage

■会社概要
株式会社キッズライン
代表者:経沢 香保子
事業内容:インターネットを使った女性支援事業、育児支援事業
所在地:東京都港区六本木5-2-3 マガジンハウス六本木ビル7F
URL:https://kidsline.me/

|本リリースの元記事はこちら|
https://kidsline.me/contents/news_detail/312

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.