|

社会保険労務士試験の出題内容に対する、教材のカバー率を公開|保険ニュース

社会保険労務士試験の出題内容に対する、教材のカバー率を公開

選択式試験問題では92.5%、択一式試験問題については83.7%の高カバー率を記録

資格試験において高い合格率を実現する通信講座を提供する株式会社フォーサイト(東京都文京区/代表取締役社長:山田 浩司)は、2018年8月26日に実施された社会保険労務士試験で出題された問題に対する、通信講座教材のカバー率を公開します。
★内容詳細はフォーサイトHPをご覧ください。https://www.foresight.jp/sharoushi/coverrate/
■算定の結果
フォーサイトの教材は選択式試験問題で92.5%、択一式試験問題で83.7%というカバー率となりました。
社労士試験は、全体で65%~70%の得点で合格できるため、フォーサイトの教材に記載された内容をしっかりと定着させていれば、合格への対策は十分にできていたという分析結果になりました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/10596/160/resize/d10596-160-126394-3.png ]



■フォーサイトの教材の特徴
カバー率が示す通り、実際に試験で出題される内容が詰まった教材です。しかし、試験範囲の100%をカバーしようとするテキストは、情報量が多すぎて、幅広い学習の求められる社労士試験の教材としては向いていません。
フォーサイトは、試験で100点を狙うのではなく、あくまで合格できる点数を狙う「合格点主義」を掲げています。カバー率の高さは維持しながらも、記載内容を絞り込んだ「薄い」テキストになっていることが大きな特徴です。
フォーサイトのテキストは、薄くて内容が詰まった、理想のテキストとして多くの受験生*にご活用いただいています。
(2017年度社会保険労務士試験の受験者数38,685人に対し、2017年度フォーサイト社会保険労務士講座の受講数は7,059人でシェア率約18%を記録)


[画像2: https://prtimes.jp/i/10596/160/resize/d10596-160-633630-1.jpg ]

フォーサイト 社会保険労務士講座 テキスト
フルカラーで詰め込みすぎず、かつ全体ボリュームを抑えています。


[画像3: https://prtimes.jp/i/10596/160/resize/d10596-160-129435-2.jpg ]

フォーサイト教材一覧(一部)
テキスト、講義DVDに加え学習の仕方を学べる副教材など多彩な教材がセットに。


■社会保険労務士試験の特徴
社労士試験は、科目数が多く(10科目)試験範囲が広いために、試験範囲の学習を終えられないまま本試験に突入してしまう受験生が大半を占めます。そのため、学習スピードが求められる資格試験です。
一方で、各科目に「基準点」と言われる最低点が設けられています。基準点割れを起こしてしまうと、全体の点数がどれだけ良くても不合格になってしまいます。そのため、「捨て科目」を作ることは許されず、知識をしっかりと定着させる必要があります。
社労士試験に合格するためには、学習スピードと知識の定着を両立させた学習が求められています。


■教材カバー率を公表する経緯
2018年11月9日(金)に2018年度「社会保険労務士試験」の合格発表が行われました。合格発表に合わせて、フォーサイトでは「教材が実際の問題をカバーできていたか」、「フォーサイトの教材を勉強することが合格に繋がったのか」を分析し、結果を公表します。

■カバー率の算定方法
選択式試験問題8問(合計40の小問)、択一式試験問題70問(合計350の選択肢)を、フォーサイトの基礎講座テキストの記載内容と一つひとつ照らし合わせ、問題を解くのに必要な知識がテキストに記載されていたかを講師が確認して算定しました。


■株式会社フォーサイト 会社概要
本社所在地:東京都文京区本郷6-17-9 本郷綱ビル1階
事業内容:教育・学習支援業(資格・大学受験のオンライン講座、書籍出版、販売)
取扱資格:行政書士、社労士、宅建、FP、簿記など
資本金:7,267万円(資本準備金2,767万円)
設立:1993年4月 代表者名:山田浩司
従業員数:275名(パート・アルバイトを含む) 2018年6月現在

『本件に関するお問い合わせ』
株式会社フォーサイト 広報課 担当:千葉
E-mail:y.chiba@foresight-inc.co.jp
URL : https://www.foresight.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

保険

人気記事ランキング

保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.