|

赤ちゃん向け『ハイハイトレーニング教室』をスタートハイハイしない赤ちゃん増加で人気に【10月17日から】|保険ニュース

赤ちゃん向け『ハイハイトレーニング教室』をスタートハイハイしない赤ちゃん増加で人気に【10月17日から】

横浜市の「ベビー&スマイル」は、2018年10月17日より、赤ちゃん向け「ハイハイトレーニング教室」をスタートいたします。きっかけは、「ハイハイできない赤ちゃんが急激に増えている」ことです。
原因は、「現代の家庭環境」やお母さんを手助けする「便利なグッズ」が増えたことが考えられます。
ハイハイができないまま成長してしまうと、転んでも自ら手が出でずに地面に顔面を打ってしまう、などの著しい運動機能の低下や、成長に必要不可欠な好奇心やチャレンジ精神などが養われない可能性が危惧されています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/168123/LL_img_168123_1.png
赤ちゃんハイハイトレーニング

「ハイハイトレーニング教室」は2,000組以上のママと赤ちゃんを見て来たトレーナーが、ハイハイができない赤ちゃんでもしっかりと正しくハイハイができるようになるための訓練を行う短期集中型のスクールです。当スクールでハイハイができる元気で丈夫な赤ちゃんに育てることができます。


■ハイハイトレーニング」の基礎は『体幹力』
「赤ちゃんの体幹」を鍛えればハイハイができるようになる!
2,000組以上のママと赤ちゃんと向き合って来た中でわかったことは「捕まったものと一緒に倒れる赤ちゃん」と「捕まったものが倒れても瞬時に放して倒れない赤ちゃん」が居ること。その差は「ハイハイをしていたか、していないか」の差でした。小学校にあがっても「転んでも手が出なくて顔を打ってしまう」など、体の使い方があまり上手でない子供達が増えていますが、その原因も「ハイハイをしなかった子」であることが多いのです。
「ハイハイができない」というのは、その子の将来にとってとても大きな問題につながる可能性があると危惧し、ハイハイトレーニング教室をスタートすることとなりました。

「ハイハイトレーニング教室」でまず鍛えるのは、赤ちゃんの「体幹力」です。
おなか側の筋肉をたくさん使うことで正しい寝返りをできるようにします。それがハイハイに必要不可欠な体幹力につながります。
基礎的な体幹力が身についてからいよいよハイハイの実践訓練がスタートします。
赤ちゃんは平らな床よりも高い場所に上る習性がありますので、安全な室内にクッションやテーブルの天板で山を作り、そこをハイハイで上ったり降りたり。
他には、箱の中を出入りしたり、布の下をくぐり抜けたり、障害物を乗り越えるチャレンジトレーニングをします。最も大切にしていることは、赤ちゃんに無理やりやらせるのではなく、やりたいと思う気持ちを作って赤ちゃんに自分からチャレンジさせること。赤ちゃん自身が「できること、できないこと」を判断する“自主性”を育てるために極力手出しをせず見守ります。


■サービス概要
「ハイハイトレーニング教室」の流れ
・赤ちゃんの体幹チェック(赤ちゃんパーソナルケアが必要かの判断)
・赤ちゃんの体幹教室~ハイハイトレーニングクラス~(ズリバイからおすわり、ハイハイ、立ち上がるまで)
・生後すぐ&遠方の人向けオンラインパーソナル(一番辛いのに外出できない生後すぐと、遠方で教室に参加できない方向け)

2018年10月17日よりサービス開始しています。
お申込み方法:まずはホームページまたはお電話から、お問い合わせ下さい。
http://babyandsmile.boo.jp/form.html


【ベビー&スマイル概要】
スタジオ名:ベビー&スマイル
所在地 :〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町187 港ビル3階
代表 :赤ちゃんの体幹トレーナー 露木由美
電話 :070-5455-0159
URL :http://babyandsmile.boo.jp/index.html
著書 :~ぐずる子、夜泣きは「歪み」が原因~「体幹」を整えると素直に育つ
監修・篠浦伸禎 著者・露木由美


詳細はこちら

記事提供: PR NEWS

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.