|

夫の会社での「プレミアムフライデー」実施度は5.8%  夫の残業、半数の妻が「減らしたい」!  早く帰ってきて「育児や家事に携わってほしい」…|保険ニュース

夫の会社での「プレミアムフライデー」実施度は5.8%  夫の残業、半数の妻が「減らしたい」!  早く帰ってきて「育児や家事に携わってほしい」…

リビングくらしHOW研究所がアンケートを実施

リビング新聞グループのシンクタンクである株式会社リビングくらしHOW研究所(所在地: 東京都千代田区、代表取締役社長 和田 直樹)では、2017年2月24日にスタートした「プレミアムフライデー」について、会社に勤める配偶者がいる女性を対象に事後アンケートを実施。762人から回答を得ました。
リビングくらしHOW研究所(http://www.kurashihow.co.jp)が行った「プレミアムフライデー」についてのアンケート結果は下記のとおり。

【調査概要】
 期間:3月1日~3月5日 リビング新聞公式サイト「リビングWeb」でのアンケート
 調査対象:会社に勤める配偶者がいる女性
 有効回答数:762
【回答者プロフィール】
 年代:20代以下7.5%,30代36.9%,40代34.6%,50代17.1%,60代以上3.9%
 子どもあり69.8%・なし30.2%

■夫の会社でのプレミアムフライデー実施度は5.8%! 実施はほぼ大企業のみ

 本調査では、全国の「会社に勤める配偶者がいる女性」762人に、夫の会社で2月24日にプレミアムフ
ライデーが実施されたかどうか、事後アンケートを実施。646人が「実施されなかった」と大半(8割以
上)を占め、 「実施された」 or「 部署によるが実施された」のは44人(5.8%)と少数派でした。

 また、プレミアムフライデーが実施された会社に勤める夫44人のうち、普段より早く家に帰ってきた
のは18人と半数以下で、実施されたにもかかわらず早く家に帰らなかった人も少なくないようです。

 企業規模別では、従業員数が多い会社のほうが実施された割合が高い傾向が見られ、「プレミアムフラ
イデーが会社で実施された」or「部署によるが実施された」44人のうち、4分の3は「従業員数1001名以
上」の会社に勤務しているという結果に。現時点では、企業規模の大きい会社に実施が偏る制度になって
しまっている実態が見て取れます。


[画像1: https://prtimes.jp/i/5157/179/resize/d5157-179-638511-3.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/5157/179/resize/d5157-179-835776-2.jpg ]


■プレミアムフライデーは「自分には関係ない」「やるならすべての働く人に恩恵を」

 続いてプレミアムフライデーについて聞いてみると、「取り組み自体はいいと思う(早く帰れる人に
とっては)」と賛同の声はあるものの、「一部の大企業や公務員だけに実施が偏っていて不公平」「やる
なら働くすべての人が恩恵を受けられるようにしてほしい」「関係ない企業や職種の人にも別の取り組み
をしてほしい」「サービス業は逆に忙しくなる」「給料が上がらないのに消費拡大に貢献できない」とい
うような意見・感想が多く、実施された企業が少なかったこともあり「自分には関係ない」と現状を冷や
やかな目で見ている女性が多いようです。

 ほかにも「月末や金曜は忙しい人も多いので実施のタイミングを変えてはどうか」「やるなら強制的に
やらないとなかなか広がらない。義務化してほしい」「企業にはプレミアムフライデーが導入できるよう、
人員確保や業務の効率化などの体制作りにつとめてほしい」など、様々な改善点が挙げられました。


■もし夫が早く帰れるとしたら「家族で外食に行きたい」「家族でゆっくり過ごしたい」

 次回のプレミアムフライデーでやりたいことでは、「実施がないので関係ない」「年度末だし早く帰れ
ない」という回答が最も多かったものの、もし早く帰れるとしたら「家族で外食に行きたい」「家族で
ゆっくり過ごしたい」という声が多数挙がっており、家族で過ごす時間を増やしたいという主婦たちの願
いが窺えました。


■夫の1カ月の残業時間「60時間以上」21.5%。半数以上の妻が夫の残業を「減らしたい」

 そもそも夫の普段の1カ月あたりの残業時間はどのぐらいなのかを聞いたところ、「残業はない」人か
ら「80時間以上」残業している人まで、かなり回答が分かれました。このところ、政府が導入を目指す「残業時間の上限規制」をめぐってさまざまな議論がなされてきていますが、本調査では1カ月あたり「60時間以上」残業
している夫は21.5%。

 夫の残業を「減らしたい」と答えた妻は全体の50.3%と半数以上にも上り、「早く帰ってきて育児や家
事をしてほしい」「家族との時間を増やしてほしい」「夫の健康が心配」と、切実な声が多数寄せられま
した。

[画像3: https://prtimes.jp/i/5157/179/resize/d5157-179-133309-0.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/5157/179/resize/d5157-179-212943-1.jpg ]

このほか、会社に勤める女性を対象としたプレミアムフライデーの事後アンケートも実施。
詳細レポートはリビングくらしHOW研究所サイトで公開しています。
   
 http://www.kurashihow.co.jp/markets/8851/


■本リリースに関するお問い合わせ先
 株式会社リビングくらしHOW研究所 担当:湖内
 TEL:03-5216-9420 FAX:03-5216-9430
 E-mail:info@kurashihow.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

保険

人気記事ランキング

保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.