|

介護施設や病院での事故を防止するスマートスイッチを開発 2017年4月3日販売開始|保険ニュース

介護施設や病院での事故を防止するスマートスイッチを開発 2017年4月3日販売開始

株式会社ジェイエスピー(神奈川県横浜市、代表取締役:稲田 彰典、以下 ジェイエスピー)は、介護施設や病院で問題となっている、離床センサーの入れ忘れによる事故を防止するスマートスイッチ「moniswitch」を開発しました。2017年4月3日に販売を開始します。


【「moniswitch(モニスイッチ)」とは】
離床センサーとナースコール装置の間に取り付けて使用するスマートスイッチです。
介護施設や病院では事故防止に離床センサーを設置して、対象者がベッドから離れようとしたときにナースコールが発報することで、スタッフが駆けつけて対応しています。
「moniswitch」は離床センサー利用の際によくある3つの事象を防止し、介護現場の負担とリスクを減らします。

(1) 入れ忘れ
「moniコン」という500円玉サイズの通信端末を携帯するスタッフが「moniswitch」の傍から離れると、自動で離床センサーをオンにします。これにより入れ忘れによる事故を防ぎます。

(2) 介助作業中の誤報
離床センサーの入れ忘れを防止するので、介助作業中は躊躇することなく離床センサーをオフにし、誤報を減らすことができます。また、スタッフが近くにいる間はオフの状態を継続するため、タイマー式のように時間を気にすることなく、介助作業に集中できます。

(3) 誤操作
「moniコン」を携帯しているスタッフだけがスイッチをオフにできる安全設計です。施設利用者や訪問者による誤操作も防ぎます。


【開発背景】
ジェイエスピーでは2013年からセンサーを活用した見守りシステムの開発に取り組んでいます。
その中で、介護施設や病院において離床センサーの入れ忘れにより、ベッドからの転倒・転落、徘徊などの発見が遅れてしまう事例があることを知りました。これらの対策は注意喚起や意識向上のための貼紙などが多く、人的ミスで発生した事故は訴訟に発展し、施設側が敗訴になる事例もありました。
現場で働く方の負担や心配事をICTで少しでも減らしたい、そうした想いから「moniswitch」は生まれました。


【「moniswitch」販売内容】※1 ※2
発売元     :株式会社ジェイエスピー
発売日     :2017年4月3日
希望小売価格  :9,800円(税別)
対応離床センサー:コネクターの形状が3.5ミリまたは6.3ミリ、
         RCAのいずれかのタイプ
※1 「moniswitch」の利用には別売の「moniコン」を購入する必要があります。
※2 離床センサー本体は含まれません。


【「moniコン」販売内容】※3
発売元   :株式会社ジェイエスピー
発売日   :2017年4月3日
希望小売価格:1個 3,000円、10個 28,000円(税別)
※3 「moniコン」はレンタルでの対応も行っております。
  詳しくはお問い合わせください。


【会社概要】
商号  : 株式会社ジェイエスピー
代表者 : 代表取締役 稲田 彰典
所在地 : 神奈川県横浜市西区高島2-6-32 横浜東口ウィスポートビル
設立  : 1980年1月25日
事業内容: ソフトウェア開発、製品販売
資本金 : 3,000万円
URL   : http://www.jspnet.co.jp/

詳細はこちら

記事提供: PR NEWS

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.