|

”エコの輪をひろげよう!おひさまこっこプロジェクト”第1号 大阪府松原市の保育園に太陽光発電の設置完了~寄贈セレモニー開催のお知らせ~|保険ニュース

”エコの輪をひろげよう!おひさまこっこプロジェクト”第1号 大阪府松原市の保育園に太陽光発電の設置完了~寄贈セレモニー開催のお知らせ~

太陽光発電事業を中核とした再生可能エネルギーの普及促進を展開している株式会社エコスタイル(代表取締役社長:木下公貴、本社:東京都千代田区)は、CSR活動の一環として、幼稚園・保育園等の教育施設へ太陽光発電システムを寄贈する企画“エコの輪をひろげよう!おひさまこっこプロジェクト”を実施しております。
この度、大阪府松原市の保育園「青い鳥学園」(理事長:島田香)にプロジェクト第1号となる太陽光発電システムを寄贈し、園舎の屋根に設置が完了いたしました。この寄贈を記念して、2018年8月30日に同保育園にてセレモニーを開催いたします。
[画像: https://prtimes.jp/i/12501/187/resize/d12501-187-469348-0.jpg ]

当社は今後も本取り組みを通じて、世の中に再生可能エネルギーを広める活動を推進するとともに、再エネや地球環境に対する子供たちの関心を高めるきっかけを提供する事で、地球温暖化防止に貢献してまいります。

“エコの輪をひろげよう!おひさまこっこプロジェクト” URL:https://www.eco-st.co.jp/kindergarten/

【寄贈セレモニー概要】

[表: https://prtimes.jp/data/corp/12501/table/187_1.jpg ]


【“エコの輪をひろげよう!おひさまこっこプロジェクト”の背景】
本プロジェクトを推進する背景には、人々が地球温暖化を身近な問題として捉えることが難しいという課題があります。
近年、地球温暖化により、異常気象や海面の上昇、生態系の異変など、地球環境に対して様々な影響を及ぼしています。この問題を「私たちの暮らしから遠い話」にするのではなく、一人ひとりが当事者意識を持ち、未来の地球環境のため自分にできることはないかを考え、行動を起こす事が求められています。
そこで当社では、本プロジェクトを通じて幼稚園・保育園等の教育施設へ太陽光発電システムを寄贈することで、再生可能エネルギーの普及に貢献するとともに、幼少期から子供たちに再エネを身近に感じてもらい、地球環境に対する関心を高めるきっかけとなる事を目指して、“エコの輪をひろげよう!おひさまこっこプロジェクト”の活動を開始いたしました。

【“エコの輪をひろげよう!おひさまこっこプロジェクト”概要と参加メリット】
“エコの輪をひろげよう!おひさまこっこプロジェクト”とは、太陽光発電の普及と社会にエコアクションを広めることを目的として、当社が幼稚園・保育園等の教育施設へ10kw程度の太陽光発電システムを無償で提供するというプロジェクトです。
太陽光発電の設置は、電気代の削減効果といった経済的なメリットだけでなく、地球温暖化防止に貢献する事ができる「エコアクション」としての役割を果たします。

本プロジェクトへの参加によって、下記のメリットがあります。

電気代の削減:太陽光発電システムが発電した電気を施設で消費できるため、購入する電気量が減ります。併せて新電力「エコスタイルでんき」への切り替えで、夜間など太陽光発電では賄いきれない部分の電気代も安くすることができます。
電気の「見える化」で節電を実感:節電のために必要となる、電気の「発電量」と「使用量」をweb環境で「見える化」できるツールも無償で提供させて頂きます。また、CO2排出量をどれだけ削減しているかにおいても、本ツールにより「見える化」され、実感することができます。
減災:災害時に停電してしまっても、太陽光発電システムが発電した電気を使用できます。
地球温暖化防止:自然エネルギーである太陽光発電を普及することは、間接的に化石燃料の消費量を減らすことに繋がるため、地球温暖化防止に貢献できます。
環境教育:設置後、ご希望に応じて環境に関するワークショップを実施いたします。


【当社CSR基本方針】
当社は持続可能な社会の実現に向けて、「再生可能エネルギーの普及・促進」、「環境教育」、「ダイバーシティの推進」の3つを基本方針として掲げ、CSR活動に取り組んでおります。

■再生可能エネルギーの普及・促進
永続的に利用できる再生可能エネルギーを普及・促進させることで、次世代のために環境を守る義務と責任を遂行いたします。また、地域資源を生かした再生可能エネルギー発電所により、地域の更なる発展に繋がる取り組みを行います。
■環境教育・教育支援
事業活動を通じて獲得した、再生可能エネルギーや環境に関する様々な知見を子供たちに伝え、広く社会と地球環境に貢献できる次世代を育成します。
■ダイバーシティの推進
健全な職場環境の整備とともに多様な人材の採用・育成・登用を行い、様々な価値観を取り入れることで新たな課題にチャレンジし、お客様に満足いただける価値を創造します。

詳細:https://www.eco-st.co.jp/csr


【会社概要】
■株式会社エコスタイル
所在地 東京本社:東京都千代田区丸の内1丁目4番1号丸の内永楽ビルディング20階
大阪本社:大阪府大阪市中央区道修町1丁目4番6号ミフネ道修町ビル3階
設立 2004 年10 月5 日
資本金 605百万円
代表者 代表取締役社長 木下 公貴
事業内容 産業用太陽光発電システム販売・施工・メンテナンス
家庭用太陽光発電システム販売・施工・メンテナンス
電力小売事業、再生可能エネルギー発電事業
再生可能エネルギーファンド組成募集事業、損害保険代理業務
実績 7,613件(2018年8月1日現在、太陽光発電施工実績)
URL http://www.eco-st.co.jp/

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.