|

【SBIいきいき少短】 ペット保険 加入年齢上限の引き上げ|保険ニュース

【SBIいきいき少短】 ペット保険 加入年齢上限の引き上げ

~ ペットの高齢化を背景に、ペット保険加入者の声を受けて実現 ~


2018年7月12日
報道関係者各位

SBIいきいき少額短期保険株式会社
[関東財務局長(少額短期保険)第8号]

SBIいきいき少額短期保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:高崎 誠治(※)、以下「当社」)は、2018年7月17日より、以下の通りペット保険の新規加入年齢上限の引き上げを実施いたしますので、お知らせします。
※正式表記は<「高」=はしごだか、「崎」=たつさき>

【ペット保険の加入年齢】※責任開始日における満年齢
[画像: https://prtimes.jp/i/34556/1/resize/d34556-1-628277-0.jpg ]
(資料請求について、7月12日~16日資料請求分は7月17日に発送いたします。)

当社では昨年9月にお客さまのペット飼育に伴う経済的な負担の軽減を狙いとして、「SBIいきいき少短のペット保険」を発売いたしました。お陰さまで、当社ペット保険は安価な保険料が好評を博し、販売開始後半年での保有契約件数は1,338件(2018年3月末時点)となりました。今後は保有契約件数1万件の早期達成を目指し、ペット保険業界での存在感を高めていきたいと考えております。

超高齢社会を迎えた現代では、人だけでなく犬・猫の平均寿命も延伸しており、ペットの高齢化が進んでいるといわれています(参考資料参照)。また当社でペット保険加入者を対象に実施した調査でも、「10歳以上の犬もいるが、加入できたら良かった」「11歳の猫がいるが保険に入れなかった為、病気になった時が心配」といった声が寄せられ、2018年6月末時点で、11歳以上のペットが新規加入可能なペット保険を販売する会社は全15社のうち2社のみ(当社調べ)であることからも、高齢のペットが加入しづらい状況がうかがえました。

そこで当社では、高齢化する犬・猫と安心して暮らせる社会を目指し、またお客さまの声に応えるべく、ペット保険発売から1年を待たずに加入年齢範囲の上限を「7歳11か月」から「11歳11か月」まで拡大することといたしました。

なお、ペット保険業界では犬・猫の加齢に伴う保険金支払いの増加傾向がみられますが、当社では業界最安水準の保険料設定はそのままに据え置きました。当社ペット保険に11歳11か月までに加入いただくと、加入後は毎年の更新でペットの終身にわたり補償が続きます。

当社では今後もお客さまの声に耳を傾け、よりよい商品・サービスの開発、提供を行ってまいります。


参考資料)ペットの高齢化状況
(1)ペットとしての犬・猫における平均年齢の上昇
日本ペットフード協会の調査結果によると、犬の場合、7歳以上の占有率が年々増加傾向にあり、犬種別では小型になるほど平均寿命が長い結果となっている。
猫の場合、室内飼育(外に出さない)の猫は、外に出る猫と比べて平均寿命が2.4歳長い。
⇒家庭飼育の犬・猫の平均寿命は長くなり、高齢になるにつれて疾病、ケガで動物病院にかかる機会が増えると想定される。

(2)成年期を迎えた犬・猫の飼育者増加
近年、地方自治体での殺処分ゼロ活動が活発化し、任意団体による里親探しや保護犬の譲渡会が行われる機会が増加し、そこでペットを入手される方も増えているという現状がある。ペットショップやブリーダーが幼年期~成年期のペットを取り扱うのに対し、譲渡会等では成年期~高齢期のペットが引き取られるケースが多い。結果として年齢が高めのペットを飼育する人が増加していると考えられる。

※参照元:日本ペットフード協会「平成29年 全国犬猫飼育実態調査 結果」

以上

【会社概要】
■会社名: SBIいきいき少額短期保険株式会社
■所在地: 東京都港区六本木1-6-1
■設立年月日: 2007年7月3日
■資本金: 36,000千円
■事業内容: 少額短期保険業
(販売商品:SBI いきいき少短の死亡保険、SBI いきいき少短の医療保険、引受基準緩和型死亡保険「あんしん世代【緩和型】」、引受基準緩和型医療保険「新いきいき世代【緩和型】」、SBI いきいき少短のペット保険)
■URL : https://www.i-sedai.com

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.