|

採用動向レポート「インサイドストーリー保険業界版」を公開>働き方改革をリードする保険業界、求職者や若者世代からの人気が高まる|保険ニュース

採用動向レポート「インサイドストーリー保険業界版」を公開>働き方改革をリードする保険業界、求職者や若者世代からの人気が高まる

【2018年6月22 日】外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社 (https://www.hays.co.jp/ 本社:港区、マネージング・ディレクター:マーク・ブラジ、以下ヘイズ)はこの度、採用動向レポート「インサイドストーリー保険業界版」を公開しました。
[画像: https://prtimes.jp/i/8738/189/resize/d8738-189-512521-0.jpg ]

InsurTech(インシュアテック)が保険の販売方法は大きな変化をもたらす
InsurTech(インシュアテック)の進化によって、保険の実施・販売方法は大きな変化を遂げ、日本の保険業界は、人工知能(AI)やブロックチェーンといった新興テクノロジーの秘められた可能性に徐々に向き合いつつあります。それと同時に、保険業界は、あらゆるレベルの求職者から見た魅力を高めることにも注力しなければなりません。

こうした破壊的テクノロジーは日本の保険業界のあらゆる面に革命をもたらす可能性が高いものの、その影響が最も強く表れているのはセールス部門であり、特にセールスの仕事のやり方には大きな影響が出ています。

「収益をもたらすセールス部門の職員は、保険会社の牽引役であり、消費者と接点を持ち、やり取りするためのより優れたプラットフォームを常に探し求めています」と、ヘイズ・ジャパンのマネージング・ディレクター、マーク・ブラジは話します。「一般的に言って、保険に関するすべてのイノベーションはセールスと密接に関係しており、今後はセールスに関するイノベーションに多くの重点が置かれることになるでしょう」

採用は依然困難。企業は人材育成や働きやすさをアピール
現時点では、保険会社は新年度に必要な人員を増強するため、依然として従来型のセールス・プロフェッショナルを採用しようとしています。こうした人員の空白を埋めることは容易ではありませんが、その中でも特に難しいのが保険数理(アクチュアリー)のスキルを持った求職者を見つけることです。

ブラジは次のように指摘します。「アクチュアリーは商品からリスク、財務に至るまで、業界の幅広い分野で活用されるため、常に需要があります。残念ながら、保険業界は必ずしも銀行業界ほど求職者に対する訴求力が高いわけではなく、アクチュアリーとセールス・プロフェッショナルは、金融サービスの中でもより人気の高い分野に引きつけられる可能性があります」

この問題に対処するため、企業は自社従業員の育成方法を見直しつつあります。過去24カ月間には、職員のスキルを高めるための社内研修プログラムを作成することがトレンドとなり、社内から職員を昇進させる大きな動きがありました。また、昨年見られた保険会社での最も大きな変化は、育児や介護のために休職していた女性をはじめとする女性従業員の活用方法の開発に取り組む姿勢でした。

「多くの企業は、自社が女性にとって優れた職場であると言えるよう、懸命に努力しています。フレックスタイムや在宅勤務制度の導入に始まり、休職していた母親を休職前と同水準のポジションに復帰させることに至るまで、保険会社は働き方の多様化において他業種をリードしており、一部の企業では働く母親の復職率を95%にまで引き上げることに成功しています」

さらにブラジは続けます。「毎年発表される、働きやすい企業の『ホワイトリスト』で保険会社が突出しているのはこうした先進的な取り組みのおかげであり、保険会社のCEOが働く女性や女性活躍推進に関する委員会で基調講演を求められることも少なくありません」

こうした柔軟な働き方を高く評価しているのは働く女性だけではありません。ワークライフバランスを重視する若い世代もまた、好ましいワークライフバランスを実現できるだけでなく、幅広い研修が提供され、キャリア開発の柔軟性がある保険業界への就職に関心を示しています。

今は保険業界の繁忙期に当たり、年間の雇用計画を作成している最中であることから、求職者にとっては自身の選択肢を検討するのに適した時期です。

ブラジはこう指摘します。「目下、雇用市場では求人が増加しており、人々はより多くの選択肢の中から仕事を選ぶことができます。そして保険業界には多くの利点があります。給与は金融企業には及ばないかもしれませんが、他業種と比べ遜色のない水準です。保険業界は報酬パッケージが魅力的であるだけでなく、ワークライフバランスでは金融企業をはるかに上回り、業界としての安定性でも金融を上回り、仕事もそれほどハードではありません」

「より変化の速い業界を何年か経験し、自分の人生をもっと楽しみ、健康状態により気を配りたいと考えている求職者や、あるいは多額の金銭的報酬を見込める、よりソフトなキャリアパスを探している若者にとって、保険は選ぶべき答えとなります」

「将来的に日本でInsurTechが活発化し、求職者がスキルを磨き、人脈を開発し、広げることができるなら、保険というキャリアは大きな可能性を秘めた、より快適な生活を送るための選択肢となるでしょう」

日本の保険セクターで見られた他のトレンドの概要は以下の通りです。


保険業界は今なお転職に対して保守的な態度を維持しており、中間レベルの求職者に関しては8年~10年の職務経験があり、転職回数が1回以下であることを理想とし、シニアレベルの求職者に関しては13年~15年の職務経験があり、転職回数が2回以下であることを求めています。
上層部のポジションに就ける可能性が最も高いのは、基準に合致し、バイリンガルであり、目的や目標を達成した明確な実績があり、幅広い人脈を通じて業務を遂行することのできる求職者です。
日本の保険会社は女性従業員をつなぎとめることに関して優れた手腕を発揮しているものの、2020年までに女性管理職の割合を30%に引き上げるという目標はまだ達成できていません。
30歳未満の求職者の間では、二カ国語スキルを活用し、伸ばすことのできるポジションを求める傾向が強まっています。グローバル企業が好まれるのは、仕事で英語を使う可能性が高いからだけでなく、将来的に海外に派遣される可能性が高いためです。
保険会社は求職市場での競争力を高めつつあるとともに、人材採用会社を利用する事例が増加傾向にあります。
テレビ・コマーシャルやオンライン・コマーシャルは、消費者の関心を高めるだけでなく、従業員のブランディングを向上することも目的として開発されています。


「インサイドストーリー保険業界編」のレポートの全文はこちら
https://www.hays.co.jp/TheInsideStory/HAYS_1971132

ヘイズは、専門性の高いプロフェッショナルを対象に人材紹介サービスを提供しているリクルートメントのグローバル・エキスパートです。
以上


ヘイズについて
ヘイズ(本社:英国)は、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社です。2017年6月30日現在、世界33カ国*、250 の拠点(総従業員10,000人)において、20の専門分野に特化したハイスキル人材サービスを提供しています。(*日本、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ)

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(ヘイズ・ジャパン)について
ヘイズの日本法人として2001年に東京で設立されたヘイズ・ジャパンは、日本で唯一、4つの国内拠点(日本本社、新宿支店、大阪支店、横浜支店)を有する外資系人材紹介会社です。15の専門分野(経理・財務、金融、ファイナンステクノロジー、人事、IT、保険、法務、ライフサイエンス、オフィスプロフェッショナル、不動産、セールス・マーケティング、サプライチェーン、マニュファクチャリング)に精通した経験豊富なコンサルタントが、「正社員紹介」「契約・派遣社員」「採用アウトソーシング(RPO)」「ITソリューションズ(業務委託)」の4つのサービスを提供し、企業の人材採用と個人のキャリアアップを支援しています。

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.