|

離乳食用おだし「赤ちゃんのためのはじめてのおだし」出産祝い等におすすめのギフトセットを新発売|保険ニュース

離乳食用おだし「赤ちゃんのためのはじめてのおだし」出産祝い等におすすめのギフトセットを新発売

大阪北摂地区で飲食店を50店舗展開する株式会社 太鼓亭(本社:大阪府箕面市、代表取締役社長:水上 泰輔)は、出産祝い等におすすめの料理家 稲垣 飛鳥さんとコラボした離乳食用おだしのギフトセット「赤ちゃんのためのはじめてのおだし スペシャルギフトセット」を2018年5月に発売いたしました。


画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/158263/LL_img_158263_1.jpg
ギフト1


URL: http://www.kansai-odashi.com/hajimete/


■発売の背景
「食べる楽しみを赤ちゃんの時から感じてもらいたい」との思いから、本商品を発売いたしました。手軽に離乳食用おだしがとれるティーバッグタイプの「赤ちゃんのためのはじめてのおだし」は、2017年10月28日おだしの日(2016年株式会社 太鼓亭が日本記念日協会から認定)に発売以来、多くのお客様にご好評をいただいております。
おだしを使うことで、自宅で作る離乳食の幅が広がります。振り掛け瓶タイプは持ち歩くことができるので、外出先でも使うことができます。今までにない「たい」「あじ」「とり」などを含む全7種類からなる商品は、すべて国産で素材そのものを使用。食育のために開発した、離乳食をより楽しくしてくれる商品です。


■「赤ちゃんのためのはじめてのおだし」にかける想い
とある小学校の家庭科の授業で、(1)昆布とかつおで摂ったおだし、(2)だしパックで摂ったおだし、(3)和風顆粒だしでつくったおだし、この3つを子どもたちに飲み比べしてもらったところ、80%の子どもが(3)のおだしを最もおいしいと答えたそうです。この事実を耳にした時に、現代の子どもたちは、濃い味に慣れてしまい、繊細な味、素朴な味を感じにくくなっているのでは?とショックを受け、食育の大切さを痛感しました。しかし、忙しい日々の中では、手をかけられる時間は限られています。

そこで、手軽に本物のおだしを摂る方法はないかと考えてできたのが、「赤ちゃんのためのはじめてのおだし」です。これは、関西おだし専門店「だし蔵」(株式会社 太鼓亭)が料理家 稲垣 飛鳥さんとのコラボで作った、素材そのものだけを使い、お湯を注ぐだけで簡単にできる便利なティーバッグタイプのおだしです。商品開発を進める中で、こんなにも美味しいおだしがたくさんあるのかと、何度も驚き感動させられました。どうか、赤ちゃんと一緒に色んなおだしを味わって欲しい。そして日々の食卓がより豊かになるようにと、願いを込めて、この商品を開発いたしました。


■商品概要
商品名 :赤ちゃんのためのはじめてのおだし スペシャルギフトセット
価格 :4,800円(税込)
内容 :(1)かつお節ティーバッグ (3g×5包)
(2)たい節ティーバッグ (3g×5包)
(3)あじ節ティーバッグ (3g×5包)
(4)いわし節ティーバッグ (3g×5包)
(5)しいたけ節ティーバッグ (3g×5包)
(6)とり節ティーバッグ (3g×5包)
(7)昆布粉末振り掛け瓶タイプ (18g)
対象月齢 :(1)~(6)7か月~
(7) 5か月~
URL : http://www.kansai-odashi.com/fs/dashi/hajimete00/

送料一律500円(北海道、沖縄、一部地域を除く)
短冊・のし対応

こちらよりお買い求めいただけます。
(商品は単品でもお買い求めいただけます。)
http://www.kansai-odashi.com/fs/dashi/c/hajimete/

「赤ちゃんのためのはじめてのおだし」ホームページアドレス
http://www.kansai-odashi.com/hajimete/


■会社概要
商号 :株式会社 太鼓亭
代表者:代表取締役社長 水上 泰輔
所在地:大阪府箕面市船場東2-7-50

会社ホームページアドレス
http://taikotei.co.jp/
関西おだし専門店「だし蔵」ブランド通販サイト
http://www.kansai-odashi.com/


詳細はこちら

記事提供: PR NEWS

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.