|

保険もLINEから入る時代に!ペット保険シェアNo.1のアニコム損保が、LINEのトーク上から保険加入できる業界初のサービスを開始|保険ニュース

保険もLINEから入る時代に!ペット保険シェアNo.1のアニコム損保が、LINEのトーク上から保険加入できる業界初のサービスを開始


ペット保険シェアNo.1のアニコム損害保険株式会社(代表取締役社長 野田 真吾、以下アニコム損保)は、コミュニケーションアプリ「LINE」のトーク上から保険の加入ができる、業界初のサービスを開始しました。2017年に発表したLINEでの保険金請求サービスをはじめ、保険×テクノロジー(インステック)を駆使することで進化を続け、顧客利便性の向上に努めて参ります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/28421/7/resize/d28421-7-507838-0.jpg ]



1.本サービスの4つの特徴
■ポイント1. 保険手続きの面倒さを、チャットボットで解消
保険加入は、「項目が多くて面倒」「どこに記入するか分からない」など、不便な点が多く、当社においても、手続き途中であきらめてしまう人が多いことが課題でした。しかし、LINEでチャットボット(自動応答システム)を使うことで、そうしたお客様の負担を解消し、操作そのものの時間を従来の1/5程度に削減しました。保険料のお見積りだけなら、わずか30秒で可能です。

■ポイント2. シンプルな操作でサクサク
操作は、直感的でとてもシンプル。多くの方が使いなれた「LINE」のトーク画面で回答していくだけ。可能な限り、手入力の項目を減らし、タップ選択とすることで、サクサク進められます。

■ポイント3. 「手続き」を「体験」へ
コミュニケーションアプリならではの仕掛けも用意。楽しみながら手続きを進められるよう、手続き途中で応援メッセージが出てきたり、手続き完了後には、ペットの写真付き保険加入お祝いメッセージが送られるといった工夫も。単なる保険の「手続き」ではなく、「体験」へと昇華させています。

■ポイント4. 個人情報保護への配慮
氏名・住所・クレジットカード情報といった個人情報の入力は、「LINE」のトークではなく、専用のWEBページで行うことで、万が一の事態が起きても、その履歴がトークに残らないよう最大限個人情報保護への配慮をしています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/28421/7/resize/d28421-7-831820-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/28421/7/resize/d28421-7-492240-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/28421/7/resize/d28421-7-190575-3.jpg ]


2.LINEを使った当社サービスの実績
■インステックへの取組み
アニコム損保では、モビルス株式会社(代表取締役 石井 智宏)と協働し、2017年5月に最短1分で完結できる「LINE」のトーク上での保険金請求サービスを世界で初めて実装するなど、インステックの分野において、独自の実績を積んできました。このサービスは、リリース後1年で既に利用率が10%を超え、多くのご契約者からご好評をいただいております。今回スタートする、「LINE」での保険加入サービスにおいても、新たなインステックの取組みとして、業界をリードすべく進めています。

■CRMへの取組み
保険の手続きだけでなく、「LINE」を使ったCRM(Customer Relationship Management)にも注力しています。2017年6月には、ご契約者向けサービスとして、獣医師に直接LINEで相談できる『どうぶつホットライン』を開始。リリース後、約1年で獣医師への相談件数は、のべ4,800件以上にのぼり、ペットの健康や体調に悩む飼い主が気軽に専門家へ相談できる窓口を設けることで、ご契約者の満足度向上に努めて参りました。2018年5月22日には、『#withlist~さよならまでにキミとやりたい3つのこと』といったキャンペーンも開始し、対象をご契約者以外にも広げたサービスを展開しております。

・どうぶつホットライン:https://www.anicom-sompo.co.jp/hotline/
・#withlist~さよならまでにキミとやりたい3つのこと:https://www.anicom-sompo.co.jp/withlist/


3.アニコムLINE公式アカウント(@anicom)はこちら

[画像5: https://prtimes.jp/i/28421/7/resize/d28421-7-953392-4.jpg ]


今後も新たな取組みに挑戦することを通じて、ペットと飼い主が毎日をより健康に楽しく過ごせる社会を目指してまいります。


※シェアは、各社の2017年の契約件数から算出。(株)富士経済発行「2018年ペット関連市場マーケティング総覧」調査
※業界初は、チャットボットを活用した保険加入サービス。保険会社全94社のHP・LINE公式アカウントをもとに、アニコム損保が調査(2018年5月30日時点)

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.