|

ガイドワイアがSalesforce Financial Services Cloudで初の損害保険CRMアプリケーションの提供を発表|保険ニュース

ガイドワイアがSalesforce Financial Services Cloudで初の損害保険CRMアプリケーションの提供を発表

米カリフォルニア州フォスターシティ

(ビジネスワイヤ) -- 損害保険会社向けにソフトウェア製品を提供するガイドワイア ソフトウェア(NYSE:GWRE)は本日、顧客関係管理(CRM)を提供するSalesforce Financial Services Cloud向けの初のデジタル・アプリケーションを2つ発表しました。損害保険業界特有のニーズに合わせて最適化されています。新しいアプリケーションは、Guidewire ProducerEngage™ for Salesforce Financial Services CloudとGuidewire ServiceRepEngage™ for Salesforce Financial Services Cloudであり、専属代理店や顧客サービス担当者が宣伝、販売、サービスの連携を強化して顧客関係を改善する力となります。また、ガイドワイアとSalesforceのアプリケーションとの間で契約者データの統合が進むことで、実用性の高い分析情報を得ることも可能になります。

ProducerEngage for Salesforce Financial Services Cloudは、専属代理店に信頼性の高い販売ツール、セルフサービス・ツール、契約者情報を提供し、顧客関係の価値を最大化できるようにします。ProducerEngageを利用すれば、代理店は手作業での処理が減ることで顧客とのやりとりを効率化することができ、システムを切り替えたり、情報を再入力したりする必要はなくなります。ServiceRepEngage for Salesforce Financial Services Cloudは、カスタマー・サービス担当者やコールセンター担当者が現在の契約者に期待される情報に基づいた充実したサービスを提供できるように支援します。そのために、操作しやすいアプリケーションを提供し、契約者やその口座の全体的情報を把握できるようにし、顧客へのサービスの有効性の強化や顧客維持に貢献します。

Celentの南北アメリカ損害保険事業責任者のKarlyn Carnahan氏は、このように語っています。「保険会社は、また特に専属代理店や販売担当の従業員は、顧客関係の把握と管理のプロセスを簡素化できるデジタル能力に投資しています。その場合、標準的なコア・アプリケーションで提供されている機能を大きく超えるものが求められています。ガイドワイアの新製品は、Salesforceが提供する機能を最適化するように特別に設計されたものです。保険会社は、代理店をサポートする能力を大きく高めることができ、差別化された顧客関係を最適化することが可能です。」a

新しいガイドワイアのデジタル・アプリケーションは、ガイドワイアとセールスフォース(Salesforce)の協力が2017年9月に発表されてから行われてきた大規模な研究開発エンジニアリング投資を反映しています。そして、ガイドワイアとセールスフォースのプラットフォームにわたって顧客についての一貫性のある360度の統合的情報を提供することで、損害保険会社にメリットをもたらします。セールスフォースとガイドワイアの製品における統合は、将来の総所有コストを削減することを目指したものであり、保険会社には、セールスフォースのプラットフォームのメリットを得ながら将来の製品の拡張から恩恵を受けることができるものと、安心していただけます。

顧客についての完全な情報を得ることは、顧客中心の事業を行う保険会社にとって必須のことであり、見込み客対応の最適化や顧客維持率の向上など、将来の共同の能力の基盤となります。新しいアプリケーションは、世界でトップのCRMプラットフォームとガイドワイアの損害保険業界プラットフォームの利点を組み合わせることで質の高い顧客対応と事務処理、データ処理を可能にしており、損害保険会社の特有のニーズに合わせて最適化されています。保険会社は、顧客からの高まる期待に応える能力を得ることができます。

セールスフォースの金融サービス担当SVP兼GMのRohit Mahna氏は、このように述べています。「テクノロジーにより、保険会社とのやりとりに対する顧客の期待は大きく変化しました。そのため企業は、消費者が意味を感じる個別化された体験を提供することが、競争上必要になっています。ガイドワイアは、このことが必須であることを理解しており、当社は、両者共通のお客さまにSalesforce Financial Services Cloudとガイドワイアの深い業界専門能力を合わせた力を提供できることに期待を感じています。」

ガイドワイア ソフトウェアのデジタル部門プリンシパルビジネスオーナーのAyan Sarkarは、こう語っています。「保険会社は、顧客を中心に据えることやフロントオフィスのデジタル化を進めることの重要性を認識しています。クラウド方式のCRMで絶大な権威となっているセールスフォースと協力することで、同社のCRMプラットフォームに当社のEngageアプリケーションを統合できることをうれしく思います。両社のプラットフォームの製品での統合により、保険会社による商品販売とサービスの変革を支援することができ、これは保険会社のビジネスにも保険契約者にもメリットをもたらします。」

Salesforce、Financial Services Cloudなどは、salesforce.com, inc.の商標です。

ガイドワイア ソフトウェアについて

ガイドワイア ソフトウェアは、急速に変化するビジネス環境の中で、損害保険会社にとって必要不可欠とされるソフトウェア製品の提供に努めています。基幹業務システム、 データ&アナリティクス、デジタルエンゲージメントの3つの領域における知見を結集した損害保険向けプラットフォームの提供を通じて、損害保険会社におけ るより良いサービスの提供とお客様満足度向上を支援しています。世界で300以上の損害保険会社がガイドワイア製品を採用しています。詳細は http://www.guidewire.jp/をご覧ください。ツイッター公式アカウント(英文) https://twitter.com/guidewire_PandC@Guidewire_PandC)も併せてご覧ください。

注記:ガイドワイアの商標の詳細については、https://www.guidewire.com/legal-noticesをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Guidewire Software, Inc.
Diana Stott, +1-650-356-4941
Director, Communications
dstott@guidewire.com

記事提供: ビジネスワイヤ

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.