|

医療介護専用SNS メディカルケアステーションの日本エンブレース KDDI、産業革新機構、ニッセイ・キャピタル、SMBCベンチャーキャピタルを引受先とする、総額約10億円の第三者割当増資を実施|保険ニュース

医療介護専用SNS メディカルケアステーションの日本エンブレース KDDI、産業革新機構、ニッセイ・キャピタル、SMBCベンチャーキャピタルを引受先とする、総額約10億円の第三者割当増資を実施

医療介護専用SNSを軸にしたソーシャル医療介護プラットフォーム「メディカルケアステーション(以下、MCS)」を提供する株式会社日本エンブレース(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:伊東 学)は、KDDI株式会社(以下、KDDI)、株式会社産業革新機構、ニッセイ・キャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社を引受先とする、総額約10億円の第三者割当増資を実施いたしました(注)。本資金調達に伴い、KDDIとは資本業務提携を締結し、MCSを活用したソーシャル医療プラットフォーム事業を本格展開することをお知らせいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/151174/LL_img_151174_1.jpg
医療介護専用SNS「メディカルケアステーション」によるヘルスケアエコシステム

【実施背景と目的、資金使途】
この度本格展開するソーシャル医療プラットフォーム事業は、(1)地域包括ケア (2)遠隔診療 (3)医療エビデンス (4)医療AI (5)医療IoTという5つのテーマについて、他のヘルステックベンチャーや大手企業を巻込んだ一大ヘルスケアエコシステムを構築することで、様々な新しいヘルスケアアプリケーションや医療ソリューションを提供するものです。

日本エンブレースが運営するMCSは現在すでに、全国3万以上の医療介護関連施設、6万人を超える医療介護関係者ユーザーに利用されており、200以上の医師会で正式に採用されています。(約23%の医師会に普及)

日本エンブレースは、MCSを用いた治療支援アプリやヘルスケアサービスを医療業界向けに提供しており、製薬会社による「服薬適正化支援アプリ」や、医療関連メーカーによる「褥瘡ケア支援アプリ」などすでに10件以上の実績があります。今後はMCSを本格的なソーシャル医療プラットフォームとして位置づけ、今回の調達資金をもとに治療支援、ケア支援、健康増進、重症化予防など医療介護における様々な課題を解決するソリューションの開発と提供を加速してまいります。


■引受先の概要
・KDDI株式会社
(所在地:東京都千代田区飯田橋3丁目10番10号 代表取締役社長 田中 孝司)
・株式会社産業革新機構
(所在地:東京都千代田区丸の内1丁目4番1号 代表取締役社長 勝又 幹英)
・ニッセイ・キャピタル株式会社
(所在地:東京都千代田区丸の内1丁目6番6号 代表取締役社長 有馬 英二)
・SMBCベンチャーキャピタル株式会社
(所在地:東京都中央区八重洲1丁目3番4号 代表取締役社長 石橋 達史)


■株式会社日本エンブレースの概要
株式会社日本エンブレースは21世紀型の社会インフラの要となる、医療分野におけるプラットフォームを構築するために、ICT技術を活用した様々なソリューションを医療介護関係者、医師会、パートナー企業の皆様に提供し、医療・介護・健康・ヘルスケアを取り巻くエコシステムの構築を進めています。
今日、保健医療・介護福祉領域における課題は多岐にわたり、患者さんと医療介護関係者間のコミュニケーションや院内外の医療スタッフ間でのタイムリーな情報共有ニーズが益々求められてきております。
これらの医療現場のニーズに対応すべく、SNS等の技術を駆使して当社が開発した、病院・クリニック・介護施設・薬局など医療介護分野に特化した完全非公開型医療介護SNS「メディカルケアステーション」により、在宅医療のための多職種連携等を実現することで、少子高齢化や疾病構造の変化等様々な社会的課題の解決を目指してまいります。

社名 : 株式会社日本エンブレース
設立 : 2003年9月
代表者 : 代表取締役社長兼CEO 伊東 学
資本金 : 15億7,204万円(資本準備金含む)
本社所在地: 東京都港区北青山1-3-2 クローバー青山ONE 9階(〒107-0061)
事業内容 : ソーシャル医療プラットフォーム事業
URL : http://www.embrace.co.jp/


(注) KDDIは、グローバル・ブレイン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:百合本 安彦)が運営するコーポレート・ベンチャー・ファンド「KDDI Open Innovation Fund」を通じて、当社の株式を取得しております。


詳細はこちら

記事提供: PR NEWS

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.