|

最も母親任せは「保活」!父親の育児協力度、母親による評価は39.9% 共働き夫婦の家事・育児分担についてのアンケート調査|保険ニュース

最も母親任せは「保活」!父親の育児協力度、母親による評価は39.9% 共働き夫婦の家事・育児分担についてのアンケート調査

自治体によって認可保育園等の入所承諾通知が届く時期になってきました。子どもの預け先が決まれば、4月からの入所と復職に向けての準備が始まり、職場では仕事のスケジュール管理、家庭では家事や育児の分担など、大忙しな新生活が待っています。
『保険クリニック』は、子どもを保育園等に預けながら共働きで働いている20歳から45歳の男女500名を対象に、家事や育児の夫婦分担についてアンケート調査を実施しました。

■調査結果抜粋

・育休の前後で、勤務形態が変わった男性は16.0%、女性は56.8%でした。(Q1)

・両親が働いている間、子どもを「保育園・保育所」に預けているという人が66.6%を占めました。(Q2)

・子どもの急な発熱などの緊急時には、79.0%が母親が会社を休んで対応していると回答しました。(Q3)

・両親の家事や育児の分担割合を聞くと、23.6%にあたる118名が「子どもの遊び相手」を半分ずつ担当していると回答しました。その他の項目では父親が「0%」に回答が集中し、父親が0%という回答が最も多かった項目は「保活」で44.2%にあたる221名でした。(Q4)

・父親のうち56.8%が、家事・育児に十分に参加できていると「とても思う」「やや思う」と回答しました。(Q5)

・父親が思う、自分の家事・育児への協力度は平均43.6%で、最も多かったのは50%でした。(Q6)

・母親が思う、父親の育児への協力度は平均39.9%で、最も多かったのは30%でした。(Q7)

・母親が、父親にやってほしいと思っている家事・育児は、「子どもの遊び相手」「子どものお風呂」「預け先への送り」が上位に挙がりました。(Q8)


■調査方法

サンプル数 : 500人(男性250人、女性250人)
年   齢 : 20歳~45歳
対   象 : 夫婦共働きで、未就学児がいる男女
調査方法  : Webアンケート
調査期間  : 2017年12月8日~12月11日

※本リリースの分析は、弊社で行ったアンケート結果に基づいたものです。
※本リリースの調査結果や分析をご利用いただく際は、『保険クリニック調べ』と明記ください。


■調査結果詳細

Q1.育休の前後で自分の勤務形態が変わりましたか。(複数回答)

[画像1: https://prtimes.jp/i/1256/415/resize/d1256-415-921340-0.jpg ]


女性の半数以上は勤務形態に変化!
育休の前後で、勤務形態が変わったかどうかを聞いてみました。
男性で勤務形態が変わったのは16.0%でしたが、女性の56.8%は勤務形態が変わっていました。
その中でも、「時短になった」が84名で、女性全体の33.6%を占めました。


Q2.子どもの預け先を教えてください。(複数回答)
  幼稚園  151名 (30.2%)
  保育園・保育所 333名 (66.6%)
  ベビーシッター・ファミリーサポートセンター 18名 (3.6%)
  親族 38名 (7.6%)
  その他 4名 (0.8%)
過半数が保育園に預けている!
両親が働いている間、子どもをどこに預けているかを聞くと、最も多かったのが「保育園・保育所」で66.6%を占めました。
祖父母などの親族に預けている人も38名(7.6%)いました。


Q3.子どもの急な発熱など、緊急時はどのように対応していますか。(複数回答)

[画像2: https://prtimes.jp/i/1256/415/resize/d1256-415-171631-2.jpg ]


79.0%は母親が対応!
子どもが急に熱を出した時など、緊急時の対応は79.0%の世帯が母親が会社を休むことによって対応していました。「次いで祖父母に頼む」が171名(34.2%)、「父親が会社を休む」が116名(23.2%)でした。祖父母やその他の親族、病児保育の利用など、両親以外による対応はのべ226名でした。


Q4.どんな家事・育児をどのくらいの割合で分担していますか(していましたか)。
   父親が受け持つ割合を教えてください。

[画像3: https://prtimes.jp/i/1256/415/resize/d1256-415-552933-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/1256/415/resize/d1256-415-293208-4.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/1256/415/resize/d1256-415-205897-5.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/1256/415/resize/d1256-415-698849-6.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/1256/415/resize/d1256-415-587681-7.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/1256/415/resize/d1256-415-856429-8.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/1256/415/resize/d1256-415-308291-9.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/1256/415/resize/d1256-415-898527-10.jpg ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/1256/415/resize/d1256-415-653446-11.jpg ]

[画像12: https://prtimes.jp/i/1256/415/resize/d1256-415-308774-12.jpg ]

[画像13: https://prtimes.jp/i/1256/415/resize/d1256-415-710929-13.jpg ]

[画像14: https://prtimes.jp/i/1256/415/resize/d1256-415-252670-14.jpg ]

[画像15: https://prtimes.jp/i/1256/415/resize/d1256-415-522167-15.jpg ]

[画像16: https://prtimes.jp/i/1256/415/resize/d1256-415-967278-16.jpg ]


最も分担されている「子どもの遊び相手」も、父親:母親=50:50
家事・育児をどのぐらいの割合で分担しているか、家事・育児の項目別に聞いてみました。
「子どもの遊び相手」は父親が50%、「子どもの食事・授乳」「子どものお風呂」は父親が10%担当していると回答した世帯が最も多く、
その他の項目では、父親が0%に回答が集中しました。父親が0%という回答が最も多かった項目は「保活」でした。
また、父親が100%担当していると回答した世帯が最も多かった項目は、「預け先への送り」で52名でした。


Q5.【父親】自分は、家事・育児へ十分に参加できていると思いますか。
  とても思う   45名 (18.0%)
  やや思う    97名 (38.8%)
  あまり思わない 99名 (39.6%)
  全く思わない  9名  (3.6%)
[画像17: https://prtimes.jp/i/1256/415/resize/d1256-415-387074-18.jpg ]


仕事が忙しく平日は母親任せ、土日に家事や子どもの遊び相手
父親を対象に、家事・育児に十分に参加できていると思うかを聞いてみました。「とても思う」「やや思う」が56.8%を占めました。
父親は平日は仕事で忙しく、時短勤務やパート等で時間の融通が利く母親に負担がかかっているという回答が多く挙がりました。


Q6.【父親】自分の家事・育児への協力度を%で表すと何%ですか。

[画像18: https://prtimes.jp/i/1256/415/resize/d1256-415-702745-19.jpg ]


協力度の自己評価は43.6%
父親を対象に、家事・育児への協力度はどれくらいか聞いてみました。平均は43.6%で、最も多かった回答は「50%」で、「30%」「20%」と続きました。


Q7.【母親】父親の育児への協力度を%で表すと何%ですか。

[画像19: https://prtimes.jp/i/1256/415/resize/d1256-415-284447-20.jpg ]


自己評価よりマイナス3.7%
母親を対象に、父親の育児への協力度はどれくらいか聞いてみました。平均は39.9%で、父親の自己評価との差は3.7%でした。最も多かった回答は「30%」で、「50%」「40%」と続きました。


Q8.【母親】父親にやってほしい家事・育児は何ですか。(複数回答)

[画像20: https://prtimes.jp/i/1256/415/resize/d1256-415-941846-21.jpg ]


やってほしいのは「遊び相手」「お風呂」「送り」!
母親を対象に、父親にやってほしい家事・育児は何かを聞いてみました。
最も多かったのが「子どもの遊び相手」で62.4%にあたる156名が回答しました。
母親がやってほしいと思っている項目の上位は、Q4で父親の担当割合が高い傾向にありました。

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

保険

人気記事ランキング

保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (482)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.