|

“家事と育児ができるお父さんは、色っぽい” 料理家・高山なおみさん推薦『おいしい育児』|保険ニュース

“家事と育児ができるお父さんは、色っぽい” 料理家・高山なおみさん推薦『おいしい育児』


学術出版の世界思想社(京都市左京区)は2018年に創業70周年を迎えます。平和な社会を築くために知識と教養を広めたいという創業の理念に立ち返り、“こどもの幸せ”を考える「こどものみらい叢書」を創刊します。その第1弾として佐川光晴『おいしい育児』を2月に刊行します。

私たちには、前の世代から受け継いできたものをより豊かにして次の世代につたえていく責任があります。そのために、いま一度、私たちの行為が「こどもたちの幸せにつながるのか」という視点に立ち戻る必要があるのではないでしょうか。
そこで当社では、さまざまな分野の専門家によるエッセイをとおして、こどもたちについてより深く理解すると同時に、こどもたちの生命と人権が尊重され、かれらが自由に未来を創造できる社会を考察しようと、本叢書を企画しました。


佐川光晴『おいしい育児――家でも輝け、おとうさん!』 2018年2月9日発売

[画像1: https://prtimes.jp/i/6170/26/resize/d6170-26-558798-5.jpg ]



おとうさんが家事と育児をするのがあたりまえになれば、社会はずっと良くなる。主夫として二人の息子を育ててきた小説家が、家族みんなが幸せになる生活を提案する。
料理家・文筆家の高山なおみさんは、「家事と育児ができるお父さんは、色っぽい(ちゃんと生きている)なぁと思いました。この本をひとりでも多くの新米パパさんに読んでいただけたら、私までうれしくなります」と本書を推薦しています。 

[画像2: https://prtimes.jp/i/6170/26/resize/d6170-26-330410-2.jpg ]

【目次】
はじめに
第1章 わが子の誕生
第2章 妻の実家で「生活の設計」
第3章 不妊症という困難
第4章 激しい夜泣き
第5章 産後の妻を料理で支えよう
第6章 こどもとあそぶときは声をだそう
第7章 こどもと一緒にまちを知ろう
第8章 おとうさんも保育園に行こう
第9章 学ぶ楽しみはとっておこう
第10章 家でも輝くおとうさんになろう!


[画像3: https://prtimes.jp/i/6170/26/resize/d6170-26-550669-4.jpg ]



佐川光晴(さがわ みつはる)
1965 年東京都生まれ、茅ヶ崎育ち。北海道大学法学部卒業。出版社勤務ののち、1990 年から2001 年まで大宮の屠畜場で働く。2000 年「生活の設計」で第32回新潮新人賞受賞。2002 年『縮んだ愛』で第24 回野間文芸新人賞受賞。2011 年『おれのおばさん』で第26 回坪田譲治文学賞受賞。他の著書に『あたらしい家族』『銀色の翼』『牛を屠る』『大きくなる日』など。


◆本シリーズは、家族や福祉、心理、文化などを専門とする立場からのエッセイを展開していきます。

山下太郎『お山の幼稚園で育つ』 2018年3月刊行
歩いての登園、森の探検遊び、俳句の素読などユニークな実践をするお山の幼稚園。幼児教育はすべての教育の根っこと信じる園長が子どもたちの無限の可能性を綴る。
「長らく大学生を教えた著者は、幼児期の経験こそ学びの土台になると確信、専門のフィロソフィアを子どもから大人まで分かちあいたいと幼稚園の園長さんになった。すると子どもの幸せの根っこが次々に見えてきたではないか。フィロは愛、ソフィアは知、古今東西の賢人たちの名言と合わせて目の前の子ども一人一人がよくわかり、いっそういとおしくなる」―「ぐりとぐら」シリーズの著者・中川李枝子さん推薦!
本体価格:1400円+税 ISBN:978-4-7907-1712-6 

片岡佳美『子どもが教えてくれた社会』(仮) 2018年夏刊行予定
子どもの言い分に耳を傾ければ、私たちがどんな社会をつくっているのかが見えてくる。家族社会学者による大人世界の辛口観察記。

――以下、続々刊行
高石恭子(臨床心理学)『お母さんのこころに寄り添う』
山田容(社会福祉学)『こどものしあわせ、支えるしかけ』
松崎行代(児童文化学)『子どもの心を育む遊び』
中島京子(作家)『私を育ててくれた本たち』
永田紅(歌人)『子どもが言葉にであうとき』
*判型:四六判・並製 ページ数:128~160頁程度 本体価格:1300~1400円
*書名は変更する可能性があります

【商品概要】
書 名:『おいしい育児――家でも輝け、おとうさん!』
著 者:佐川光晴
仕 様:四六判/128頁
価 格:本体1,300円(税別)
ISBN:978-4-7907-1709-6
刊 行:2018年2月9日
(奥付発行日2018年2月20日)
発 行:世界思想社
Webページ:http://www.sekaishisosha.co.jp/cgi-bin/search.cgi?mode=display&code=1709

【会社概要】
法人名:株式会社 世界思想社教学社
創 業:1948年
代表者:代表取締役社長 上原寿明
所在地:〒606-0031 京都市左京区岩倉南桑原町56
事業内容:学術専門書・教養書の出版および大学受験参考書・問題集を中心とする教育図書の出版

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.