|

iDeCo、つみたてNISA、介護保険改正・・・2018年は女性のお金を巡る環境が大変化! 『5年後ではもう遅い! 45歳からのお金を作るコツ』 働くシングル女子必読の「おひとりさまの資産戦略」!|保険ニュース

iDeCo、つみたてNISA、介護保険改正・・・2018年は女性のお金を巡る環境が大変化! 『5年後ではもう遅い! 45歳からのお金を作るコツ』 働くシングル女子必読の「おひとりさまの資産戦略」!

株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2017年10月28日に『5年後ではもう遅い! 45歳からのお金を作るコツ』を発売いたしました。

ひとりのほうが気楽……。
保険とか年金とかよくわからない……。
介護なんて考えたくもないけど現実を見ないと……。
いまは健康だけど、もしものときはどうしたら……。
定年後の第二の人生をどう乗り越えることができるのかな……。
老後がやっぱり心配だけど楽しく暮らすにはいったい何をすれば……。

こんな悩みに対してどこよりも具体的なアドバイスをするすべての“働く女子”必読の1冊の登場です。NHKドラマ「定年女子」が話題となるなど、近年、働く女子の定年後の生活が、取り上げられることが増えています。その背景としては、1986年に施行された「男女雇用機会均等法」から30年がたち、その頃社会に出た女性たちが定年を意識する時期になったからです。本書は、4万部突破のベストセラー『定年男子、定年女子』著者、大人気FPの井戸美枝氏が、いまバリバリ働いている女子に向け、定年後に向けての資産戦略を、様々な視点から解説しています。

2018年は、女子のお金をめぐる環境が大きく変わります。最注目は、「つみたてNISA」※1の開始で、これにより、老後資金の準備手段としてNISAの使いやすさが飛躍的に増します。ほかにも、2018年から限度額が月額から年額に変わるiDeCo(個人型確定拠出年金)なども著者は注目しており、本書ではそれらの上手な利用法など、大きく変化するお金の運用法をいち早く解説しています。また、2018年から一部の自己負担額が増加する介護保険の新たな内容、あるいは労災、障害補償金など意外と知らない「公的保障制度」の有益な使い方、そして保険や年金に関しても、お得なもらい方、つみたて方を分析しています。そして、定年後も働くべきか否か、人生設計をどうすべきなのかなどなど、働く女子が気になるお金のポイントを、豊富な図版とともにわかりやすく伝えています。
冒頭で紹介したように、改正iDeCo・つみたてNISAスタート、介護保険改正などなど、シングル女子のお金をめぐる環境が大きく変わる2018年こそ、ライフプランを見直すビッグチャンスです。
※「つみたてNISAでは、既存のNISAより利用限度額が120万円から40万円に減理、投資期間、非課税所有期間が5年から20年に延びます。

本書の構成
第1章 働く女子がいますぐ知っておきたい、定年後の“理想”と“現実”
第2章 年金、iDeCo、NISAの“働く女子流”超おトクな活用術
第3章 働く女子の前に立ちふさがる、保険と介護のここに注意!
第4章 老後の落し穴にハマらない、働く女子のスマートなマネープラン

著者:井戸美枝(いど・みえ)
ファイナンシャルプランナー(CFP)、社会保険労務士。経済エッセイストとして雑誌や新聞に多くの連載を持つほか、講演やテレビ・ラジオ出演などを通じ、生活に身近な経済問題をはじめ、年金・社会保障問題などをわかりやすく解説。社会保障審議会企業年金部会委員、確定拠出年金の運用に関する専門委員会委員も務める。
『図解 2018年度 介護保険の改正 早わかりガイド』(日本実業出版社)、『身近な人が元気なうちに話しておきたい お金のこと 介護のこと』(東洋経済新報社)、『定年男子 定年女子』(共著、日経BP社)、『ズボラな人のための確定拠出年金入門』(プレジデント社)、『お金が「貯まる人」と、なぜか「貯まらない人」の習慣』(明日香出版社)など著書多数。

(著者)井戸美枝

(価格)1300円+税 

〈発売日〉2017年10月28日 

〈出版元〉ビジネス社

本からの抜粋、企画へのご協力、読者プレゼント ご対応承ります。
《 お問い合わせ先 》
株式会社ビジネス社 広報担当:松矢 
〒162-0805 東京都新宿区矢来町114番地 神楽坂高橋ビル5F

記事提供: DreamNews

保険

人気記事ランキング

保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.