|

法改正にまだ間に合う!従業員への周知が義務化される「仕事と介護の両立支援制度」を徹底解説|保険ニュース

法改正にまだ間に合う!従業員への周知が義務化される「仕事と介護の両立支援制度」を徹底解説

―仕事と介護の両立支援サービス―


全国のケアマネジャー10万人が登録するウェブサイト「ケアマネジメント・オンライン」(https://www.caremanagement.jp/)、全国にリハビリ型デイサービス「レコードブック」(https://www.recordbook.jp/)を展開するなど、健康寿命の延伸に向け、様々なヘルスケアサービスを運営する株式会社インターネットインフィニティー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:別宮 圭一)は、この度、2025年4月施行となる育児・介護休業法の改正ポイントと対策など仕事と介護の両立支援をテーマに講演を行います。

■イベント概要
2025年4月施行となる育児・介護休業法の改正ポイントと対策など仕事と介護の両立支援をテーマに企業に求められる事、対策などをわかりやすく説明します。オンラインセミナーの形でお届けします。

■講演内容
・日時
2024年7月16日(火)~18日(木)11時00分~11時45分
2024年7月23日(火)~25日(木)11時00分~11時45分

・登壇者
株式会社インターネットインフィニティー
執行役員 Webソリューション部管掌:播本賀彦
介護コンシェルジュ相談員 介護支援専門員:吉井しのぶ

・テーマ
法改正にまだ間に合う!
従業員への周知が義務化される「仕事と介護の両立支援制度」を徹底解説

親を介護しながら働く40代~50代の従業員はますます増加し、年間10万人前後で推移していた「介護離職者」の数が、2022年には10万人を大きく超えました。この状況を改善すべく、「育児・介護休業法」の改正が予定されており、今後すべての企業に対し、40歳となった従業員全員に、介護休業などの支援制度を周知することが義務化されます。改正の実施が予定される2025年4月まで、すでに1年を切りました。早めの準備が必要となります。
本講演では、法改正に向けて、制度の始め、企業としてどのような準備が必要なのか、押さえていただきたいポイントや具体的な対策方法を、徹底解説いたします。

・申し込み
https://wakarukaigo.jp/cm-content/introduction/seminar/

■仕事と介護の両立支援サービス 『わかるかいごBiz』とは?
介護に関する負担や不安を抱える従業員様のサポートとして、
「実態把握調査」(自社の仕事と介護に関する実態を把握し、必要な支援施策を検討)
「介護コンシェルジュ」(電話・メールでの介護相談、ケアマネジャー・介護施設のご紹介、等)
「介護セミナー」(仕事と介護の両立支援対策、基礎知識、予防、等)
「介護情報ウェブサイト」(全国の介護事業所検索、実技動画、等)
など、一気通貫に課題解決までご支援するサービスです。
https://wakarukaigo.jp/cm-content/introduction/
[画像: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/12000/194/12000-194-d353c825a75c550138e1d2190caac253-2000x376.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]






__________________________________________________________________________
■■■ニュースリリース及びサービスに関するお問合せ先■■■
株式会社インターネットインフィニティー Webソリューション部(担当:横田)
TEL: 03-6897-4773 FAX: 03-6897-4771 MAIL:myokota@iif.jp
■■■その他IRに関するお問合せ先■■■
株式会社インターネットインフィニティー IR担当
TEL: 03-6897-4777 MAIL:ir@iif.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

クレジットカード
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (457)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2024 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.