|

200人に聞いてみた!マイホーム購入時の年齢2位は「30~34歳」、地震保険「加入派」と「加入しない派」の気になる理由|保険ニュース

200人に聞いてみた!マイホーム購入時の年齢2位は「30~34歳」、地震保険「加入派」と「加入しない派」の気になる理由


[画像1: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/135215/46/135215-46-6e92eb23eba6b53058d5f3cb0b3301c8-1200x800.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]

株式会社しんげんが運営する主婦向けの情報メディア「SHUFUFU」は、「住宅購入」に関するアンケート調査を実施しました。その結果を公表します。
調査概要
調査方法:インターネット調査
調査機関:自社調査
調査人数:男女200人
対象者 :住宅を購入している人
調査性別:男性84人、女性116人
調査年代:20代:18人、30代:80人、40代:54人、50代以上:48人
調査時期:2024年2月
調査レポート:https://shufufu.net/11248/

*本アンケート結果を引用する場合は「SHUFUFU」のURL( https://shufufu.net/ )を使用してください。

*本アンケート調査結果のローデータの提供を希望される方はSHUFUFUのサイト内よりお問合せください。
住宅購入時の年齢は?
[画像2: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/135215/46/135215-46-ff6ecfe60b062604dc41a65b2c09ff8b-1136x665.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]

住宅購入時の年齢は?の問いに対して最も多かったのが「30~34歳(35.5%)」でした。 次いで「35~39歳(24.5%)」「25~29歳(14.5%)」という結果でした。 近年の婚姻年齢の平均が30歳前後と言われているので、結婚時や結婚して数年経った時を契機に購入している方が多そうですね。
購入した住宅の種類は?
[画像3: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/135215/46/135215-46-66eb8febc8023fd9dc51816b50397769-1136x665.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]

購入した住宅の種類に関しては1位「新築一戸建て(注文)(41.5%)」、2位「新築一戸建て(建売)(22%)」でした。最近はマンションが多く販売されているイメージが有りましたが、今回の調査では一戸建てを購入する方が過半数なのは以外な結果でした。
住宅購入時の条件として意識した自然災害は?(複数選択可)
[画像4: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/135215/46/135215-46-2fe5943dff8bb8757b8a46676aa9ed42-1136x665.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]

住宅購入時の条件として意識した自然災害を尋ねたところ、1位は地震「(78.5%)」、2位「洪水(34.5%)」でした。ここ十年で大きな地震が数度ありましたし、地震大国の日本では地震を意識せずにはいられないですね。
「洪水」、「台風」、「大雨」に関しても、豪雨による影響で床上浸水や家が流されてしまうという被害の様子をニュースで目にする機会もあるので、災害としてのイメージが強いのかもしれません。
地震保険に加入していますか?
[画像5: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/135215/46/135215-46-8d26ecf731adf3a257d03bdef9840979-1136x665.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]

地震保険加入の有無を尋ねたところ、1位は「加入している(67.5%)」、2位「加入していない(21.5%)」となりました。
7割弱もの人が地震保険に加入しているようです。

地震保険に加入している・していない理由は?
1位:加入している
近年大きな地震が頻発しているので(30代男性)

いつ地震が起こるかわからないのでその備えとして。(20代男性)

地震が起きると予測されていて、地震があったときの補償が必要だと判断したから。(40代女性)

中古物件だったのもあり南海トラフが起こった際に建物の損壊などの不安がある為。(20代女性)

ローンを組んだ時に入った火災保険に付随しているから。(30代女性)

阪神淡路大震災の時に、大きな揺れに合った地域なので。(40代女性)

金額が安いので入っていた方が安心だから(40代男性)

ローンを組むにあたり必須なため。(20代女性)

南海トラフ地震が心配なエリアに居住しているため、現時点で可能な対策はしているつもりである。(40代女性)

場所によっては水害に遭う地域ですが、かなり海面より高い場所を購入したため、水害の保険は入らず、地震保険だけ重要視しました。(30代女性)

地震保険に「加入している」と答えた方では、最近の地震が心配、地震が予測されているからという理由を挙げている方が多かったです。

2位:加入していない
比較的地震災害の少ない地域に住んでいるのと、海なし県なので津波もないため。(40代男性)

地盤が良い場所なので必要がないと思ったからです。(30代女性)

火災保険に比べて費用が掛かるのであきらめました。(50代~男性)

火災保険などの優先順位を上にしたため(30代男性)

耐震構造に特化していると業者に言われたため。(50代~女性)

耐震構造に問題がない建築なので火災など他の保険にお金をかけたいから(40代女性)

二度の大きな地震で大きな被害はなかったので。(50代~男性)

高い値段なので入りたくても入れないです。(40代男性)

地震保険で補償される金額が少なすぎるから(30代男性)

申し訳ないが詐欺っぽいイメージもある。支払いのリスクもあると感じるので(30代男性)

地震保険に「加入していない」理由としては、保険代が高額、地震保険の補償内容に不足を感じる、耐震構造の住宅だから、という意見が寄せられました。

調査結果まとめ
男女200人に「住宅購入」に関するアンケート調査を行った所、住宅購入時の年齢では「30~34歳」と答える方が1番多かったです。結婚などのタイミングで購入させる方が多いと思われます。購入した住宅の種類に関しては、「新築一戸建て(注文)」が1位でした。2位、3位も一戸建てが続き、一戸建ての人気の高さが伺えます。住宅購入時の条件として意識した自然災害では「地震」が最多でした。大きな地震が頻発しているので気になる方は多いようです。地震保険加入の有無では、「加入している」方が多数派でした。もしもの時の備えとして加入されている方がほとんどでした。みなさんは住宅購入してから、地震保険に加入していますか?
■株式会社しんげんについて
「知るとちょっと嬉しい。」をテーマに主婦のための生活情報サイト「SHUFUFU( https://shufufu.net )」を運営しています。
この他に業務管理ツールの開発やオウンドメディアの運営代行、サイト分析調査なども行っています。
■会社概要
社名   : 株式会社しんげん
所在地  : 東京都渋谷区道玄坂1丁目15番地3号
代表者  : 代表取締役 高木啓之
設立   : 2018年1月9日
資本金  : 150万円
事業内容 : WEBメディアの運営
URL   : https://shingen-inc.com/

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

とれまがマネー
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (457)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2024 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.