|

【医療保険の加入に関する調査】医療保険の加入者は7割強、単独加入が4割弱、特約が2割強。「情報収集から申し込みまで、すべてインターネットを利用したい」が3割強、2019年以降増加|保険ニュース

【医療保険の加入に関する調査】医療保険の加入者は7割強、単独加入が4割弱、特約が2割強。「情報収集から申し込みまで、すべてインターネットを利用したい」が3割強、2019年以降増加


━━<< TOPICS >>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■医療保険の加入者は7割強、単独加入が4割弱、特約が2割強。加入時に商品を選ぶポイントは「月々の保険料が安い」が6割強、「病気での入院給付金日額が十分」「十分な額の手術給付金」「払込期間が終身」「商品内容がわかりやすい」が各20%台
■医療保険加入時、「情報収集から申し込みまで、すべてインターネットを利用したい」が3割強で2019年以降増加。「ネットで情報収集、最終的には販売員などに相談」が3割弱
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、インターネット調査を中心に提供している伊藤忠グループのリサーチ会社です。この度、15回目となる『医療保険の加入』に関するインターネット調査を2021年12月1日~5日に実施し、10,116件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 https://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=28106



医療保険の加入状況

医療保険の加入者は7割強です。「医療保険として単独で加入している」が36.9%、「生命保険の特約としての医療保障に加入している」が21.5%となっています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/7815/1136/resize/d7815-1136-b9372b16f243a0b1e992-0.png ]




主に加入している医療保険会社

主に加入している医療保険会社は、「県民共済」「アフラック」が各1割強、「日本生命」「かんぽ生命」「第一生命」が5~7%となっています。



医療保険の加入経路

医療保険の加入経路は(複数回答)、「知り合いや紹介を受けた営業職員、販売員を通じて」が加入者の24.7%、「自宅や勤務先に訪問してくる営業職員、販売員を通じて」が19.2%です。
『オリックス生命』主加入者では「ファイナンシャルプランナーなどの専門家を通じて」、『アクサダイレクト生命』『チューリッヒ生命』『楽天生命』主加入者では「インターネットで申込み手続き」、『メディケア生命』『ネオファースト生命』主加入者では「保険ショップ」が1位となっています。



医療保険の加入・見直し意向

医療保険の加入や見直しをしたいかを聞いたところ、「現在加入の医療保険を継続したい」が43.2%、医療保険加入者の6割強です。加入・見直し意向は1割となっています。



医療保険加入時に商品を選ぶポイント

医療保険加入時に商品を選ぶ決め手となるポイントは(複数回答)、「月々の保険料が安い」が60.7%、「病気での入院給付金日額が十分である」「十分な額の手術給付金がある」「払込期間が終身(保険料が生涯上がらない)」「商品内容がわかりやすい」が各20%台です。「日帰り入院も保障してくれる」「商品内容がわかりやすい」は、女性でやや高くなっています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/7815/1136/resize/d7815-1136-e8a4a1dd15a6c275df55-1.png ]




医療保険加入時のインターネット利用意向

医療保険加入時にインターネットをどのように利用したいかを聞いたところ(複数回答)、「情報収集から相談、商品決定、申込みまで、すべてインターネットを利用したい」が31.2%、2019年以降増加しています。「情報はネットで集めたいが、最終的には販売員などに相談して決めたい」が27.2%です。

[画像3: https://prtimes.jp/i/7815/1136/resize/d7815-1136-7b249007d6352452464e-2.png ]



<< 回答者のコメント >>


その医療保険会社に加入している理由(全3,706件)

<県民共済>定年になった後、保険を全面的に見直し、一番効率の良い保険を探した結果。(男性70歳)
<県民共済>掛け金が少ない上に、払い戻しが多く、保障も手厚いため。また、結婚式関連のサービスもいいです。(女性46歳)
<アフラック>代理店担当者が親身になって相談に乗ってくれるので加入しています。(女性75歳)
<アフラック>大きな病気をしたとき、先進医療が受けられるようにしたいから。(男性68歳)
<日本生命>すでに個人年金保険で加入していて、同じ会社の方が楽だと思ったから。(女性38歳)
<日本生命>保険会社の経営が安定性があり総合的にメリット等がある。(男性70歳)
<第一生命>昔から、生命保険とセットで掛けてきた商品。(女性66歳)
<第一生命>会社勤めしているときに仲良くなった営業の人に勧められて加入しました。(女性30歳)
<オリックス生命>給付金の請求などの対応を迅速にしていただける事です。(女性59歳)
<オリックス生命>持病があっても入れる引受緩和型の保険であること。日帰り手術をしたときの治療費請求もWEBで簡単にできたから。(男性66歳)

<< 調査結果 >>

[表: https://prtimes.jp/data/corp/7815/table/1136_1_75e76ada1105a509f7240906e2405b67.jpg ]


◇調査結果に関するお問合せ (MAIL)otoiawase@myvoice.co.jp /(TEL)03-5217-1911


──────────────────────────────────────
<会社概要>
【会社名】 マイボイスコム株式会社
【代表者】 代表取締役 高井和久
【設 立】 1999年7月
【資本金】 1億6,183万円(資本準備金含む)
【事 業】 インターネット調査、オフライン調査、テキストマイニング、アンケートデータベース
【所在地】 東京都千代田区神田錦町3-17-11 榮葉ビル5階
【企業HP】 https://www.myvoice.co.jp/
*マイボイスコム株式会社は、インターネット調査を中心に提供している伊藤忠グループのリサーチ会社です。

──────────────────────────────────────
★マイボイスコムでは「アンケートモニター」を募集しています★
貴方もアンケートに参加しませんか。
(詳細はこちら)https://voice.myvoice.co.jp/info/visitor/
──────────────────────────────────────

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供: PR TIMES

とれまがマネー

人気記事ランキング

保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、アフラック生命保険株式会社、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (457)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.